新型コロナウィルスは一般人・芸能人に関わらず、猛威をふるっています。この先の日本が、そして世界がどうなっていくのが、まだ誰にも分からない日々が続いていますが、その中でも治療薬になるかもしれないと言われる薬が出てきました。

治療薬が出てくれば、新型コロナウィルスもインフルエンザのように、人類と共存していけるものに一気に変わり、人々の生活も元通りに戻ることができます。

その治療薬として期待されているのが、アビガンとレムデシビル!

世界からも注目されている薬ですが、これらの効果はどのようなものなのでしょうか?

アビガンとレムデシビルの違いとは?

芸能人にも処方され、治療薬として一番有力視されているのが、アビガンです。

石田純一やクドカンもアビガンを投与されたことで回復したと言われています。石田純一はかなり危険な状態にまでなっていたようなので、もし回復したのがアビガンの効果であり、また大きな副作用がないのであれば、大きな期待を持てる薬です。

このアビガンとレムデシビルの違いとはどのようなものなのでしょうか。

それぞれ本来は別の病気の治療薬として開発されている薬です。

アビガンについて

まずアビガンは、フジフィルム富山化学が新型インフルエンザの治療薬として開発されたものです。国内で承認もされており、一定の効果も確認されています。

ただデメリットとして、妊婦の場合は催奇形性という胎児に副作用が出るため使用できません。

アビガンはインフルエンザを発症し、タミフルなどが効かない場合に投与開始を国が検討するという薬です。なので、まだ一般的には流通しておらず、備蓄として持っているのみです。

(現在は医師の判断と本人の希望により投与可)新型コロナウィルスにも効果があるのでは、と増産を検討している段階のようです。国の承認が得られている分、効果が確認され国が認めれば、広く投与が可能となります。

レムデシビルとは

それに対して、レムデシビルはアメリカの米ギリアド・サイエンシズが開発した薬で、エボラ出血熱の治療薬です。WHOが中国を視察した際に、「治療効果がみられる」とした薬ですが、まだ治験に着手した段階であり、国内で承認されていないのが問題です。

ちなみに、アビガンは錠剤となりますが、レムデシビルは、液体で点滴で投与するものとなります。

現在治験段階であり、これを日本でも行っていくとなると実際に患者に投与できるまでにはかなりの時間を要するため、現在はアビガンに対する期待値が高まっているように感じます。

アビガンが使える病院とは?

アビガンについては、新型インフルエンザの治療薬として承認「適用」を受けておりますすが、新型コロナの治療薬としては承認「適用」されていない状況となります。(2020年5月1日現在)

但し、アビガンを新型コロナの患者に使える病院があります。

現在、新型コロナウィルスで4月15日に感染し、入院中のフリーアナウンサー赤江珠緒さんがアビガンを使用しており、5月1日にTBSラジオで放送された「萩上チキ・Session-22」メールした内容が実情を表しているのではないでしょうか。

以下内容を抜粋転載します。

赤江さんは「入院してから、アビガンを処方してもらい、肺の状態が改善しています。ただ、皆様、ご承知の通り、このアビガン、催奇形性(胎児に奇形を起こすこと)などの副作用があるということで、まだコロナへの認可が下りていません」と、アビガンには副作用があることを、改めて説明

その上で「結果、現在、アビガンの研究を行っている機関と、そこに研究対象グループとして申請した病院しか使えないというのが現状のようです。ですので、ちまたでは、アビガンが使える人と、使わない人の差は何? 医療関係者にコネでもあるの? なんていう臆測まで飛び交っていますが、そういうことはないようです」

「患者は入院の病院を選べませんが、たまたま、その病院が申請を済ませていた場合、使える、そうでなければ使えないというのが現状のようです」と説明。その上で「この申請が、必要書類などがかなり多く、大変な作業だったと医療現場の方から聞きました」

「この薬のメリット、デメリットのバランスが難しいので判断が難しいところですが、私は悪化しすぎる前の、タイミングの良いところで投与できた感があります。なぜ使う、使わないに差があるのか、私も疑問でしたので、院内の先生方にうかがい、分かった範囲でご報告いたしました」

レムデシビルの特例承認とは?

ただ現在、多くの人に望まれているアビガンですが、これを一般に流通させるには面倒な問題が立ちはだかっているようです。アビガンは日本でしか使用されておらず、胎児への影響だけでなくほかの副作用もあるかもしれない、という段階だからです。

アビガンを一般的に流通させ、また世界で広く投薬されると当然、その副作用のリスクも高まります。

国内で承認された薬とは言え、それをどの病院の医師でも処方できるのかというと違う法律の問題が浮上しますし、日本で開発された薬が世界中で大きな副作用を起こしてしまうリスクもあります。

安倍首相もアビガンを流通させたいという思いがあるようですが、現実的には難しい模様です。

アビガンより早く患者さんに届きそうな薬がレムデシビルです。

レムデシビルは日本でまだ承認されていない薬なので、承認までに時間がかかるのではと考えられていましたが、先日、厚生労働大臣より特例承認を適用する方針であることが報じられました。

特例承認とは、

(1)国民の生命や健康に重大な影響を与えるおそれがある疾病の健康被害の拡大を防止するために必要な医薬品で、かつ、当該医薬品以外に適当な方法がない

(2)承認制度が日本と同等水準にある外国で承認・販売されている医薬品である

この二つの条件を満たした場合に、厚生労働大臣がその医薬品を承認する、というもの。

レムデシビルにおいても、今はまだギリアド・サイエンシズ社がデータを集めている段階なので、特例承認できるのか、いつ承認するのかなど詳細はまだ決まっていないようですが、効果があると分かったら、できるだけ早く患者さんのもとに届けるよう努力すると厚労省は言っています。

早さが求められるコロナウィルス治療薬

コロナウィルスは感染リスクが高いこと、感染して重症化すると死に至る可能性が高くなること、などまだ分からないことがたくさんある状態であり、だからこそ生活の自粛を求められています。

ただ経済活動を止め続けるのも、人々の生活には多くのリスクがあります。

コロナから身を守るためには自粛が必要ですが、経済的な損失も自分自身で考えなければなりません。

人類対ウィルスの戦いと言われている今回のコロナウィルス、早く治療薬が確立され、ウィルスに人類が勝利、また1月までの普通の生活が少しでも早く戻ってくることを願うばかりです。

おすすめの記事