九州に実在する最恐の心霊スポット・旧犬鳴トンネルと、そのトンネルを抜けた先にあると言われている伝説の”犬鳴村”。

嘘と真実が入り混じる都市伝説をモチーフにした映画「犬鳴村」の撮影はいったいどこで行われたのでしょうか?

気になるロケ地について調べてみました!

映画「犬鳴村」あらすじ

臨床心理士の森田奏の周りで突如、奇妙な出来事が起こり始める。
「わんこがねぇやに ふたしちゃろ~♪」
奇妙なわらべ歌を口ずさみ、おかしくなった女性、行方不明になった兄弟、そして繰り返される不可解な変死…。

それらの共通点は心霊スポット【犬鳴トンネル】だった。

「トンネルを抜けた先に村があって、そこで××を見た…」突然死した女性が死の直前に残したこの言葉は、一体どんな意味なのか?全ての謎を突き止めるため、奏は犬鳴トンネルに向かう。しかしその先には、決して踏み込んではいけない、驚愕の真相があった…!

映画「犬鳴村」キャスト

公式サイトより引用
森田 奏:三吉 彩花
森田 悠真:坂東 龍汰
西田 明菜:大谷 凜香
成宮 健司:古川 毅
籠井 摩耶:宮野 陽名
山野辺:寺田 農
中村 隼人:石橋 蓮司
森田 晃:高嶋 政伸
森田 綾乃:高島 礼子
森田 康太:海津 陽
優子:奥菜 恵
圭祐:須賀 貴匡
遼太郎:笹本 旭

犬鳴村伝説

「旧犬鳴トンネル近くに、法治が及ばない恐ろしい集落『犬鳴村』があり、そこに立ち入ったものは生きては戻れない」という都市伝説。

この都市伝説に関しては諸説あるが、概ね以下の内容である。

トンネルの前に「白のセダンは迂回してください」という看板が立てられている。

日本の行政記録や地図から完全に抹消されている。

村の入り口に「この先、日本国憲法は適用しません」という看板がある。

江戸時代以前より、激しい差別を受けてきたため、村人は外部との交流を一切拒み、自給自足の生活をしている。近親交配が続いているとされる場合もある。

入り口から少し進んだところに広場があり、ボロボロのセダンが置いてある。またその先にある小屋には、骸が山積みにされている。

旧道の犬鳴トンネルには柵があり、乗り越えたところに紐と缶の仕掛けが施されていて、引っ掛かると大きな音が鳴り、斧を持った村人が駆けつける。「村人は異常に足が速い」と続く場合もある。

全てのメーカーの携帯電話が「圏外」となり使用不能となる。また近くのコンビニエンスストアにある公衆電話は警察に通じない。

若いカップルが面白半分で犬鳴村に入り、惨殺された。wikipedia犬鳴村伝説より引用

 

映画「犬鳴村」のロケ地

旧犬鳴トンネルのロケ地

福岡県宮若市にあるトンネルで正式名称は犬鳴隧道(いぬなきずいどう)。

不法投棄や暴走族の溜まり場となったりするなどの問題が発生したことから封鎖されているため撮影は出来ません。その代わりで撮影に使われたのが東京都青梅市黒沢と成木との境にまたがる吹上峠に設けられた吹上トンネル(ふきあげトンネル)でした。

住所:東京都青梅市黒沢2丁目

新吹上トンネル、吹上トンネル(旧吹上トンネル)、旧・吹上隧道(古吹上トンネル)の3トンネルが三段重ねで存在するトンネル群で、現在は自動車が通行できるのは新吹上トンネルのみです。代わりといってもこちらも東京都内で有名な心霊スポットです。

撮影は旧吹上トンネルで行われました。

旧吹上トンネルにまつわる都市伝説

トンネルの真ん中で車のヘッドライトを消してクラクションを3回鳴らし、無灯火のままゆっくりトンネルを進むと、鏡が割れてなくなったカーブミラーに白い女の人が映る。

犬鳴村のロケ地

犬鳴村の場所・存在については都市伝説の為、諸説ありますが映画「犬鳴村」では旧犬鳴トンネルを抜けた先にあるとされています。

犬鳴村があったとされている犬鳴ダムの場所

かつては犬鳴地区に犬鳴谷村(いぬなきだにむら)という村があり、これが映画「犬鳴村」のモデルではないかと言われています。しかし現在は犬鳴ダム建設によって、犬鳴谷村のほとんどがダムの底に沈んでいるため日本地図上でその痕跡は残っていません。

住所:福岡県宮若市犬鳴72

実際のロケ地

モデルとなった村は存在しない(?)ので、

岐阜県本巣市根尾越波(おっぱ)の集落でロケ撮影が行われました。

伝説の犬鳴村に見立てるのには最適な築100年を超える木造家屋などがあるため雰囲気はバッチリでしょう。

越波は、福井県境にある山深い集落だ。

昭和の時代に住民が集団離村し、現在は高齢男性2人が住民登録するのみ。冬は積雪で道路が通行止めになるため、無人集落となる。それでも、春の雪解けとともに古里に"通い"、家屋の手入れをしたり、山菜採りや畑仕事をしたりして過ごす元住民はいる。

岐阜新聞より一部抜粋して引用

住所:岐阜県本巣市根尾越波

鉄塔のシーン

西武鉄道池袋線・飯能駅から車で10分ほど走らせた先の、民家を挟んだ1本道の間でそびえ立つ鉄塔がこのシーンの撮影に使われました。もともとここには火事の発見と警鐘を目的とした火の見やぐらがあったそうですが、現在は通信会社が管理する鉄塔に建て替えられたそうです。

住所:埼玉県飯能市内

呪われた電話ボックスのシーン

犬鳴村に行くための重要な鍵となる“呪われた電話ボックス”が設置されていたのは浦山大橋です。浦山大橋は、浦山川を渡る橋です。浦山ダムから浦山川を道なりに5分ほど進んだ先にあります。“呪われた電話ボックス”は、河川の名前が書かれた岩の左脇に設置されていました。

映画「犬鳴村」では橋をそれた脇道の先に旧犬鳴トンネルがある設定ですが、この道は現在通行止めとなっています。浦山大橋は過去に心霊スポットを見つけるためにドライブしていた若者が崖から転落、死傷した事故現場でもあるそうです。

浦山ダムも犬鳴ダム同様、かつて存在していた集落がダムの底に沈んでいるそうです。

ここは桜の名所ですが自殺の名所にもなってしまっているそうで、ダムの入口には命の大切さを説く標語も掲出されています。

特にダムの左岸に位置する公衆トイレの女子トイレ個室は有名な心霊スポットです。

住所:埼玉県秩父市荒川久那4041(浦山ダム)

おすすめの記事