知らなくていいこと 第8話ロケ地のラーメン屋,相田邸,野猿建設はどこ?

さらなる逆境!ドラマ「知らなくていいコト」第8話

「信じられないスクープは、私自身のことでした」政治家の不正から芸能人のスキャンダルまで、数々のスクープを世間に送り出す“週刊イースト”で、社会の真実を暴いてきた女記者・真壁ケイトが自分の真実・人生最大の「知らなくていいコト」を知ってしまう・・・主演・吉高由里子の好演でも話題の水曜ドラマ「知らなくていいコト」がさらなる展開に突入!

前話(第7話)では、週刊イースト襲撃事件が発生!まさか、ケイトが刺されるなんて・・・そして、自分の身を呈してケイトを守った尾高。ケイトと柄本佑さん演じる尾高のシーンにはドキドキさせられっぱなしというも多いのではないでしょうか。そんなケイトにさらなる逆境が襲いかかる第8話。

今回は、ドラマ「知らなくていいコト」第8話のネタバレ感想や、ロケ地情報、第9話のあらすじをご紹介します!(ネタバレを含みますので、まだ見ていない方は注意です!)

「何やってるんだ野中ーー!」第8話のネタバレあらすじと感想

第8話では、ケイトへの歪んだ感情から、ケイトの元婚約者・春樹(重岡大毅)が「ケイトの父が乃十阿徹(小林薫)である」ことを他誌にリークしてしまいます・・・。襲撃事件で腕を刺されながらも、退院早々ネタ出し会議に復帰、取材に奔走するケイト。そんな中、上層部からケイトの異動を求められた編集長・岩谷(佐々木蔵之介)は、上の要求を突っぱねるため、ケイトに大ネタの真相を追わせることにします。

それは、国会与党議員・梅沢の金庫番だった男・相田の自殺でうやむやになったワイロ疑惑。すべての罪をかぶる遺書を残して自殺した相田だが、編集長・岩谷は議員である梅沢の資金管理団体の帳簿が3ヶ月分消えたという情報をつかんでいました。梅沢の裏の顔を暴くため、ケイトは襲撃事件のトラウマを抱えながら、消えた帳簿探しに奔走しますが、相田の妻・依子(遠藤久美子)からなかなか取材を受けてもらえません。一方で、入院中の尾高(柄本佑)は、無理して仕事するケイトを心配します。そして翌日、ついに「ケイトが殺人犯である乃十阿の娘だ」という記事が他誌に掲載され、編集部は騒然となります!殺人犯の娘が週刊誌記者ということが公になり、ケイトは追う立場から追われる立場に・・・。

まずは、ダークサイドに落ちた野中。

思わず「何やってるんだ野中ーーー!」と叫んでしまいました・・・。婚約者だったケイトが殺人犯の娘であると知り、その事実を受け止められず婚約を解消。すぐに身近な同僚に言われるがまま付き合いはじめる。仕事ではケイトほど期待されることもなく、最後に注目されるのはやはりケイト・・・そんな野中。

一方ケイトは記者として仕事もでき、期待もされ、周りからの人望も厚い。野中から一方的に婚約解消され、少しは上に立ったような気もしているかも?と思いきや、結婚している元・恋人である尾高が体を張ってケイトを守るほど大切に思っている。(個人的見解を含みます)

人間としての嫉妬なのでしょうか。「俺を見ろ!」と言わんばかりの行動に出ましたね。

とくに第8話では、ジャニーズWESTの重岡さんの怪演も注目が集まっています。

そして、理想の上司・岩谷編集長!!

ケイトが殺人犯の娘であるという記事が出た後、すぐにケイトにそれが事実かどうかを確認し、事実だとわかると社内に「何も変わらない、いつも通りの仕事をすることが何よりも大切だ」と伝えます。そそして副社長からケイトを異動させるように言われてもケイトが必要だ、「ケイトの人権を無視するような記事には毅然として対抗する」と・・・なんてかっこいいんでしょう!迅速で、暖かくて、男らしい。

さらに、ケイトを守った尾高のケイトに対するタダならぬ気持ちを感じ、2人のお互いの想いを汲み取った岩谷編集長は、「自分の気持ちを大切にした方がいいんじゃないか」「キレイゴトはどうでもいい。(好きなら)ケイトらしくまっすぐな気持ちをもっていればいい」というような、背中をやさしく押してくれるような言葉・・・こんな風にまっすぐ意見を言ってくれるのも、素敵ですよね。(内容については、賛否あると思いますが・・・)こんな上司の元で働いてみたい!!

