『そして父になる』無料動画を高画質で安全にフル視聴する方法!DVDレンタル以外

『そして父になる』を高画質動画で安全に無料視聴する方法

そして父になるは、動画配信数ナンバー1の「U-NEXT」でフル動画を配信中です!

公式ホームページはこちら

解約はいつでも簡単!無料期間中に解約しても月額料金は発生しません!

▼U-NEXT 7つのオススメポイント!

1.洋画、邦画、海外ドラマ、韓流・アジアドラマ・
国内ドラマ、アニメの主要6ジャンル総数で
「見放題作品数No.1」を獲得。
21万本以上の作品が満載です!

2.PC、テレビ、スマートフォン、タブレットに対応!

3.驚きの高画質!お家でも、外出先でも、迫力の映像が楽しめます!

4.無料お試し期間が終わっても、全てのコンテンツが、
月額1,990円(税抜)で見放題!(1日あたり約66円!)
さらに、毎月1200ポイント付与されてお得!

5.70詩以上の雑誌がダウンロードできて読み放題!

6.追加料金なしで4人まで同時に視聴可能!

7.加入後もいつでも無料で解約できるので、安心して利用できます

30代女性
U-NEXTの良いところは、月額1,990円(税抜)で21万本の作品が見れてその内、19万本以上が見放題なところです!
最新のドラマも見逃し配信でみれますし、話題のバラエティやアニメも見てます。ダウンロード機能もついているので、WI-FIでスマホにダウンロードして通勤中やカフェで綺麗な動画がみれるので便利です!いつでも無料で解約できるので、飽きるまでは契約してようと思います♪
注意!
海外の無料違法動画サイトを閲覧すると、端末がウィルスに感染する可能性があります!
もしウィルスに感染すると本当に大変ですので、安全に視聴するには
動画配信サイトで利用することをおすすめします。

 動画配信サービスを利用するメリット

  • ウィルスに感染する心配なし。
  • フル画像・高画質の動画を見ることができる。
  • 邪魔になる広告や字幕が出てこない。

こちらの動画配信サービスは、トライアル中に解約すれば料金かかりませんのでは無料視聴できます。

『そして父になる』のあらすじ(ネタバレあり)

『そして父になる』のあらすじ

大手建設会社勤務のエリート会社員である野々宮良多は、妻みどりと6歳の息子慶多とデザイナーズマンションに暮らしています。人生で負けたことがない良多と、何不自由なく幸せな生活を送る家族。

ある日、慶多を出産した病院から話したいことがあるという連絡が来ます。病院に出向いた良多とみどりが聞かされたのは、慶多が他の夫婦の子どもと“取り違えられていた”ことが判明したという事実でした。ショックのあまり「気づかなかったのか」とみどりを責めてしまう良多でしたが、慶多の優しい性格に感じていた物足りなさや違和感に「そういうことか」と納得する自分もいました。

6年間我が子として育ててきた子どもが、実は他人の子どもだったという事実。
大切なのは、血のつながりか、過ごしてきた時間か。
父親として良多が出す答えとは–——

『そして父になる』のキャスト

野々宮良多 | 福山雅治
野々宮みどり | 尾野真千子
斎木ゆかり | 真木よう子
斎木雄大 | リリー・フランキー
野々宮慶多(子役) | 二宮慶多
斎木琉晴(子役) | 黄升げん

血のつながりか、過ごしてきた時間と絆か。苦悩する主人公の野々宮良多を福山雅治が、妻みどりを尾野真千子が演じています。野々宮夫妻とは対照的な、取り違えられた相手先の夫婦をリリー・フランキーと真木よう子。福山雅治が初めての父親役を演じたことは大きな話題になりました。第37回日本アカデミー賞では、なんと4名揃って演技賞を受賞(最優秀主演男優賞、最優秀主演女優賞、最優秀助演男優賞、最優秀助演女優賞)。取り違えられた子役二人の自然な演技も、国内外から高い評価を受けています。

『そして父になる』の感想と見どころ

子どもの取り違えというシリアスな題材を扱い、観た後にとても考えさせられる作品。

6年間我が子として育ててきた子どもが、実は他人の子どもだった(実子は他の家族に育てられていた)という事実に、主人公の良多を含め、二組の父母は苦悩します。子どもたちの‘これから’のために、乗り越えなければならない思いや葛藤。

けれども、これ、傷ついていたのは、親だけではなく子どもたちなんですよね。お話が進んでいくにつれ、親目線で見ていた話が、徐々に子どもの視点にフォーカスされていく印象でした。

子どもは何も解っていないようで、肌で感じ取り、大人に気を遣い、想いをうまく表現できない。
子役のリアルな表情や仕草に、何度も胸が締めつけられ、涙が溢れてしまいました。
是枝監督の子役演出として、台本を渡さずに大人の演技の流れの中でリアルな反応や言葉を引き出すということがありますが、この作品も本当に素晴らしく、子どもの姿に惹き込まれてしまいます。

仕事人間で子どもときちんと向き合えていなかった良多が、慶多の気持ちに気づき涙するシーンがありますが、この事こそが本作のテーマだと思われました。血の繋がりか、過ごした時間か、どちらかを選ぶ必要なんてない。いつだって、子どもに教えられることばかりです。

少しずつ子どもに向き合うことで父親になっていく福山雅治、多くの母親が共感するであろう尾野真千子、ガサツだけれど大きな愛で包んでくれる真木よう子、大人の壁をつくらず子どもと接することができるリリー・フランキー。親としてのあり方を考えさせられる、4人の役者さんの繊細な演技にも注目です。

おすすめの記事