TOKYO MER[5話]無料動画とロケ地(ネタバレあらすじ)!見逃し配信サイトの視聴方法

・TOKYO MERの動画を見逃したらどのサイトで見ることができるのか?

 

・TOKYO MERの動画を無料で見ることができるのはどのサイト?

 

・TOKYO MERの動画を安全に広告なしで1話~最終回まで全話見れるのはどのサイト?

おそらくTOKYO MERの1話~5話を見逃してしまった。ドラマを途中から見たので見逃した回の内容が気になっている方は、上記のような疑問を抱えているのではないでしょうか。

実は、TOKYO MERの動画を無料で見れる方法は何パターンかあります!

実際に私も、今回紹介する方法でこれまでのドラマを動画の配信期間や広告も気にせず、違法サイトではなく公式サイトで無料で安全に1話から最終回まで全話の動画を見ることができています。

もし、あなたもTOKYO MERの動画を無料で見たいと思っているのなら、ぜひこの記事を読んでみて欲しい!

記事の前半では無料で見れる動画配信サイトの紹介・解説をして、記事の後半ではあらすじ(一部ネタバレあり)やロケ地、出演者等の気になる情報についても詳細に解説しています!

この記事を読むことで、TOKYO MERの見逃した動画を全話無料で見れる方法が理解できるだけではなく、TOKYO MERをより楽しむためのあらすじやロケ地、出演者情報も分かるようになります!

TOKYO MER~走る緊急救命室~5話のあらすじ

TOKYO MER5話のあらすじを放送前に判明している分をご紹介致します。

 

厚労省の医系技官である音羽(賀来賢人)は大物政治家の天沼夕源(桂文珍)から、TOKYO MERをつぶせるのか?と聞かれ「必ずMERを解体に追い込みます」と言います。

その大物政治家と音羽、そしてTOKYO MERチーフである喜多見(鈴木亮平)の妹・涼香(佐藤栞里)と妊婦を乗せた4人がエレベーターが火災により急停止し中に閉じ込められてしまうあらすじです。

 

音羽はMERを呼ぶことを提案しますが、都庁の危機管理室にいる都知事の赤塚(石田ゆり子)は「音羽先生の罠かも、身内を救う為に過剰に反応したとか騒いでMERを潰そうという魂胆かも」と音羽に対して赤塚も不信感満載の様子の5話のあらすじです。

 

しかし密室のエレベーター内では煙が充満して、妊婦が破水して倒れてしまい、このままでは10分と赤ちゃんは持たず帝王切開しかない、とエレベーターの外側にいる喜多見は判断しますが、喜多見は音羽を信頼し「あなたの判断に任せます」と一任する、というTOKYO MER5話のあらすじでです。

 

その際、大物政治家の天沼に「こんな所でオペ出来る訳ないだろう!」と一喝されていましたが、予告編では政治家の天沼の救出を優先するように、との命令が下ったのに対し、テロップでは“官僚としての未来か、医師としての使命か”の二択を迫られるような展開のあらすじでしたので、TOKYO MER5話は音羽先生のがヒーローになるのか、やっぱり厚労省の官僚側の立場を取るのかが焦点となるようです。

 

 

TOKYO MERを1話~最終回まで公式配信サイトで無料視聴できるのはParaviだけ!

過去の『TOKYO MER~走る緊急救命室~』の見逃し配信が見たい!

出来れば無料で!と思ったら動画配信サイトはParaviとなります。

現在、『TOKYO MER~走る緊急救命室~』はhuluやamazonプライムでは配信しておらず、『TOKYO MER~走る緊急救命室~』はParaviのみの独占配信となっています。

Tver、GYAO!、TBSFREEでも配信

放送後、1週間はTver、GYAO!、TBSFREEでも配信されていますが、期間は1週間と限定されており、全話を見ることができない点と、広告(CM)も多くあるので少し見づらいという意見もあります。

違法動画サイトでの配信は危険なので注意!

※違法動画サイトでも配信されているかもしませんが、画質が悪かったり、ウィルスに感染する危険も高く、ウィルス感染した場合、自分だけではなく他人にもウィルス感染させてしまい迷惑をかける可能性もあるので、後から後悔しないように2週間無料で見ることができて『TOKYO MER~走る緊急救命室~』を独占配信しているParaviでみることを強くおすすめします!

