今話題沸騰中のドラマ、『テセウスの船』ですが、第5話では現代で新たな殺人事件が起こってしまいました。せっかくの有力な目撃情報を手に入れた心でしたが、その情報提供してくれるはずの人物が死んでしまい、途方に暮れてしまいます。

そして、さらにいろんなことが巻き起こる第6話。

まずはあらすじから振り返ってみます!

『テセウスの船』第6話のネタバレあらすじ

唯一の証言者・松尾紀子(芦名星)が、木村さつき(麻生祐未)によって殺されてしまますが、さつきは村田藍(貫地谷しほり)に罪をなすりつけようとします。これらのことから、さつきが犯人なのではないかと疑うのですが、さつきの病院へ行った心は、毒入りジュースを飲んで死んでいるさつきを発見するのでした。

さつきの息子である木村みきお(安藤政信)から、さつきの手帳やさつきを殺害したかもしれない人物についての情報を得て、田村由紀(上野樹里)と探し回ります。そして手掛かりを得た心が、その犯人と思われる田中正志(せいや/霜降り明星)に会いに行くと、なんと彼もすでに死んでいたのでした。

なぜか警察もすぐその場に到着し、犯人だと疑われ、捕まってしまった心を助けたのは由紀でした。そんな心の元に、真犯人から脅迫が届きます。犯人から呼び出された場所は、音臼小事件の慰霊碑の立っている場所。自分の命が危険だと知りながら、心は犯人と対決をすることに決めます。

もう由紀にも会えないかもしれないと思った心は、由紀と自分の関係について話します。勇気をくれたのは由紀であること、由紀は死んでしまったこと、タイムスリップしたこと、戻ってきたらまた由紀に会えたこと・・・。そんな夢みたいな出来事を本当だと信じてくれた由紀に『もう一度会う』と心に決めて、犯人の待つ場所へ心は向かいました。

呼び出された場所で待つ心の元に現れたのは、みきおでした。下半身マヒで車いす生活を送っているはずのみきおは、なんと普通に立つことができ、真犯人には自首をしてほしいという心をナイフで襲ってきたのです。

心が読んでいた警察のサイレンの音で、殺されずに済んだ心ですが、ケガをした状態のまま、またタイムスリップしました。タイムスリップした先は、音臼小事件が起こる前日。そして心の前には、毒入りジュースが置かれていたのでした・・・。

テセウスの船 第6話のロケ地(さつき入院の病院・プロポーズした海岸)情報

みきおが犯人であることを知っていたのか、違う理由からか自分の命をかけて松尾を殺害したさつきが入院し、さらに殺害されてしまった八王子総合病院は、武蔵野徳洲会病院(東京都西東京市向台町3丁目5-48)です。

さつきが誰かをかばって松尾を殺したのは想像できますが、音臼小事件のあと、足が不自由になってしまったみきおを引き取って育てていたのはさつき。最初から知っていたとは考えにくいですが・・・どうなんでしょう?

タイムスリップする前の心が由紀にプロポーズした海岸は千葉県館山市船形の海岸です。

心も由紀もお互いに心を許しているのが印象的でした。

そして心がタイムスリップのことを由紀に打ち明けたシーンで使われたのが中央区築地の川辺商店です。

ここは、よくドラマで使用されている場所です!

心といる時に、なんとなく前から知っている感じがする、と言った由紀ですが、彼女には心との記憶がまったくないはずで、そう考えると2人は運命の相手なのではないかと思います。

現代の心と由紀は、犯人の息子と記者という立場ですが、過去の2人はお互いに気を許していて、心は甘えている表情、由紀も柔らかい表情をしています。2人の演技力の幅が見えるシーンでした。

『テセウスの船』第7話のあらすじ

慰霊碑の前で、心はみきおとの会話をボイスレコーダーで録音していました。でもタイムスリップして気を失っている間に、そのレコーダーは、みきおが拾ってその会話を聞いてしまったのです。

佐野文吾(鈴木亮平)とみきおを探す心ですが、なぜか見つかりません。タイムスリップしたことで現代が変わってしまい、和子(榮倉奈々)と兄・慎吾(番家天嵩)が死んでしまったことを文吾に伝えると、文吾は事件を止めることに頭がいっぱいになり空回りしてしまうのです。

そして、レコーダーを聞いたみきおは、和子のお腹の中にいる心を殺そうと和子に近づいていたのでした・・・。心は家族を助けられるのか!?

『テセウスの船』第6話 犯人は本当にみきお?

犯人がみきおだということが分かり、一気にストーリーが進んでいった第6話ですが、音臼小事件が起こる前に村では多くの事件が起こっていました。本当にすべての事件を小学生のみきおが行っていたのでしょうか?そして、最大の疑問、みきおはなぜ文吾に罪をなすりつけたのか?

さらに、現代でみきおの妻となっている、姉、藍との関係はいったい何なのか?みきおが犯人として登場したことで新たな謎も出てきてしまいました。心が再びタイムスリップしたことで、また現代が変わってしまうかもしれないという不安もあり、第7話が待ちきれません。

おすすめの記事