水原希子

世間に衝撃を与えた沢尻エリカさんの大麻所持での逮捕、次なる逮捕者は誰だ!?と時々芸能ニュースにも取り上げられますが、今のところ、誰も逮捕者は出ていませんが、薬で逮捕間近なのではないかと噂されているのが水原希子さんなのです。

なぜ、水原希子に薬の噂があるのか?プロフィールとともに噂を検証していきます。

水原希子は、どこの国とのハーフ?プロフィール紹介

 

彼女がハーフであることは、みなさんご存知だとは思いますが、詳しくは父親がアメリカ人、母親が韓国人、日本育ちのアメリカと韓国のハーフです。国籍はアメリカで、2歳から神戸に住んでいるので、ほぼ日本で育ってきたというまさにインターナショナルな女性。

本名はオードリー・希子・ダニエル

名前もオシャレですね。

168㎝のすらっとした身長がまさにモデル体型で、何を着てもサマになってしまう女性です。

とはいえ、2歳から日本に住んでいたので英語はほとんど喋れなかったそうですよ。

アメリカ人の父親がヒッピー(自由と音楽を愛する人々のこと)だったと言われており、その影響を希子さんはかなり受けているとのこと。そう言われると彼女の自由奔放な態度も少し納得できますね(笑)

小さい頃の写真を見ても、これはモデルになれるなと思うくらいの可愛さを持っており、2003年『Seventeen』のオーディションに合格、専属モデルとなってからはモデルに女優に活躍しています。

水原希子さん、最近では大人になってきたからかそれほど話題に上がることは少なくなってきましたが、数年前はお騒がせタレントとして有名でした。自分のブログで未成年飲酒・未成年喫煙・スロット通いが発覚してしまい、そのことでSeventeenの専属モデルの契約は解除になったそうです。

そしてブログにファンの子が批判のコメントを書くと、

その子に暴言を吐いたり、Instagramでは右翼的な発言をしてみたりと、一時は芸能界も干されていたと言われています。

水原希子の薬の逮捕の噂はなんで?

これまでの言動が一つの要因となって、現在水原希子さんには薬物使用の疑惑が浮上しています。ただ彼女に向けられた疑惑の原因はそれだけではなく、冒頭でお話しした沢尻エリカさんの薬物逮捕が関わってきています。

沢尻さんが逮捕される前、「一時お騒がせ女優だったSが家宅捜索を受けたらしい。その後、モデル出身キャスター経験もある女優K、海外でも活躍するモデルMにも疑いの目が向けられている」という芸能ニュースが流れました。

このSが沢尻エリカさん、Kが片瀬那奈さん、そしてMが水原希子さんなのではないかと言われているのです。

沢尻エリカさんと、その元カレ横川直樹さんがMDMA所持で逮捕されましたが、彼らが出入りしていたクラブに水原希子さんも通っていたのです。そのクラブは世界的に有名で、VIPルームでは薬物パーティが行われているのではと言われています。しかもそのクラブには、こちらも世間に衝撃を与えたピエール滝さんも通っていたとこのこと。

水原希子さんと沢尻エリカさんは、映画『ヘルタースケルター』で共演しており、同じクラブに出入りしているくらいですから親交はあったと思われます。

さらに水原希子さんの元カレと言われている野村周平さんが、田口淳之介さんと親友なのですが、その野村さんにも薬物疑惑があるのです。

田口さんと言えば、彼女の小嶺麗奈さんと一緒に薬物を長期間使用していたことで、こちらも芸能界を騒がせました。田口さんと友達だったというだけでなく、田口さんが逮捕された翌月、野村周平さんは海外留学をしたのです。真偽のほどは分かりませんが、これは薬を抜くためなのでは?と言われています。

さらに、水原希子さんの元カレと言えば、BIGBANGのG-DRAGONも有名ですが、彼も薬物使用で逮捕されていますし・・・彼女の周辺には薬物で逮捕された人や薬物疑惑のある人が多すぎるので、水原希子さんも薬の疑惑がと言われても仕方ない気がします。

本当に水原希子は薬で逮捕されるのか!?

有名芸能人が薬物所持や使用で逮捕されると、芋づる式に他の芸能人も逮捕されるのではないかと毎回話題になりますが、意外と何人も連続で逮捕されるということはこれまで聞きません。なので、今回も水原希子さんが逮捕されるのか、野村周平さんはどうなるのか、というのは不明です。

ただ、薬物の疑惑があることで、彼女が1年のうち何回も行っている海外旅行も薬を抜くためではないかと言われています。もしこれが噂だけで真実でないのであれば、仕事や趣味で行っている旅行まで薬疑惑と結び付けられてしまっているということなので、可哀想な気もしますが・・・これまでの話を総合すると限りなく黒に近い気がしてしまいますね。

自由奔放で明るく元気なキャラクターの水原希子さん

もし薬物を使用していたとなれば、当然周りに多大な影響を与えることになってしまいます。できれば薬物の噂はただの噂であってほしいと思いますが、今後の動向を見守っていきたいです。

おすすめの記事