Paraviで無料で視聴する方法

 

Paraviは2週間無料のお試し期間があり、2週間の期間終了前に解約すれば、一切料金は発生しませんので安心してください!

 

本ページの情報は2021年7月時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

 

料金とお試し無料期間】

Paraviとは月額1017円(税込)で提供されているVOD(ビデオオンデマンドサービス)です。

なんと今なら入会から2週間の無料お試し期間付きとなっております。

『TOKYO MER~走る緊急救命室~』を2週間無料で今すぐ視聴する!

 

【配信作品について】

Paraviでは見逃し配信にも対応し、『TOKYO MER~走る緊急救命室~』を始めとするドラマのTBSと言われるくらい数多くの優良過去作品を取り揃え、他にもWOWOWの過去作品やテレ東の見逃し配信や過去作品も多数取り揃えております。

 

【アカウント管理・対応デバイスについて】

1アカウントにつき5台のデバイス登録が可能で、7つのプロフィールが登録可能、つまりプロフィール毎にマイリストとして管理可能なのです。(家族に何を見ているかがバレません。但しストリーミング再生は同時視聴不可です。)

スマホ、タブレット、パソコン、での視聴はもちろん、Chromecast、AmazonFireTV、Apple TV等テレビなどの大画面でも視聴可能となっています。

 

【ダウンロード機能について】

外出時に役に立つダウンロード機能も有しており、2台までダウンロード可能、そしてダウンロードは2台同時視聴が可能で、家にいなくても見逃し配信や、映画、ドラマをいつでもどこでも楽しむ事が出来ます。

 

【お得なParaviチケットを毎月付与】

無料期間終了後は、550円(税込み)のParaviチケットが毎月付与されレンタル作品を一本視聴可能です。

『TOKYO MER~走る緊急救命室~』を2週間無料で今すぐ視聴する!

TOKYO MER~走る緊急救命室~5話の見どころ

みどころは、厚労省の医系技官の音羽先生がどんな行動をとるのか!?に注目です。

火事で閉じ込められたエレベーター内で、救出の優先順位を政治家の天沼にするように命令された時に、破水して帝王切開しかない現場で、医師としてもとんでもないリスクを冒してまで医師として行動するのかどうか?がみどころです。

 

TOKYO MER~走る緊急救命室~5話のロケ地

TOKYO MER5話のロケ地として調べてみましたが、今回の舞台は密室のエレベータ内である事で、外ロケがほぼ無い珍しい回となりました。

その中でも判明しているロケ地として下記のロケ地がありましたのでご紹介いたします。

 

千葉大学医学部附属病院

冒頭涼香が妊婦の立花と出会う病院や、閉じ込められるエレベーターの外で待機したいた場所としてこちらのロケ地が使用されました。

 

旧東鷲宮病院

終盤音羽が寝かされていた病室や、立花が入院していた病室はこちらをロケ地として使用されていたようです。

TOKYO MER~走る緊急救命室~5話 蔵前夏梅役の菜々緒さん

TOKYO MERで看護師でありシングルマザーの蔵前夏梅(くらまえなつめ)役の菜々緒さん。

3話では人質として立てこもり犯に対峙したり、4話では喜多見の右腕としてトンネル崩落事故現場内に同行し、ケガ人救出の為に車内へ自ら助けに入るなどの活躍を見せていました。

 

インタビューでは、菜々緒さんの元に「夏梅さんのような看護師になりたい!」と現役の看護師の方や、看護学生の方からメッセージが届くようです。

そのメッセージを受けて菜々緒さん自身も頑張ろう!と奮い立たせ撮影に挑んでいます。

 

TOKYO MERの特徴として、医師だけでなく看護師にもスポットが当たっていて、大切な仲間という描き方をされています。

現場の共演者の方々は、撮影の一か月前から医療リハーサルを重ねてきて話し合いをしっかりされているようでチームワークはピカイチのようです。

 

そして主役の喜多見演じる鈴木亮平さんについては、常に圧倒されているようで、セリフも膨大なのにそれを自分にしっかり落とし込んで演じていて、手術シーンも吹き替え無しなので尊敬している、と語っております。

TOKYO MERでは医師のみがヒーローではない、とのメッセージ性を持たせていて、これまでも東京消防庁の千寿(要潤)や、警視庁の新井(山田純大)にもスポットが当たっていました。

