半沢直樹2、銀行内の私利私欲にまみれた人間関係の中で本当に信頼できる仲間と共に、さまざまな難関に立ち向かっていく姿、きっと半沢がどうにかしてくれると思いながらもハラハラしながら楽しませてくれていますよね!

半沢直樹と言えば、主人公・半沢直樹を演じる堺雅人さんの圧巻の演技は言うまでもありませんが、一つ一つの言動に注目されているのが香川照之さん演じる大和田常務。

半沢直樹1では、半沢の因縁の相手として登場し、最後には半沢に土下座をさせられるという人生一番の屈辱を味わいました。大和田常務も半沢のことを憎んでいましたが、伊佐山部長や三笠副頭取を失脚させるために、半沢と手を組むというまさかの展開が起こりました。

そして半沢の今の仕事『帝国航空の再建』を任せるよう頭取に進言したのも大和田常務。大和田常務は半沢の敵なのか、味方なのか・・・?とにかく目が離せません。

半沢直樹2 大和田常務は敵か味方か?

半沢直樹は池井戸潤さん原作の大人気シリーズです。

今回は『ロスジェネの逆襲』と『銀翼のイカロス』が描かれるのですが、この中に大和田常務は出てきません。ということは原作とは少し違う展開が予想されますよね!

大和田常務の推薦という形で帝国航空の再建に取り組むことになった半沢。

多額の融資をしている帝国航空は国の支援も受けており、さまざまな問題に真剣に取り組むことなく赤字を増やしていました。帝国航空の再建に取り組むべく、会社内の調査を行っている時に発表されたのが、新内閣に国土交通大臣として入閣した白井議員の帝国航空債権放棄案。

白井大臣としては若くして入閣し、実績を残したいという想いと、裏にいる大物政治家・箕部の思惑、それらによって帝国航空が債権放棄を了承してしまうと、半沢のいる東京中央銀行は500億もの損害を被ってしまうのです。

政府の政策を受け入れる訳にはいかない半沢。

これからは政府という実態の見えにくい相手と戦うことになるのですが、銀行内にも裏切り者はいるようで・・・。

第6話では、政府主導のもと黒崎(片岡愛之助)が銀行にヒアリングに襲来します。そこで発見されたのが書類上の不備であり、東京中央銀行が提出した書類と帝国航空が提出した書類の数字が違うというもの。もしそれが現実であれば銀行は業務停止命令を受けるレベルの大問題。

そこで自身の出世のために帝国航空の財務部長・山久(石黒健)をだましたのが曾根崎雄也(佃典彦)でした。曾根崎の行動に不信感を抱き、山久と共に真実を暴く半沢。半沢は頭取の前で曾根崎の行ったことを暴露するのです。

ただ、曾根崎が自分の意思だけでそれだけの大きなことをやらかしたとは思えず、バックには取締役の誰かがいるのだろうと推測します。そこで名前が挙がるのが大和田常務と紀本常務(段田安則)。

曾根崎は誰の指示で行ったのか言わないまま引き下がりましたが・・・いったいどちらなのでしょう?今までの因縁を考えれば大和田常務なのでしょうか?

政府と繋がっている裏切り者は紀本常務(段田安則)?

大和田常務と半沢との関係を考えれば、半沢を今度こそ陥れるために大和田常務が裏切っていると考えるのが妥当かもしれません。実際、大和田常務は含みを持った表情を常に浮かべています。

が、紀本常務もかなりの怪しさ・・・。

曾根崎が銀行を裏切ろうとした時、紀本常務は
「今回の一件、本当に帝国航空側のミスなんだろうね?」
と確認するのですが、曾根崎は心の中で
「なんて言えばいいんだよ…何もかも“あなた”の指示でやったのに…」
と漏らします。

そこでカメラが映し出すのは大和田常務と紀本常務の2人。

“あなた”がどちらの人物なのかは分からないままです。

ただ第6話の最後で半沢が宣言します。
「この銀行に潜む、とんでもない“裏切り者”をあぶり出す!」

第7話では、金融庁から業務改善命令が出たことにより東京中央銀行への世間の目が厳しくなるなら、東京中央銀行の動きが政府に筒抜けになっていることが判明。そこにも東京中央銀行内の裏切り者が関与しているのでした。その裏切り者は、大和田なのか、紀本なのか・・・?

紀本常務の怪しさが回と追うごとに深まってきているので紀本常務が裏切り者なのか、やはり大和田常務なのか、大和田常務が怪しいと見せかけて紀本常務なのか、SNS上でも感想や予測のコメントが相次いでいます。

物語上、半沢が負けることはないでしょうが、裏切り者が誰なのか、その裏切り者をどうやって追い詰めていくのか、決してあきらめない半沢の姿がとても楽しみです。今回は相手が政府ということで今まで以上に手ごわいと思いますが、手ごわい相手だからこそ、視聴者としては期待度が増しますよね!

再び大和田常務が頭を下げるのか、それとも半沢と大和田とが握手をするのか、違う展開になるのか、楽しみですね!!

おすすめの記事