竹内涼真演じる主人公、田村心が過去に行って、いくつかの事件の被害者を助けたこと、起こってしまった新たな事件により、歴史は変わってしまいました。結婚していたはずの女性はただの音臼小事件のことを調べている記者となり、母や兄は死んでしまっていたのです。

幼少期に父が殺人犯として逮捕されてしまった心は、父親の記憶がなかったのですが、過去で初めて父親がどんな人物であったかを知り、冤罪であることを確信、どうにかして服役している父を助け出そうとします。

そんな心の元に、新たな証言をしてくれる人物が現れた!そんなところから第5話は始まりました。

『テセウスの船』第5話のネタバレあらすじ

心の父、文吾(鈴木亮平)の無実を証言できるという松尾(芦名星)という人物から連絡をもらった心は、過去へタイムスリップする前までは妻だった岸田由紀(上野樹里)や文吾、そして姉の村田藍(貫地谷しほり)に報告します。

これで冤罪を晴らすことができると希望の光が見えてきた心でしたが、松尾は家族に反対されたから、と証言できないと連絡してくるのです。そして姉の藍はなぜか同居している木村さつき(麻生祐未)に監視されていて、さらに殺人犯の娘であることを知っていると脅されるのです。

唯一の証言者を失いたくない心は、直接話をしようと松尾の家で待ち伏せしますが、松尾は現れません。心は由紀と作戦を立て直し、父の無実を証明することを諦めないと約束するのです。

心がずっと待っている姿を松尾は家の中から実は見ていました。そして、悩んだ松尾は文吾に会いに行きます。証言できないという松尾を許す文吾。彼らの姿に、やはり証言することを心に申し出るのです。

松尾のもとに向かった心ですが、そのことを知った藍とさつきも松尾の元に向かいます。なぜか、さつきはどうしても文吾を殺人犯にしておきたいと執着しており、藍に協力させるのです。

松尾から話を聞こうとした時に、松尾家を訪れた藍。そして話が確信に迫ろうとした時、藍はさつきからもらった薬を飲んで救急車を呼ぶ事態になります。心が藍について病院に行ってしばらくすると、由紀から連絡があり・・・松尾が死に、さつきが救急車で運ばれていくのでした・・・。

テセウスの船 第5話のロケ地(松尾家と病院)と撮影目撃情報

第5話の中で一番重要だったのは松尾家のシーンです。

心が待ち伏せするところ、そしてさつきも松尾家から救急車で運ばれていきました。一般のお家なので、詳細な住所は控えますが、千葉県八千代市高津付近のようです。

この辺りの陸上自衛隊習志野分屯基地の道を封鎖して撮影していたようですね。目撃談ではないですが、予告を見てこんなTwitterが上がっていました。

竹内涼真と上野樹里の2人のいろんな思いが交錯するシーンを撮影していたこともあり、長時間封鎖してロケしていたようです。昼間の明るいシーンと夜、さらに雨を降らしての撮影だったので、一般のお家とは言え、かなり大掛かりなロケだったのでしょうね。

そして今回は病院のシーンも出てきました。

今回は病室内のシーンしかありませんでしたが、ちゃんと病院でロケをしていたようです。このことからおそらく第6話以降にも登場すると思われるこの病院は、

泉リハビリテーション病院(千葉県流山市おおたかの森北3丁目23-12)です。

なぜか文吾を殺人犯としたまま、死刑にしてもらいたいさつきが何を考えているのかまったく分かりませんでした。ただ藍が文吾の娘であることを知っているのにも関わらず、音臼小事件の被害者である息子、みきおと一緒にいることを許しているのです。

ただ松尾の家にさつきが行った時の松尾の反応は真犯人と対峙しているものではありませんでした。ということは、さつきは犯人ではなく何か重大なことを知っている人物なのではないかと思われます。

『テセウスの船』第6話のあらすじ

松尾から、他に犯人がいることを聞いたものの、名前まで聞き出せなかった心ですが、さつきが松尾を殺害した、と藍から聞きます。心は、さつきが音臼小事件の本当の犯人なのではないかと疑いますが、さつきの元に毒入りのジュースが届き、さらに事件を嗅ぎまわるなという警告が送られるのです。

木村みきお(安藤政信)からさつきの手帳を渡され、文吾の記憶をたどりながら真犯人に近づいていきますが、実はそれは犯人の罠でした。そして、真犯人から届く心への招待状。自分の命はどうなってもいい、と真犯人に会うことを決意する心はいったいどうなってしまうのか!?

『テセウスの船』第5話の感想

産まれた時から父親が殺人犯であった心、自分がそんな環境で育っていたら、当然父親のことを恨むでしょうし、どうにかして自分の境遇から抜け出したいと願うでしょう。ただ過去にタイムスリップしたおかげで、本来の父親の姿を心は見ることができました。

そして文吾の記憶の中だけに存在した未来の息子の心。

文吾が刑務所の中で過ごした31年間という期間は本当に長いものだっただろうと考えると、なぜこんな事件が起こったのか、どうして文吾が犯人とされたのか、となんとも言えない感情が沸いてきてしまいます。

今、心の母と兄は亡くなってしまっていますが、もう一度過去へ行き、さらに運命を変えてほしい、家族で笑いあってほしいと願うばかりです。

おすすめの記事