TOKYO MERの麻酔科医である冬木(小手伸也)や臨床工学技師の徳丸(佐藤勇斗)にも今後スポットが当たる可能性はありそうですし、5話以降のエピソードもとても楽しみです。

TOKYO MER~走る緊急救命室~5話のネタバレあらすじ

TOKYO MER5話の一部ネタバレをしていきたいと思います。

TOKYO MERのメンバーは4歳体重15kgのあきみちゃん人形を使っての心停止からアドレナリン投与まで30秒の壁を超える訓練をしていましたが、結果は37秒です。

 

TOKYO MERのチーフである喜多見は20秒でいきたいと話すので弦巻(中条あやみ)は驚きを隠せません。

しかしその様子はTOKYO MERのチーム力が増してみんな生き生きと仕事をしているな~という感想を持ちました。

冒頭ネタバレしますと、これが終盤の救出劇の伏線になっています。

 

麻酔科医の冬木(小手伸也)は子供の場合体重に合わせてアドレナリンをその都度調合するのでどうしても時間がかかる、と言いますが弦巻はこの訓練に音羽先生も加わってくれればいいのに、と本人に聞こえるように言います。

しかし音羽は「今それどころでは無い」と何か案件を抱えている様子です。

 

看護師の蔵前にも「MERの仕事も大切ですよね?」と言われるも、「私は臨床医では無くあくまで官僚ですから」と言い残して部屋を出ていこうとすると、高輪(仲里依紗)が都知事の赤塚を伴って表敬訪問の案内をしにやってきました。

音羽は赤塚都知事の姿を認め一礼すると部屋を出ていきましたが、その後ろ姿を見る赤塚は浮かない表情です。

 

赤塚はMERチーフの喜多見に「あなたの空白の一年を高輪先生に聞きにきたらしいのよ」と音羽には注意するよう釘を刺しますが喜多見は「音羽先生は信頼できる医師なので大丈夫ですよ~」と二人には認識の温度差がある模様です。

 

赤塚は同席した高輪に音羽についてどう思うか尋ねますが、高輪も音羽は優秀な医師だと思います、と言うと赤塚は「何も分かってない、官僚ってのはみんな優秀なの、でも命令する政治家がバカだとバカな事しなくちゃいけないものなの!官僚は政治家には絶対逆らえない…特に天沼幹事長みたいな人にはね」と意味ありげに言いました。

 

天沼とは与党の幹事長であり、政界の影の支配者で7年前に厚生労働大臣だった頃に受けた闇献金問題について、雲隠れをする為に喜多見が勤める病院に現在入院していました。

天沼が入院する病室では天沼幹事長が天丼を頬張っている真っ最中で、その場には現・厚生労働大臣の白金(渡辺真起子)、官僚の久我山(鶴見辰吾)の姿がありました。

 

久我山は全国理事長学会には口止めをしておきました!と天沼に報告します。

天沼は残る心配事は都知事の赤塚が、新党立ち上げて国政に出しゃばって来る事だ、と苦言を呈し選挙前には人気取り政策でやっているMERを潰せるんだろうな?と厚労大臣に確認します。

 

そこに音羽が天沼に「喜多見チーフが行っている危険な医療行為は決して認められません、私がMERを解体い追い込みます」と言いました。

天沼にMERを紹介してくれ、と言われた音羽でしたが、久我山や厚労大臣に「くれぐれも天沼幹事長には失礼の無いように!」と念を押されました。

 

同じ病院内で喜多見の妹・涼香は入院中の子供たちを集めて手話を交えた紙芝居を披露していました。

ここもネタバレになりますが、この手話が後半喜多見へのメッセージを送る伏線になっています。

紙芝居が終わった時に、廊下の向こうから苦しそうに点滴をしながら歩くお腹の大きな妊婦の姿が目に入り、車いすを持ってこれに乗るように、と勧めます。

 

音羽と天沼はMERへ行くためにエレベーターに乗っていましたが、3階で涼香と車いすに乗った妊婦が乗り込んで来ようとします。

音羽は以前喜多見が自宅でBBQをした時の写真を見ており、涼香が喜多見の妹であると気づき、顔を逸らします。

 

