「別に君を求めてないけど~」「君のドルチェ&ガッバーナのその香水のせいだよ」この歌詞が最近いろんなところで聞こえてきますよね。

歌っているのは瑛人

曲名は『香水』

ここまで売れているのは有名な人なのかと思われがちですが・・・(名前だけ見て瑛太が歌出した!?と思った人は私だけでないはず)実はまったく無名で、今現在も地元のハンバーガーショップでアルバイトをしている男性です。

ではなぜこの歌がここまでヒットしたのでしょうか?そして瑛人さんの経歴についても紹介していきます!

『香水』のブームのきっかけはTikTok

今では老若男女さまざまな方がTikTokで動画や写真をあげています。今やブームの発信源であるTikTokによって昔の曲が改めて支持されているなんていう現象も起こっていますね!

『め組のひと』もスピードをあげて動画に合わせてピースをする動画が流行りました。

最近では、YOASOBI『夜に駆ける』や

HOWL BE QUIET『ラブフェチ』などもTikTokがきっかけではやった曲です。

このTikTokで使いやすいように、バズるように楽曲を制作していたりする人もいるようですが、瑛人さんの場合は、純粋に歌を作ってYouTubeに投稿したら、どんどん利用者が増えていったとのこと。

瑛人さんが『香水』をYouTubeで投稿したのは2019年5月です。

つまり1年後にヒットした、ということ。

しかもなんと初投稿がこの『香水』で2020年6月現在、動画投稿数もたった5曲のみ!!『香水』のMVは本人とダンサーの女性、ギターを弾いている男性という3人のみのもの。

これで現在の再生回数は4000万回超え!!

誰でもブームを作れるという、まさにSNSのすごいところですよね!

この曲の『別に君を求めてないけど』というメロディと『ドルチェ&ガッバーナ』という言葉の響きがTikTokで使いやすかったようで、香水を使う動画で特によくつかわれています。

この歌で「ドルチェ&ガッバーナの香水」をググってみたなんて声もSNSでは上がっていました!

BGMとして使われるようになり、話題になると今度は『歌ってみた』動画が投稿され、さらに人気に火が付きました。そうなると芸能界からも『良い曲だ』という声があがり、YouTubeの再生回数はぐんぐん伸び続け、最近ではテレビでも取り上げられるようになってきています。

シンプルなコードで弾きやすいことが、コロナの影響で巣ごもりをしていた若者に当たった!というラッキーな側面もあると分析されている方もいますが、やはりバズるのは歌が良いから!まだまだ『香水』人気は続きそうですね。

瑛人の経歴とインスタ顔画像紹介!

瑛人さんは、1998年生まれの現在23歳。

神奈川県横浜市出身で、幼い頃から歌うことは好きだったようですが、中学時代は野球部、高校時代はダンス部と学生時代から歌一筋でやってきたという感じではありませんでした。

しかも高校卒業後はフリーターとなり、夢が分からない生活を送っていたことも。

でもある時、夢に向かって進んでいる友人KANさんの姿を見て、自分もこのままじゃいけないと自分のことを見つめなおしたそうです。そしてその時沸き上がったのが、ダンスしている時に触れていた、「音楽への想い」。

最初は、祖父がくれたギターを独学で弾き語りをしていたのですが、知識も技術も足りないことに気づき、音楽学校に通いました。

そして、現在はハンバーガーショップで働きながら、インディーズ活動をしています。

高校を卒業してから音楽を本格的に始めて、22歳で大ヒットなんて、夢のような話ですね!戦略的に売れたわけではないからか、本人のコメントを聞いても、とても謙虚で素直そうな方なので、好感が持てます。

ハンバーガーショップで働いているのも、「ハンバーガーが死ぬほど好きだから」という理由から(笑)今どきの若者らしい部分があるのに、歌うと切なさを表現しているのが素晴らしいです。

瑛人さんは音楽はどんなものでも、『良い曲』であれば、ジャンル問わず聞くそうですが、好きなアーティストは、清水翔太さんや平井大さんです。

歌の雰囲気や歌い方など、2人に似ている部分がありますね!

瑛人さんは、Instagramでも投稿しています。

ここ最近のブームでInstagramにも注目が集まり、ラジオやテレビ出演の様子もあがっています。先日、6月3日の誕生日にはグアムで撮ったという写真を投稿していましたね。『香水』のMVの数日前の写真、とのことですが・・・かなり『香水』とは雰囲気が違います(笑)

『香水』が初投稿、それ以外に瑛人さんは

『またね (feat. 松本千夏)』

『君の愛と僕の愛』

『シンガーソングライターの彼女』

『HIPHOPは歌えない』を投稿しています。

徐々にこちらの曲たちにも注目が集まっていますし、これだけの人気ですから、芸能プロダクションも放ってはおかないのではないでしょうか。

今後、新しい曲を発表したり、CDをリリースしたりするかもしれませんが、彼らしい素直な歌をまだまだ届けてほしいと思います!

おすすめの記事