2019年M-1グランプリのファイナリスト『からし蓮根』

2015年からM-1グランプリに挑戦しはじめた彼らは、
2017年・2018年は準決勝で敗退してしまったのですが
2019年はM-1決勝の舞台に立つことになりました。

からし蓮根の二人は最近めきめきと頭角を現してきたコンビ芸人ですが、

奥さんが元社長である杉本青空
2019年ブサイクランキング9位の伊織という異色の二人です。

この二人は一体どんな芸人なのでしょうか?

二人のことを知っておけば、きっと
2019年M-1がより一層楽しめることでしょう。

からし蓮根のプロフィール

 

主にコント漫才を芸風としている二人のキャッチコピーは

「火の国・熊本が生んだ独特のマンザイズム」

淡々としながらも予想外のボケに対する熊本訛りのツッコミが特徴です。

嫁(奥さん)が元社長という見事な逆玉の輿にのった
杉本青空(すぎもと そら)はツッコミ担当です。

中学校では吹奏楽部に所属していたことから、サックスが吹けるそうです。

サックスってトランペットほど目立つ楽器ではないものの、
音がオシャレでかっこいいですよね!

高校では放送部に入部しており、コンクールの入賞経験もあります。

女性と話すのは得意ではないという杉本ですが、
美容サロンの社長をしていた今の嫁と2017年に結婚。

2019年には第一子を授かっています。

杉本青空の嫁は結婚を機に社長業を辞めたとのことですが、
今現在がまったく無収入の専業主婦なのか、
オーナーとして経営にかかわったりしているのかは不明です。

2016年当時、杉本青空の嫁はまだ26歳。
月収300万円程度稼いでいたという噂まであるので
相当なやり手だったんだと思います。

そんな奥さんが今何もやっていないとは考えにくいので、
働いていなくても次なる事業を考えているのかもしれません。

奥さんはもちろん、そんな方と結婚できる杉本さんも素晴らしい魅力の持ち主なんでしょうね!

対して、からし蓮根のボケ担当は伊織(いおり 本名:松本伊織)です。

身長187㎝、体重85㎏というがっちりした体型をしている
伊織は高校時代、ラグビー部に所属していました。

ラグビーといえば、2019年ワールドカップでラグビー日本代表は
一躍時の人になっていますね。

優しくて力持ち、そんなラガーマンだったのです。

大きな体をしていますが、

ピアノが弾けたりケーキを焼くのが趣味という一面も
伊織もおもしろい経歴の持ち主ですね!

この伊織が今注目を浴びています。

伊織は2019年よしもとブサイクランキング9位


理由は18日に発表された2019年よしもとブサイクランキング。

嬉しいことなのか分かりませんが、
伊織はブサイクランキングで9位に入ったのです。

男前ランキングに入る方が嬉しいことですが、
こういったランキングに名前が
挙がってくるというのは、知名度がある証拠ですよね!

ちなみに

ブサイクランキング1位は、早く殿堂入りしないと
1位をキープし続けそうなアインシュタインの稲田

2位にはEXITのりんたろー。

3位はキングコングの梶原など、

お笑いの好きな人であればみんなが知っている
芸人の名前が挙がってきています。

NON STYLEの井上やミキの昴生もランキング入りしている中、
伊織の名前があるのはすごいことだと思います。

からし蓮根の経歴

高校の同級生となったことで知り合った二人、

高校時代はダイエーのボイラー室の前でネタ合わせをしていたそうです。

そして、2009年にはハイスクールマンザイ2009 南九州地区大会で優勝を飾ります。

高校卒業後は杉本は関西国際大学へ、

伊織は履正社医療スポーツ専門学校へ

と違う道へ進むのですが、大阪NSCに入ります。
同期のネタバトルでも1位を獲得し、
まだ20代半ばの新人ながら、

なんばグランド花月の出番も勝ち取っている、若手の注目株。

今年の3月には読売テレビの「第8回ytv漫才新人賞決定戦」で優勝。

その時に審査員をしていたナイツ塙やNON STYLE石田から
注目コンビとして名前を挙げられたこともあり、
徐々に関西のテレビの出演本数が増えていきました。

でも、

勢いにのっていた7月の朝日放送「第40回ABCお笑いグランプリ」
では予選敗退してしまいます。

調子に乗ってしまっていた、努力を怠っていたということに
そこで気づき、初心に戻って2019年M-1の予選に挑みました。

その結果、見事に決勝進出を果たすのです。

一度自分たちのことを振り返ることができたからこその
2019年M-1のファイナリストだったんですね。

2019年M-1でからし蓮根は優勝できるのか!?

 

今年のM-1で優勝候補とされているのは、
実力も知名度もとびぬけている、かまいたちです。

キングオブコントでも優勝していますし、強敵ですよね。

しかも、倒さなければいけないのはファイナリストに
残っている9組だけではありません。

M-1グランプリ3年連続準優勝の和牛、
決勝常連のミキがファイナリストになっておらず
敗者復活枠からの優勝を虎視眈々と狙っているのです。

去年の霜降り明星のような勢いで優勝までいって
しまうこともありますし、

何が起こるかわからないM-1グランプリ、

今年はどんな戦いになるのでしょうか?

からし蓮根の二人の活躍は熊本の人たちを
元気にすることでもあるので、ぜひ頑張ってもらいたいと思います。

 

 

おすすめの記事