そして今回も、切なさややさしさや男らしさの溢れる尾高さん!!

ケイトを心配するその電話の感じも、退院・職場復帰して野中を追求・ぶん殴ってしまう尾高さんも、みんな素敵でした。そんな風にされたら、ケイトだって一層気持ち傾いちゃいますよね。。これからこの2人がどうなっていくのか、目が離せません。

知らなくていいこと 第8話ロケ地のラーメン屋、副社長室、野猿建設はどこ!

『地鶏水炊きラーメン とりまじん』:ソライロ食堂(池袋・要町)

第8話でケイトが、いきつけのラーメン屋がコンビニのスープを使って偽装をしているというネタを掴み、そのラーメン屋へ取材に行くシーンが。遅れてラーメン屋に到着した福西(渕野右登)が、「ぼく、ラーメン嫌いなんで」とケイトに言うもスルーされていたのは、なかなか面白かったですね(笑)。そんなラーメン屋『地鶏水炊きラーメン とりじまん』は、「ソライロ食堂」というラーメン屋さんで撮影されたようです。女性が1人でも気軽に入れるラーメン屋がコンセプトで、麺スープトッピング全てに野菜を使用した「ベジソバ」 や、ベジタリアン向け「ヴィーガンラーメン」、 小麦アレルギーの方向け「グルテンフリーラーメン」などを日本でいち早くメニューに取り入れたそうです。

かなり気になります!行ってみたい。

・副社長室:綾瀬市市役所内の応接室(綾瀬)

編集長・岩谷が副社長・石森と話していた部屋。

・相田邸:みずほ台ハウススタジオ(埼玉 富士見市)

ケイトが相田の妻・依子(遠藤久美子)に会いに行った相田の自宅。

・野猿建設:田代建設(静岡県駿東郡

ケイトが依子の実家の両親に話を聞きに行った野猿建設。

・尾高と乃十阿徹が歩いた場所:新宿ビルディング付近(新宿)

第8話の最後、週刊誌の記事によって追われていると思われる乃十阿は尾高に会いに来ます。そして、このあと尾高は自身のスタジオに乃十阿を匿います。

・東源出版のビル:日証館ビル

毎度おなじみですが、ケイトが勤める東源出版のビルは、日証館ビル。他のドラマでもロケ地として使用されたことのある、かなり雰囲気のあるビルです。第8話では、記事で自宅を追跡され危険を感じたケイトが東源出版に寝泊まりする設定だったので、とくに映ることが多かったですね。

知らなくていいこと 第9話のあらすじを紹介

第9話では、副社長から手記を書かせるように圧をかけられた、岩谷編集長から手記を書かないか打診を受けたケイトが、悩みながらも返事を保留に。尾高は、再び追われる身になった乃十阿を連れ出し、自分のスタジオに身を寄せないかと持ちかけます。

そんな中、ケイトはテレビの大食い番組のヤラセ疑惑を追うことになります。タレコミをしてきた大食いの素人チャレンジャー・小滝こたき(小林きな子)によると、美人大食いタレント・新谷マリアに運ばれる料理だけ、容器が上げ底になっていたという。ケイトはテレビ局のコネを駆使して大食い選手権の決勝戦が行われるスタジオの見学へ。なかなか証拠がつかめない中、女性プロデューサー・加賀田と新谷マリアの事務所社長との関係に目をつ、後輩の福西に、番組AD・荒牧あらまき(三船海斗)に張り付くよう指示します。そしてその夜、ケイトの自宅に野中春樹が現れます!!!!野中春樹はぐちゃぐちゃになった心のうちを突然ケイトに大放出……!翌日、ケイトは編集部に現れた尾高から乃十阿がスタジオにいることを聞きます。「話すなら今しかない」という尾高の助言に、ケイトは背中を押されついに乃十阿がケイトと向き合います!

「殺人犯の娘じゃないってこと?」30年前の事件の真相がいよいよ明らかに……!?

野中春樹の行動も目が離せなそうですよね・・・!

日テレ系ドラマ「知らなくていいコト」は、水曜よる10時スタート。次回も見逃せません!

おすすめの記事