今いっぱいで乗れません、とエレベーターに乗り込もうとする涼香に音羽は断りを入れますが、涼香は「でも乗れますよね?」と反論すると、天沼から表情で(閉めろ)と合図をされた音羽は、エレベーターの「閉」ボタンを押します。

すると妊婦の車いすの足部分がエレベーターの扉に「ガコンッ」と挟まれてしまい、扉は安全装置が効いてちゃんと開きましたが涼香は音羽に「危ないじゃないですか!?」と怒りをあらわにしました。

 

天沼は音羽に(もういい)と顔で合図を送り、一緒のエレベーターに涼香と妊婦は乗り込みました。

エレベーターが降下中に、地下にある制御盤がショート、突然の衝撃と共に止まってしまい、そのせいで天沼は壁に左側頭部をぶつけて血を流すケガをしてしまいます。

 

天沼が血を流していたのでその血をハンカチで拭った音羽は思わず「天沼先生、大丈夫ですか?」と言ってしまい天沼に「名前を呼ぶな!」と一喝されます。

音羽はエレベーターに設置された連絡用のスピーカーから事故を報告すると「少々お待ちください。」との返事を聞いた天沼が「こっちはケガをしているんだ!待てるか!私は民自党幹事長の天沼だ!責任者か秘書を呼べ!!」と怒りのあまり自ら正体をバラシてしまいます。

 

涼香は妊婦の顔が真っ青なのを気にして声をかけているのに音羽が気づき、それに切迫早産における子宮収縮抑制剤である「硫酸マグネシウム注」を点滴されているのを見て顔色を変えます。

音羽は天沼に「MERを呼びましょう」と提案しますが、涼香にそれくらいで呼ぶなんて、と言われるも天沼は不安定狭心症の心疾患があるのでいる発作が起きてもおかしくない、と涼香にMERを呼ぶ正当性について説明します。

 

そして音羽は天沼に耳うちで「あの女性は喜多見チーフの妹で、身内をひいきした職権乱用だったとマスコミに流せばMERへの批判は高まります」と説明すると「面白いね~君」とほくそ笑む天沼ですが、音羽は妊婦の様子が気になる表情をしています。

 

音羽から喜多見へMER出動要請の電話がかかってきますが、天沼幹事長が一緒でケガをしている、と聞かされた赤塚都知事は自分をハメる為にわざと出動要請してきた、と思っていい顔をしません。

音羽はその後妊婦の様子について詳しく喜多見に説明すると喜多見の表情が変わりました。

 

喜多見は赤塚に出動の許可を求めますが、高輪もそれくらいで出動するなんて!と反対しましたが、赤塚は出動を許可しました。

その時地下の機械室にあるエレベーターの制御盤からついに火花が散り、床のホコリに引火し火事が発生してしまいます。

 

都庁の危機管理対策室では、エレベーター内からの救助要請に対してオペレーションが行われていましたが、緊張感がいつもより無いわね、と病院から戻った赤塚は駒場(橋本たかし)に言います。

駒場はエレベーター内の監視カメラを見ており、天沼幹事長は明らかに仮病を使っていて、都知事はこんな事で天沼に恩を売るつもりですか?MERの私物化は認められませんよ、と赤塚に苦言を呈しますが、これは喜多見チーフの判断です、と赤塚は言いました。

 

都庁の危機管理対策室では、エレベーター内に喜多見の妹がいると分かり、赤塚はこれは音羽の罠で、身内(涼香)を救う為に過剰に騒いだと言いMERを潰そうという魂胆かもしれない、と言うと喜多見は「今は邪推は止めて人命救出第一でいきましょう」とニコニコしながら無線で返しました。

 

駒場からエレベーター内の様子は映像で確認する限り変わり無いとの事で、MERはエレベーターの外で待機する事になりました。

全員でエレベーターの外で待っていても仕方無いので、喜多見と蔵前、弦巻以外は通常業務に戻っていきます。

地下のエレベーターの制御盤がある機械室では炎が燃え盛り、ついにワイヤーに炎が燃えうつり、エレベーター内では空調が切れて皆少し息苦しさを覚え始めました。

 

涼香は乗り合わせた男性がMERの音羽であると気付き、高輪に「音羽先生はMERを潰したがっているから気を付けて」と言われた言葉を思い出します。

妊婦の女性が苦しそうなので涼香は音羽に診てもらえますか?と言い音羽もそれに応じますが、天沼に「俺の方が重症だ!暑いから扇げ!」と命令すると「産科は専門外ですので…」と音羽は妊婦を放って天沼の方に戻っていったので涼香は音羽に「最っ低!」と言うのでした。

