永作博美の子供は何人?結婚したのはいつで旦那さんは?韓国人という噂はホント?

今回は年齢不詳でベビーフェイスな女優・永作博美さんについて取り上げてみたいと思います。

永作博美さんの結婚や旦那さん、子供は何人いるのか?韓国人という噂がありますが、ホントなのか?について調べてみました。

永作博美の年齢と出身は茨城?

まずは永作博美のプロフィールについてご紹介致します。

生年月日:1970年10月14日生まれ

出身:茨城県行方市

年齢:50歳

身長:156cm

事務所:田辺エージェンシー所属

所属事務所の田辺エージェンシーと言えば、タモリさんがおられます。

意外だったのが、俳優の堺雅人さん、フリーアナウンサーの夏目三久さん、歌手のRIP SLYMEの方々が所属されている事でした。

事務所としては所属タレントは少数精鋭の印象です。

ご実家がいちご農園を営んでおり、三姉妹の次女です。

1988年に「オールナイトフジ女子高生スペシャル」の美少女コンテストでバストパフォーマー賞を受賞しました。

翌年の1989年「パラダイスGoGo!!」(フジテレビ)の乙女塾のオーディションに合格し、1期生としてデビューします。

 

その後メンバーより選出された永作博美さん、松野有里巳さん、佐藤愛子さんの3人組アイドルグループ「ribbon」のメンバーとして活躍しました。

その後20台半ばから女優業へシフトします。

 

1995年のドラマ「さんかくはぁと」では24歳であった永作博美さんでしたが、女子高校生役を見事に演じました。

童顔であり可愛らしいので、女子高校生役がこなせたのでしょう。

 

1995年には長瀬智也さんと共演した「カケオチのススメ」でも長瀬さんの恋人役を務めておられましたが、本当に可愛らしく、当時TOKIOでデビューしたばかりのキラキラな長瀬君と共演していてもあまりに素敵すぎる二人に余計なヤキモチを焼くことなく、ドラマが毎週本当に楽しみでした。

 

長瀬智也さんと言えば、2021年3月31日でジャニーズ事務所を退所し、芸能界を引退し裏方として第二のキャリアをスタートされました。

長瀬智也さんは2021年1月~3月までTBSドラマ「俺の家の話」で主役を演じられており、トップ俳優の一人でしたから、引退とは少々もったいない気が致しますが、ご本人が決めた事なので、応援していきたいと思います。

 

長瀬さんと言えば、「タイガー&ドラゴン」「池袋ウエストゲートパーク」「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」「白線流し」「ムコ殿」など、名作ドラマに数多く主演されていて、デビュー時は本当に美少年で惚れ惚れする姿、最近は漢らしく良い年の取り方しているな~と思っていただけにもう御姿を見る事が出来ないと思うと本当に寂しいです。

 

少し脱線してしまいましたが、24歳で女子高校生役を演じたり、現在でも50歳という年齢が信じられないくらい可愛らしいお顔の永作博美さん

永作さんはご自身の童顔について、若い頃大人っぽい顔になりたくて化粧を濃くしてみた事があそうですが、そうすると変な顔になる、とあきらめ止めたそうです。

 

女優として若い頃から現在まで大活躍中の永作博美さんは2012年に映画「八日目の蝉」で助演女優賞を受賞、2021年には「朝が来る」で最優秀主演女優賞にノミネートされました。

「八日目の蝉」では井上真央さん演じる英理菜を誘拐して育てる難しい役どころの希和子を演じました。

 

劇中指名手配犯となった永作博美さん演じる希和子が髪を切るシーンがあるのですが、本当に永作さんの髪の毛をご自身で切っているんです。

裏話として、ハサミが滑って思うように髪が切れずに、本番でNGが出せない事から、必死になって髪を切ったそうです。

 

映画撮影時は第一子のお子さんを産んだばかりの頃で、永作さんは本当に希和子になりきっていて、子供を見つめる表情が母親そのものだったと監督、脚本家、プロデューサーのお三方は口を揃えていたほど。

 

