2019年紅白歌合戦の総合司会に内村光良のパートナーとして
選ばれたのは“わくまゆ”こと和久田麻由子アナウンサーです。

音楽番組の司会というイメージはないですが、

今年の天皇即位に関する番組ではキャスターとして番組を
完ぺきにこなすなどNHKのアナウンサーとして確固たる地位を築いています。

今はなにかとスキャンダルには気をつけないといけない時代ですが、
彼女は箱根駅伝出場経験がある商社マンと2019年に結婚しており、
マイナスの報道が出る可能性も低く、
安心して見られるアナウンサーです。

きっと、2019年の紅白の総合司会もしっかり
やり遂げてくれるのではないかと期待しています。

初の紅白の総合司会をつとめる
和久田麻由子アナの経歴と出演番組について調べてみました。

和久田麻由子アナの経歴と現在出演している番組とは?

ネット上では「わくまゆ」と呼ばれて親しまれている
彼女は非常に輝かしい経歴の持ち主です。

神奈川県出身の和久田アナ、2歳から5歳まで
両親の仕事の関係でアメリカで暮らしていました。

そこで英語の基礎を身につけたのか
名門の女子学院中学校・高校では英語の演劇部に所属し、
そして大学は東京大学経済学部に入学します。

才色兼備とは彼女のような人のことを言うのでしょうね。

大学では男子ラクロス部のマネージャー兼トレーナー
だったとのことですが、

こんなマネージャーがいたら彼女のために
必死で頑張る男性部員も多くいたのではないでしょうか。

そして大学卒業後はNHKに入局。

NHKの場合、アナウンサーは最初の数年間は地方に勤務して、
そこで実績を積んで人気が出たアナウンサーが東京に
異動になるのが通例となっています。

和久田アナも最初は岡山放送局に配属されていました。

新人ながらも落ち着きもあり、実力が伴っていた和久田アナは
たったの3年で東京に異動となります。

通常は地方を2か所以上、4~5年経験してから東京に
異動になることを考えるとまさに異例です。

こんなことからもNHKのエース候補であり、
期待されていることが分かりますね!

そして東京に異動後の最初の仕事は

土日の朝のニュース番組「おはよう日本」でした。

そこでもしっかり仕事をこなした和久田アナはたった1年で、
今度は同じ「おはよう日本の平日の朝のキャスターに抜擢されるのです。

今現在は、「おはよう日本」以外に
「ダーウィンが来た!生きもの新伝説」 のナレーションをされています。

和久田アナの結婚相手は誰?

2019年の3月、30歳で和久田アナは結婚しました。

一般男性という発表でしたが、何をやっても
完ぺきな彼女を射止めたのはどんな人なのでしょうか?

今は商社に勤める一般男性ですが、

実はお正月の風物詩、箱根駅伝の選手だったということが判明しています。

しかも当時『山の神』と呼ばれた柏原竜二と山登りの
5区でデッドヒートを繰り広げた猪俣英希さんだったのです。

高校時代から駅伝をやっていた猪俣さんは、
高校駅伝を引退してから必死に勉強し、
早稲田大学に入学、競争部に入部しました。

十分すごいのですが、周りの実力に最初は
追いつくことができなかったそうです。

早稲田大学といえば、箱根駅伝にも
毎年のように出場する名門校ですし、

全国各地から有望選手が集まってくるので、
練習についていくだけでも大変だったと思います。

そんな中、猪俣さんは努力し続け、4年生でやっと初めて
箱根駅伝のメンバーに選ばれるのです。

そこで対決することになったのが山の神こと柏原竜二でした。

先にタスキを受け取ったものの、柏原に追い越されてしまいます。

ですが、そこから必死でくらいつき、あまり差を開けられることなく、
5区を走り切りました。

猪俣さんのその頑張りもあって、その年、早稲田大学は優勝しました。

そんな努力家の猪俣さん、
現在は三菱商事で働いているようです。

船舶関係の仕事をされているようですが、
和久田アナに負けずエリートですね。

海外への転勤もありそうなお仕事ですが・・・

そうなった場合、和久田アナはどうされるのか、
勝手に心配してしまいます。

紅白歌合戦の初の総合司会に向けて

内村光良とともに総合司会をつとめることが発表になった日、
和久田アナは

「内村さん、紅組司会の綾瀬(はるか)さん、
白組司会の櫻井(翔)さんとともに、
目いっぱい番組を盛り上げていきたいと思います」と挨拶しました。

クールビューティーなイメージがありますが、
同僚の間では気さくで打ち解けやすい人柄とのこと。

ラクロス部のマネージャーをやっていたり、元駅伝選手と
結婚するくらいなので、スポーツにも興味がある活発な女性でもあると思います。

音楽番組は担当していないことから、

ウッチャンをはじめ、他の出演者の方との交流はなさそうですが、
紅白出場者の発表会見では彼女が司会をつとめ、
初出場者の紹介などつつがなく進行を行いました。

そんな和久田さんなら総合司会というプレッシャーを力に変えて、
楽しい時間を届けてくれるのではないかと思います。

おすすめの記事