ついに最終話!ドラマ「知らなくていいコト」第10話(最終話)

「信じられないスクープは、私自身のことでした」政治家の不正から芸能人のスキャンダルまで、数々のスクープを世間に送り出す“週刊イースト”で、社会の真実を暴いてきた女記者・真壁ケイトが自分の真実・人生最大の「知らなくていいコト」を知ってしまう・・・主演・吉高由里子の好演でも話題の水曜ドラマ「知らなくていいコト」、ついに最終回を迎えます。

前話(第9話)では、週刊イースト編集長の岩谷から「乃十阿との関係についての手記」を書く打診を受けたケイトは、悩みながらも返事を保留にします。一方で尾高は、記者に家まで追われていた乃十阿を自分のスタジオにかくまい、ケイトと引き合わせます。やっと顔を合わせ話すことができますが、やはりケイトを娘とは認めない乃十阿。しかし、当時の弁護士が「乃十阿は幼かった息子の罪をかぶった可能性が高い」と証言します・・・

今回は、ドラマ「知らなくていいコト」最終回・第10話のネタバレ感想や、ロケ地情報をご紹介します。(ネタバレを含みますので、まだ見ていない方は注意です!)

愛する誰かを守るため「知らなくていいこと」がある。最終回・第10話のネタバレあらすじと感想

第10話では、30年前乃十阿が幼い自分の息子をかばい、罪をかぶった可能性を聞いたケイトが、乃十阿の息子が住むドイツへ向かいます。ケイトの暴走を知った尾高は、心配し、当時3歳だった息子に事件の真相を聞いても無駄だと止めようとします…ケイトは、乃十阿の息子をかばう気持ちを理解しているような尾高に、複雑な思いを抱きます。

そんな中、帰国したケイトを待っていた編集長・岩谷は、ケイトに再び事件の真相について手記を書くように迫るのでした。乃十阿が人生をかけて守ろうとした秘密を暴き、その息子の人生を狂わせる記事を発表することに抵抗するケイト。岩谷は「ケイトがイヤなら俺が書く」と編集部の選抜メンバーで30年前の事件の裏取りに動き出します!自分抜きで進む事件の真相解明を、複雑な思いで見守るケイト……。数日後、会議室に呼ばれたケイトは、「岩谷班」が集めた新しい証拠と共に、母・杏南(秋吉久美子)と自分の存在が、事件に無関係ではなかったと思わせる証言について聞くことになります。

事件の真相は、乃十阿の3歳の息子がキャンプ場で「ハリヒメソウ(毒草)」を飲料タンクの中へ…ハーブティにように「水に草を入れることはよいことだ」と思っていた息子の行動を、乃十阿がかばっていたのでした。乃十阿の元妻はすでに再婚し、乃十阿については知らないと何も答えなかったものの、周囲の聞き込みから、当時、その元妻が夫の浮気を疑い友人に相談していたという事実が発覚。ストレスから幼かった子供にあたることもあったといいます。そして、殺人事件が起きたキャンプ場にいた人の写真の中に、乃十阿の息子らしき子供が飲料タンクに手を伸ばしているものが見つかるなど、新しい状況証拠がいくつも見つかったのでした。。。

「30年前の殺人事件に私や母も無関係ではなかった…」記者として人として、この記事を書くことに揺れるケイト。尾高から「話したいことがある」とスタジオに呼ばれます。先の見えない2人。尾高は記事を書くことをケイトに勧めます。ケイトには使命があり、自分のように諦めないでほしいと。そして、命を削って真実を追い続けるケイトを少しでも支えたいと思っており、「もう離れたくない、結婚しよう」と伝えます。ケイトも「尾高さんが好き」と伝えますが、選んだのは別々の未来。。尾高が子供の罪をかぶった乃十阿の気持ちに共感したことに気付き、自分より子供との未来を選ぶ尾高であってほしいと望みます。

ケイトは乃十阿と事件について記事を書くことに決めます。しかし、週刊誌発売直前、世間の悪印象を懸念したイースト社社長によって、記事はお蔵入りになってしまうのでした・・・。

無実ながら、息子のために罪をかぶり、そして永遠に沈黙を選んだケイトの父・乃十阿。最後までケイトを娘だと認めず、それはケイトのことも守ることにつながったのではないか。知らずに罪を犯した乃十阿の息子を、そしてケイトを・・・大切な誰かを守るため、時には「知らなくていいこと」がある。

知らなくていいこと第10話(最終回)のロケ地情報!

ロケ地を紹介します!

・ドイツの街並み:高輪プリンセスガルテン(港区・高輪)

第10話で乃十阿徹の息子がピアニストでドイツにいると分かり、ケイトはドイツに渡りました。実際はドイツではなく、港区にある高輪プリンセスガルテン。同時期放送のドラマ「シロクロパンダ」でも使用されています。

・尾高がケイトの帰国を待っていた空港:テレコムセンタービル(江東区・青海)

突然ドイツに渡ったケイトを心配した尾高が、ケイトの帰国を待っていた空港は、青海にあるテレコムセンタービルです。尾高のケイトへの愛情を感じられたシーンでした。お台場の近くです。

・野中が亀に話しかけていた店:パウパウアクアガーデン(中央区・銀座)

ケイトとの別れが受け入れきれない野中春樹は、会社を休むようになりました。そして様子がおかしくなっていく野中。そんな野中が謎の歌を歌いながら、亀や熱帯魚を見つめ、独り言ちていたお店は、銀座にある「パウパウアクアガーデン」です。

・尾高の仕事場・スタジオ:Cafe Soul Tree(世田谷区)

第10話では、尾高がケイトに「結婚しよう」と伝えた胸キュンなシーンがありましたね。尾高の作業場であるスタジオは、世田谷にある「Cafe Soul Tree」。1階はカフェレストラン、2階は貸スタジオとして運営されていて、ピッツァや自家製ソーセージ、チョリソーなど多種類の肉料理がいただけるそうです!

・乃十阿徹が自転車修理をしている場所:大原漁港(千葉・いすみ市)

20年の服役を終え、出所した乃十阿徹が自転車修理をやっていた場所は、千葉のいすみ市にある大原漁港です。第10話の後半、ケイトが事件の真相にたどりつき、真実をまとめた記事を父である乃十阿に渡し読むシーンは印象的でしたね。

・東源出版のビル:日証館ビル(中央区・日本橋)

ケイトが勤める東源出版のビルは、日本橋にある日証館ビルです。出版社のあるビルなので、比較的よく見ますね。ほかのドラマでもロケ地として使用されることのある、雰囲気のあるビルです。

感想「二人は運命だと思ったのに」きっとどこかで幸せに!

自分の父親が殺人犯であることを知り、その事件の事実にたどりついた主人公・ケイト。タイトルでもある「知らなくていいこと」は、まさに自分のことでした。

ついに終わってしまいましたね。
結局ケイトは、尾高と一緒になる未来を手放し、尾高が自分の息子を大切にしていくことを選びました。岩谷編集長と同じように「二人は運命」だと思いましたよね。。きっといつか2人が幸せになっていると信じたい!
次のクールも見応えのあるドラマに期待したいと思います。お読みいただきありがとうございました!

おすすめの記事