個人的な感想としては、フェリー乗り場で子供とのお別れのシーンなんて、表情も涙もセリフも全てが素晴らしかったです。

他人の子を誘拐してしまった犯罪者とはいえ、本当に母親として育てていたんだな…とあのシーンは心がズキンとしました。

永作博美の子供は何人?結婚したのはいつ

これまではアイドルとして、女優としての永作博美さんをご紹介してきましたが、次はご結婚や子供さん、旦那さんの事など私生活について調べてみました。

2009年4月27日に映像作家の内藤まろさんとご結婚されます。

2010年5月18日に第一子となる男児をご出産

2013年6月18日には第二子となる女児をご出産され

今は10歳と7歳のお子さんのお母さんです。

ちなみに第一子は39歳、第二子を42歳の時に出産されております。

 

永作博美さんはお子さんとの関わり方についてインタビューでこう語っておられました。

撮影などでなかなか家に居られないときでも必ず「おはよう」「ただいま」という挨拶は欠かさずしているそうです。

必ず声をかける事で日常の些細な変化にも気づいてあげられるようにしている、との事でした。

 

子育てで大変だった事を聞かれた永作さんですが、その答えは「ずーっと大変です」とおっしゃっていました。

毎日毎日今日も無事に終わった…と思って寝るそうです。

赤ちゃんから幼児、小学生になっても大変さの種類は違ってくるだけで、ずっと子育ては毎日怒涛で大変ですよね。

 

女優さんと言えど、きちんとご自分の手で子育てされているんだな~と思いました。

ひと昔の女優さんは、家に何人もお手伝いさんがいて、家事も料理もしない方もいらっしゃいますから。

 

女優と母親二足のワラジを履いてご活躍中の永作さんですが、映画「朝は来る」では特別養子縁組で子供を授かるお話の中で、井浦新さんと夫婦役で共演しておられました。

欧米では養子縁組精度は割と馴染み深いものだそうですが、日本ではまだまだ浸透しておらず、その「壁」を少しでも取り除き、理解を深めてもらおう、という意思のもと、作品が作られたそうです。

 

「八日目の蝉」で演じた母親は凄みがありましたから、「朝が来る」で特別養子縁組で子供を授かる母親役も期待出来ます。

2021年3月24日にDVDやBlu-rayが発売になりますから、永作さんの演技を見てみたいと思います。

永作博美の旦那さんはどんな人?

そして次は永作さんの旦那さんについて調べてみました。

旦那さんの内瘻まろさんは元々大手広告代店のディレクターで、その後独立し清酒メーカー月桂冠「つき」のCMで共演した永作博美さんと2005年頃知り合い2009年にご結婚されました。

 

現在は永作博美さんがプロデュースした、「ヨダか」というカフェの管理人を旦那さんの内藤まろさんが務めております。

以前は原宿にあったカフェは現在半蔵門へ移転し、「半蔵門カフェ・ヨダか」となりました。

 

こちらのカフェは映画「さいはてにて-やさしい香りと待ちながら-」で永作博美さん演じる吉田岬が営む焙煎珈琲店が「ヨダカ珈琲」がモデルとなっております。

そして珈琲屋さんをやるキッカケが永作博美さんが映画のロケから帰ってきた時に「珈琲屋をやりたい」と言った事なんです。

 

映画同様、やさしい空気とおだやかな陽射しが素敵な雰囲気のカフェで、お近くの方はぜひ一度足を運ばれてはいかがでしょうか?

永作博美は韓国人という噂はホント?

 

ネットでは永作博美さんが韓国人なのか?という噂がありました。

 

調べてみたのですが、韓国人ではないか?と噂されているのは、永作さんの頬のエラが少し張っているお顔が韓国特有の顔の特徴に当てはまる、という理由からでした。

もうひとつの理由としては消費者金融のCMに出演している事から、韓国人なのではないか?と噂されているようです。

 

しかし、永作博美さんが韓国人であると言う証拠や根拠はどこにも見当たりませんでした。

出自に関する事なので、ご本人が公表されている方以外は、こういった噂は信用しない方がいいと思われます。

 

いかがでしたでしょうか?

今や日本のトップ女優としてアイドルから女優に転身された永作博美さん。

女優としても魅力的ですが、御結婚後の妻として、母としてもとっても魅力的な女性だな~と思いました。

これからの更なるご活躍に期待しています。

 

おすすめの記事