第9話では、ミハンの法制化に向けて警察の上層部との架け橋になっていた香坂(水野美紀)が殺されてしまいました。井沢(沢村一樹)と良いコンビになり、強い絆で結ばれようとしていた矢先の香坂の死は、井沢を深く傷つけます。

家族を失った悲しみと恨みを抱き続ける井沢にとって、香坂の死はどんな影響を与えるのか・・・我を忘れて犯罪に走ってしまうことだけは避けてほしいと視聴者は誰もが願っていたことでしょう。

第10話は、香坂を自分の目の前で亡くしてしまう井沢の姿から始まりました。

『絶対零度』第10話のネタバレ!

東京サミットを狙ったテロは防げましたが、香坂は亡くなってしまい、井沢はテロに絡んでいた曽根崎(浜田学)の元に向かいます。井沢が何をしてしまうか分からないと感じた山内(横山裕)は、井沢に拳銃を向けて止めようとしますが、その前に井沢を撃とうとしていたのは、門田(粗品/霜降り明星)でした。

曽根崎は、テロを起こしたのは香坂で、門田には井沢を殺すように指示していたのです。曽根崎は取り調べを受けますが、テロへの関与を否定、上層部も香坂の責任として事件を片付け、ミハンも解体することを提案します。

解体まで少しだけ猶予をもらったミハンのメンバーですが、それぞれに取り調べを受けます。香坂がテロを起こしたのではないことを証明するために、ミハンチームは真犯人を探す決意をします。

そんな時、小田切(本田翼)の彼氏である篠田(高杉真宙)が銃撃されるという事件が起こりました。篠田が撮っていた写真から、小田切の写真にはクラッカーの諏訪樹生(松尾諭)が映り込んでおり、そのつながりを調べ始めます。

そして、ミハンルームでは加賀美(柄本明)が抱えている秘密を話し始めます。それは香坂の父親が起こした26年前の事件の真実でした。

加賀美は事件の起こった時、香坂の弟、歩を毒ガス事件から救い出していました。その後も時間を見つけては歩に会いに行っていたのですが、殺人犯の息子ということで常に彼はイジメの標的になってしまって、心を閉ざすようになっていったというのです。

そんな歩に加賀美はミハンの元になったプログラムの存在を明かします。その数日後、そのプログラムは盗まれ、歩は姿を消しました。ミハンチームが諏訪の元を訪れると、諏訪は既に殺されていて・・・。ミハンが気づいた真実、それは、篠田が歩であったという衝撃の事実でした。

『絶対零度』第10話のロケ地情報!

10話では、曽根崎の指示で動いていた門田を吉岡(森永悠希)が逮捕します。

井沢を追いかける門田をトンネルの出口で待ち受けていたのですが、このトンネルは、神奈川県横浜市南区清水ケ丘76番 大原随道のトンネルです。

吉岡は、同期の門田が不審な動きをしていたことに気づいていたものの、いつの間にか井沢を射殺しようとするまでに追い詰められていたことに、ここでやっと気づきます。キャリアとしての道を歩むために上司の指示に従わざるをえなかった門田は、あまり良い人として描かれていませんが、今回は彼の辛さが手に取るように分かりました。

また井沢たちが諏訪の遺体を見つけた倉庫は、埼玉県川口市柳根町26番の川口真空本社工場です。


諏訪が大きなカギを握っていると駆け付けたのですが、ここで真犯人が篠田であることに気づいてしまいます。

小田切にとっては、やっと心を許せる異性と付き合うことになったのに、その人に裏切られてしまうという最悪の結末になってしまいました。深い闇を抱える彼女だからこそ、幸せになってほしいと思っていたので、ドラマの最後には何か希望が見えるような展開になることを望んでしまいます。

『絶対零度』最終回のあらすじ

篠田が真犯人だと気づいたとき、ミハンシステムは加賀美を危険人物として検知しました。加賀美は篠田(歩)の暴走を止めるのは自分しかいないと思い続けており、そのためにミハンに志願していたのでした。

拳銃を持って篠田が入院している病院に向かう加賀美、それを止めるために井沢と吉岡も病院に向かいます。

山内は、諏訪が篠田を殺そうとしたものの逆に刺殺されてしまったこと、小田切の骨伝導ベルトに盗聴器が仕掛けられていたこと、香坂を殺したのは篠田であることを、捜査一課の早川(マギー)から聞きます。篠田がまだ爆弾を所持していることを知ったミハンチームは、この事件を終わらせるために動き始めます。

『絶対零度』第10話の感想

もしかしたらと思っていた篠田が真犯人でした。小田切がやっと恋愛をしようという気持ちになった相手だったので、真犯人が分かって良かったというより、小田切が可哀想という気持ちの方が強く沸いてしまいました。

ただ篠田も殺人犯の息子として、常にイジメられた子ども時代を送ってきたことを思えば、間違った方向へ暴走してしまうのも理解できます。

『絶対零度』を見ていると、自身が被害者であったり、被害者家族であったりする場合、どのように生きていけばいいのか、難しい問題だなと感じます。

それぞれが辛い過去を背負っているミハンチームだからこそ、明るい未来が待っていてほしいと強く思います。

おすすめの記事