 

天沼の事をファイルで扇ぐ音羽でしたが「何か匂うぞ…!」と天沼が言うと間もなく扉から煙が入ってきました。

音羽は「姿勢を低くして!」と指示をし、持っていたファイルから紙を破り扉の隙間に詰めて対処しますが、煙はもうもうとエレベーター内に入り込んできます。

 

エレベーターの外では厚労大臣と久我山、秘書達が天沼が閉じ込められた!と病院関係者を伴って大騒ぎで現場に駆け付けます。

その時、千寿(要潤)が喜多見の元へ到着し「レスキュー隊まで来たんですか?」と千寿に言うと「MERに出動要請に応じたから我々にも要請が来たんだ!」と返されます。

 

千寿もこんなものはメンテナンス会社に連絡してだな~と大げさになってしまった今回の出動を喜多見・千寿の二人が感じていたその時、エレベーターホールに煙が漏れているぞ!と大騒ぎになります。

次の瞬間、消防のブザーが鳴り響き現場は一気に緊張感に包まれます。

 

喜多見がエレベーター内の映像を確認すると全員苦しそうに屈んでいて、エレベーター内のマイクは故障、スマホも通信が出来ず内部と連絡が取れない状況になっていました。

地下のエレベーター制御盤がある機械室で消火作業に当たっていた千寿から、煙がエレベーターワイヤーの軌道内に流れている、排煙装置はどうなっているのか?と確認された危機管理対策室でしたが、機械室の設置面積から排煙装置の設置は適用外で煙が排出されない事が判明します。

 

喜多見はこのままだと全員一酸化炭素中毒になってしまう、と千寿に言うと構造を調べて救出方法を探る!と返事がありました。

喜多見は天沼と36週の妊婦の立花彩乃のカルテを見て、MERのメンバーと無線マイクを通じて情報共有します。

どうやら天沼は仮病で入院している事、妊婦の立花は妊娠高血圧症、子宮頸管長の短縮があり明日帝王切開を予定している事が分かりました。

 

千寿はエレベーターの設計図を見て、5階のメンテナンス室からエレベーターシャフト内に入れそうなので、そこから酸素吸入器を届けつつ、1階のドアの開閉作業を急ぐように指示を出しました。

喜多見は千寿に「5階から一人づつ引き上げられないのか?」と問いますが、千寿は引き上げに時間がかかりすぎるので酸素吸入が先だ!と5階へ走り出しました。

 

エレベーター内では、皆息苦しそうで妊婦の立花は車いすから落ちて倒れてしまいます。

音羽は自分のスーツのジャケットを脱いで立花への煙除けをしようとすると、天沼から「音羽!お前、どっちが大事なんだ!」と言われ悩んだ末に「もちろん先生です」とジャケットを天沼の元へ差し出しました。

 

涼香は音羽の事を信じられない!と言う表情で睨んだ後に、立花をより煙の少ないエレベーター内の奥側へ何とか引きずって運びます。

立花は涼香に「助けて…お願い赤ちゃんだけは…助けて…」と懇願し「大丈夫です!必ず助けます!」と涼香は励まします。

 

喜多見は酸素ボンベを背負って5階からロープを使って降下しようとする千寿へ「医療セットとカルテとイヤホンマイクが入っていますのでこれを音羽先生に!」と袋を手渡します。

千寿が酸素吸入器をエレベーターの天井扉から届けると、天沼、立花、涼香がそれを使いますが、音羽は立花さんの分に取っておくので自分は付けなくていいんだ、と涼香に言いました。

 

そして喜多見から音羽へと届けられたカルテを確認すると、立花は「妊娠高血圧症・切迫早産・血圧コントロール不良」と書かれており、その間に立花はついに破水してしまったのでした。

音羽は千寿に「喜多見チーフに立花さんが破水して陣痛が来ている事を伝えて下さい!」と言います。

その場を去ろうとする千寿に天沼が「俺もつれて行け!」と天井に向かって手を伸ばしジャンプをし続けた為、3本中1本のワイヤーが損傷してしまいます。

 

