ハウルの動く城で荒地の魔女がソフィーに呪いをかけた理由とは?考察も解説!

国民的に有名で、宮崎駿監督作品の『ハウルの動く城』。

この作品中のヒロインにソフィーという、帽子屋の少女がいます。

そのソフィーが、荒地の魔女に呪いをかけられてしまいます。

なぜ、彼女は呪いをかけられたのでしょう?

そこのところに、迫ってみたいと思います。

ハウルの動く城のあらすじ・ストーリー内容

ソフィーという帽子屋の少女。
妹に会うために街を出ます。
しかし途中で、兵隊に絡まれてしまったのです。
そんな時、気弱な美少年ハウルに助けてもらいます。

しかしそんなハウル自身も、荒地の魔女と言われている魔法使いに追われている状態だったのです。
この時ソフィーは、ハウルに魅了されてしまいます。

ですがソフィーはハウルと別れた後、店に戻ります。

そして荒地の魔女に、呪いをかけられてしまうのです。

呪いによりソフィーは、18歳の少女から90歳の老婆にされてしまいました。
なんてことでしょう?

老婆になったことで、ソフィーは家を出ます。
そしてハウルの城付近にある、荒地へ向かう事にします。
そこで、かかしのカブに出会います。
カブのおかげもあり、ソフィーはハウルの城に入ることができたのです。

すると火の悪魔カルシファーが、ソフィーに言います。
カルシファーはハウルとの契約によって、かまどに拘束されてしまってます。
「契約の秘密を見破れば、呪いをとく」と。

それを聞きソフィーは、清掃係として住むことに。
しかしハウルは、少し迷惑そうだったのです。

そうこうしているうちに、隣国と戦争が始まります。
ハウルの元師匠である、マダム・サリマンが協力するよう言ってきました。
過去にハウルは、悪魔と取引をしていたのです。

サリマンはハウルに「協力すれば、悪魔との契約を無効にする。しなければ、魔力を奪う」と。
そしてサリマンは、ソフィーがハウルに恋していることに気づきます。
ハウルは考えた結果、協力しませんでした。
そのためサリマンは、ハウルを狙い続けてきたのです。

危機を感じソフィーを迎えに来たハウルに、サリマンは強力な魔法をかけます。
傷だらけになったハウル。
そしてサリマンに見つからないよう、引っ越すことにします。
引っ越し先は、ソフィの家。

サリマンの手先が、ソフィーの居場所を探し回ります。
そんな時ソフィーの母である、ファニーと出会います。
ファニーはサマリンに、脅されてしまいます。
そしてサリマンの手先に、襲われてしまうのです。
そこでハウルは、ソフィーを守るために戦場へと向かうのであった。

ソフィーの本当の年齢と性格は?呪いをかけられて正反対に?

ヒロインのソフィーについて、説明したいと思います。

18歳のソフィー。
正式には、ソフィー・ハッターといいます。

長女という事もあり、自分の事よりも周りの意見を優先する女の子。
だから父親が大事にしてきた帽子屋を、ゆくゆくは継ぐつもりでいたのです。
内気で誰かにお願いされると、断れない性格。

しかし荒野の魔女に呪いをかけられてからは、正反対になりました。
今までと違い、積極的になったのです。

老婆の姿になってからは、家にいられないと考え荒地へ向かいます。

あと90歳という年齢になった事を、プラスに考えたのでしょう。

以前とは真逆で周りに遠慮することなく、言いたいことを言うようになりましたね。
でも呪いをかけられ、本当は18歳の女の子だという事を誰にも言えないでいたのです。

その他料理や掃除等の、家事全般が得意という面もあります。

かなりの綺麗好きなようですね。

掃除をやりすぎて、ハウルに叱られるという事もあったそうです。

荒地の魔女がソフィーに呪いをかけた理由

ソフィーに呪いをかけたのは、王宮から追放された荒地の魔女だったのです。
高い魔力の持ち主で、美に執着心がありました。

元々荒地の魔女は、ハウルの心臓を狙っていたのです。

しかしソフィーが兵隊に絡まれていた時、ハウルが助けるところを目撃します。

ハウルに対する嫉妬心から、ソフィーに呪いをかけたのだと思われます。

なぜそれが、ソフィーに呪いをかける原因になったのか?

それは荒地の魔女が、ソフィーに言った言葉にあります。

荒地の魔女はソフィーに呪いをかける時「荒地の魔女に張り合おうなんて、いい度胸ね」

といったのです。

上から目線で言っている感じですよね。

自分の方が美しいと思いつつ、ソフィーの若さに嫉妬しているように思います。

嫉妬が理由で、呪いをかけたのだと思われます。女の嫉妬、怖いですね。

まとめ

ハウルの動く城についてと、ヒロインのソフィーがなぜ荒地の魔女に呪いをかけられたかを述べてみました。
ソフィーは呪いをかけられる前は、内気な女の子でした。

それが呪いをかけられ、老婆になりそれから積極的な性格になった事が驚きです。
逆に開放的になり、本当の自分をさらけ出しているのかもしれませんね。

その他ハウルに恋するソフィーのかわいさや、各々個性的な登場人物が良い味を醸し出していると思います。
そういったところが、この作品が人気ある要因だと考えます。

ハウルの動く城はもちろんですが、今後も宮崎駿監督作品から目が離せないですね。

おすすめの記事