朝ドラ『エール』では、一見風変りなキャラクターを演じる出演者が作品をコミカルに、面白くしています。4月に登場した音(二階堂ふみ)に声楽を教えるハイテンションなオネエキャラのミュージックティーチャーもその1人。

どことなく松田翔太に似ているような、でもまた新たなイケメンの登場にTwitterでも話題になりました。この声楽の先生を演じているのが古川雄大(ふるかわゆうた)

ミュージカル界では超有名な人物なんですよ。

今回はそんな古川雄大さんについて調べました!

古川雄大はミュージカル界のホープ!プロフィールと経歴

古川雄大のプロフィール

1987年生まれの古川雄大さんは現在3の2歳。

きれいな顔立ちをしているのでもっと若く見えますよね!

身長が182㎝あるので、立っているだけでもサマになる男性です。

長野県出身の彼は2007年から芸能活動を始めました。

テレビドラマや映画に出演しながら挑戦したのが舞台。

というのも古川さんは昔からダンスが得意だったのです。

ヒップホップを習いたいと自分で教室を探したものの、そこではヒップホップはやっておらず、ジャズダンス・クラシックバレエを学ぶことになりました。でもそれが彼にとって運命的なダンスとの出会いとなります。

現在の趣味は、ジャズダンス・クラシックバレエ・ギターでさまざまなダンスコンテストでの受賞経験も持っています。芸能活動を行う前には、ディズニーシーのダンサーをしていたというのですから驚きですし、実力もかなりあったと思います。

2007年から2013年までテニスの王子様 不二周助として出演

古川雄大さんは2007年から2013年まで、ミュージカル テニスの王子様に不二周助役として出演し、テニスの王子様人気をさらに高め、古川さん自身にも注目が集まりました。

その後も、

「エリザベート」(ルドルフ役/トート役)

「ロミオ&ジュリエット」(ロミオ役)

「レディ・ベス」(フェリペ役)

「黒執事」(セバスチャン・ミカエリス役)

と数多くの有名ミュージカルに出演してきて、実力を付け、今ではミュージカル界のホープと呼ばれています。

テレビドラマ出演作

テレビドラマでは

『下町ロケット ヤタガラス編』

『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』への出演

今年2020年公開の『劇場版 コンフィデンスマンJP プリンセス編』にも出演しているんですよ。

古川雄大は結婚しているのか

ダンスも歌も上手で現在大活躍中のイケメンの32歳

古川雄大さんが結婚しているのか気になりますよね。

 

古川さんはまだ結婚していません。

 

ミュージシャンの鮫島秀樹さんの娘の鮫島れいなさん(後の芸名は岡田れえな)と付き合っていたという情報もありましたが、真偽は不明ですし、実はれいなさんは2010年に急性心不全で亡くなっています。

あるインタビューでは

「女性が苦手なんです。何を話していいかわからないんですよ」

と答えていた古川雄大さん。

そんな彼の心を溶かす女性はどんな人なんでしょうね。これから熱愛情報が出てくるかもしれません。

古川雄大が演じる御手洗清太郎のモデルは誰?

『エール』に出てくる御手洗清太郎にはモデルはいるのでしょうか?

御手洗清太郎のモデルには数人の候補がいます。

一番有力なのは「大阪音頭」を作曲した小股久(おまたひさし)さんです。

御手洗清太郎は音に声楽を教えた人物、小股さんは音のモデル金子が師事した人物だからです。小股さんは、小学校の音楽教師であり、音が宝塚を目指して歌の勉強を始めた時の先生でした。

次に候補としてあがるのが、ベルトラメリ能子さんです。

金子が裕而と結婚して上京した後、帝国音楽学校の声楽部本科に入学しましたが、その時に師事したのが、ベルトラメリ能子さんでした。彼女は声楽を学ぶためにイタリアに留学をしており、ドイツで音楽留学をしていた御手洗と数多く重なる部分があります。

ただベルトラメリ能子さんは女性であるため、彼女がモデルとは言い切れないところがありますね。

3人目の候補は、美輪明宏さんです。

「神武以来の美少年」というキャッチコピーでデビューし、同性愛をカミングアウトした美輪明宏さん、デビュー当時の写真と、古川さんが演じる御手洗を比べると見た目がかなりそっくりです!

ただ実際は、美輪さんは昭和10年生まれ、金子が裕而と結婚するのは昭和5年なので、美輪さんが御手洗のモデル説の可能性はありません。が、この3人の要素を合わせて、御手洗清太郎が作り上げられた、と考えるのが自然ではないでしょうか。

モデルを調べていくと、これまで知らなかった人物のことや、時代についても知ることができますね!

『エール』に出てくる個性的な出演者の1人、木枯正人さん(野田洋次郎さんが演じていますが)彼がオネエだったという話もありました。

作品内では、その木枯さんのオネエ部分が御手洗に入っているんじゃないか?と考えている方もいらっしゃいます。

モデルが誰であれ、見事に演じ切って視聴者に大きなインパクトを与えている古川雄大さん、今後さらにドラマや映画への出演が増えることでしょう。次はどんな役を演じるのか楽しみですね!

おすすめの記事