危機管理対策室ではワイヤーが支えきれなくなった場合、10m下の地下三階まで落下する!と千寿に伝えます。

千寿は4人には、余計な負荷をかけると落下する危険がある、引き上げる物を持って戻ってきます!と言いました。

音羽はゴム手袋をつけて立花のお腹を確認すると「臍帯脱出」の危険があると診断し、手が離せない音羽は涼香にイヤホンマイクで喜多見にそれを伝えるように言います。

 

しかし先ほど天沼に医療セットを蹴飛ばされたのと、煙のせいでイヤホンマイクが見つからず、エレベーター内の監視カメラに向かって手話で「サイタイダッシュツ」と喜多見に伝えました。

喜多見は千寿に臍帯脱出したら帝王切開しかなく、その状態になったら10分と持ちません、俺を降ろしてください、と言います。

 

イヤホンマイクから喜多見が音羽に呼びかけ、自分が下に降りるので緊急帝王切開の準備をするように指示を出します。

しかしエレベータの外にいる病院関係者、厚労大臣は煙の中の手術は無謀だ、天沼の救助を優先すべきだ!と反論されますが、喜多見は天沼の救助が先か、立花さんの手術が先かを医師としての判断を音羽に問います。

 

すると音羽は官僚としての未来より、医師として立花さんの赤ちゃんを救う事を選びました。

天沼は怒り心頭で、音羽につかみかかりますが、オペをするので離してください!と毅然とした態度で天沼に言うのでした。

それをイヤホンマイクで聞いていたMERのメンバーと千寿、危機管理対策室の駒場と赤塚がいました。

 

音羽は立花の緊急帝王切開手術を始めますが、煙で咳き込んでしまってなかなか始められずにいると、涼香から酸素吸入器をあてがわれます。

音羽と立花に酸素吸入器を当てて自分は酸素吸入していない状態の涼香に対し「あなたが持ちません!」と音羽は断りますが「誰の妹だと思ってるんですか!?」とタンカを切る涼香に、そのまま酸素吸入器をお願いします、と頼みました。

 

しかし、涼香は音羽と妊婦の立花に吸入器を当て続け、自分は煙を吸い込み続けた為、ついに意識を失って倒れてしまいます。

音羽は倒れた涼香と立花に酸素吸入器を当てている為、両手がふさがってしまいます。

天沼にも酸素吸入器を持つのを手伝って欲しい…とお願いしますが天沼は我関せず、自分だけ酸素吸入器を吸って音羽を無視するのでした。

 

音羽も涼香と立花に酸素吸入器を当てている為、自分もどんどん意識を失いかけたその時、喜多見が助けにやってきます。

この後、喜多見が助けに現れますが、立花さんの赤ちゃんは無事に緊急帝王切開に耐えられるのでしょうか?

ぜひParaviで本編をご確認下さい。

音羽先生のかっこよさを堪能してください。

 

ネタバレの本筋からはズレますが、天沼幹事長本当最低ですね~ドラマで誇張もあるとは言え、国民の代表であり、国民の奉仕者の国会議員がここまで私利私欲で動いている事に本当殴っていいなら殴りたい!という感想を持ちました。

TOKYO MER~走る緊急救命室~5話 感想

今週は音羽先生!音羽先生!!な回だったな~という感想です。

彼は医師でありながらも医系技官という官僚の道を選んだ人で、政治家の命令には絶対逆らえない環境の中で生きているんです。

それなのに、今回は政治家の言うことは絶対服従の官僚では無く、医師として目の前の命を救う決断をした音羽先生かっこよかったな~~という感想を持ちました。

 

相変わらず喜多見先生もニコニコして、音羽先生の事は絶対的に信頼しているし、彼を医師としても尊敬している感じも凄く伝わってきてこの二人のコンビ、静と動、冷静と情熱な二人がとてもいいな~と思いながら見ていました。

 

あと1話で、喜多見先生が火事の現場で有毒ガスを吸いすぎて意識朦朧とする中、危険も顧みずに助けに来たのが音羽先生で、今回5話ではいつ落下してもおかしくないエレベーターに酸素を持って助けにきてくれたのが喜多見先生で、この対比がとってもヤバかったです。

これは1話から伏線張ってました!?とかなり興奮した~という感想です。

TOKYO MER~走る緊急救命室~5話の視聴者の口コミ・評判

 

おすすめの記事