回を追うごとに謎が解ける部分と謎が深まる部分とが混在し、視聴者を楽しませてくれている『MIU404』。事前の予告なく菅田将暉さんが出演したことでも話題になったのですが、菅田将暉さん演じる久住がこの物語の大事な部分を担っていることが分かってきました。

ここからまだ波乱は起きそうな匂いがしますが、久住は黒幕なのか?

それとも久住のバックにまだ誰かがいるのか?

今回は『MIU404』の久住について調べてみました。

MIU404の黒幕は誰?

第9話が始まるまでは『MIU404』の黒幕は、エトリ(水橋研二)ではないかと推測されていました。

エトリは、羽野麦(通称:ハムちゃん、黒川智花)が警察に告発した裏カジノの経営者です。ハムちゃんは警察に情報を提供し、エトリを逮捕してもらうつもりだったのですが、警察がエトリを取り逃がしたため、逆にエトリに裏切り者として狙われる立場になってしまいました。

そのハムちゃんを家で匿っていたのが4機捜の隊長である桔梗ゆづる(麻生久美子)です。桔梗さんは警察が意図的にエトリを逃がしたのだと推測しており、それは大企業の役員、永田町の官僚もエトリの経営する裏カジノの客だったからだと考えています。その捜査を続けるために、4機捜は立ち上げられ桔梗はその隊長となったのです。

そんな中、ハムちゃんの存在がエトリにバレてしまい、呼び出され、命の危険にさらされることに。404はチーム一丸となってハムちゃんを救出し、ハムちゃんが伝えたエトリの車の情報を元にエトリを追うのですが・・・なんと久住が操作するドローンによって車ごと破壊されてしまいます。

エトリを追っていた404の目の前で起こった事件、404はエトリを取り調べすることができなくなりました。黒幕だと思われていたエトリがあっという間に殺されてしまったこと、それを行ったのが久住だったことから、久住が黒幕なのでは?という説も浮上しています。

久住(菅田将暉)のバックには浜田という人物がいるのか?

また黒幕として疑われているのは、第10話の予告にも出てきている『浜田』という人物。

久住はこれまで「松本さん」「浜田さん」という人の存在を明かしています。

松本・浜田と言えば、ダウンタウンですよね(笑)

黒幕説がある浜田のことを久住は「浜田さんって人がおって、ナイトクローラーを応援している。有益な情報を流してほしい」と話したことがあります。

また次回の予告では、ナウチューバー・REC(渡邊圭祐)が、「浜田」と名乗る情報源からドローン爆発事件に関する極秘ファイルを受け取るようです。

ドローンで爆破したのは久住、その情報を流したのが浜田となると、浜田は本当に黒幕なのか?

もしかしたら久住の方が黒幕なのでは?

とも考えられますが・・・真実はどこにあるのでしょうか?

ナウチューバ―のRECも久住のおかげでランキングの上位になり、本人も知らないうちに利用されています。久住は人気ナウチューバーを一瞬でランキングから消し去ることもできていましたよね。どんな力が動いているのか・・・まだまだ目が離せませんね。

久住演じる菅田将暉さんがダウンタウン好きというのは有名な話。

『MIU404』に菅田将暉さんが登場したのも大きな話題になりましたが、もしかしたらダウンタウンも!?なんて期待も高まります。

エトリ(水橋研二)は本物だったのか?

また、エトリは本物のエトリだったのか?という説もあります。

ハムちゃんを拉致した人物、その人がエトリだと思われていますが、その人物に対してハムちゃんは「あなたの本名は?」と聞いたのです。

さらにエトリの似顔絵にあるホクロがエトリを演じていた水橋研二にはありません。

そしてホクロがあるのは・・・ダウンタウンの浜田雅功さん!!

でも指名手配の似顔絵や40代という年齢はダミーの可能性もあることから、やはり黒幕はまだまだ不明です。

久住という名前も、前回「クズを見捨てるからクズミ」と語っていましたが、これが本名なのか、偽名なのか、久住との対決が今後の『MIU404』の鍵を握ってくることは間違いありません。

『MIU404』第10話の見どころ!

エトリを司法解剖した結果、5年前の殺人事件の容疑者であることが判明します。

そしてそのエトリとされる人物は、システム開発に詳しい男の指示で動いていたことも分かってきます。システム開発=ナウチューブとつながりますね。

4機捜は黒幕が久住だと考え、行方を追いますが、きっと簡単には久住を捕まえることはできないでしょう・・・。綾野剛・星野源の素晴らしい演技の中で菅田将暉さんの存在感がさらに増してくるのが非常に楽しみですよね!

犯罪を犯しそうな人間でも人との出会いによって犯罪を止めることができる、

そう信じている伊吹藍(綾野剛)と志摩一未(星野源)によって久住も何かを吹っ切れることができるのか、違う道に進んでほしい、そう願いながら第10話を楽しみにしたいです!

おすすめの記事