あの頃、君を追いかけた【9tsu/Pandora他】動画配信サイトで無料フル視聴する方法

あの頃、君を追いかけた【U-NEXT】動画配信サイトで無料フル視聴する方法

あの頃、君を追いかけたは、動画配信数ナンバー1の「U-NEXT」でフル動画を配信中です!

U-NEXT公式ホームページはこちら

解約はいつでも簡単!無料期間中に解約しても月額料金は発生しません!

▼U-NEXT 7つのオススメポイント!

1.洋画、邦画、海外ドラマ、韓流・アジアドラマ・
国内ドラマ、アニメの主要6ジャンル総数で
「見放題作品数No.1」を獲得。
21万本以上の作品が満載です!

2.PC、テレビ、スマートフォン、タブレットに対応!

3.驚きの高画質!お家でも、外出先でも、迫力の映像が楽しめます!

4.無料お試し期間が終わっても、全てのコンテンツが、
月額2,189円(税込)で見放題!(1日あたり約73円!)
さらに、毎月1200ポイント付与されてお得!

5.70誌以上の雑誌がダウンロードできて読み放題!

6.追加料金なしで4人まで同時に視聴可能!

7.加入後もいつでも無料で解約できるので、安心して利用できます

30代女性
U-NEXTの良いところは、月額2,189円(税込)で21万本の作品が見れてその内、19万本以上が見放題なところです!
最新のドラマも見逃し配信でみれますし、話題のバラエティやアニメも見てます。ダウンロード機能もついているので、WI-FIでスマホにダウンロードして通勤中やカフェで綺麗な動画がみれるので便利です!いつでも無料で解約できるので、飽きるまでは契約してようと思います♪

あの頃、君を追いかけた【9tsu/Pandora他】視聴時は注意!

注意!
9tsu,Pandora,Dailymotion等の海外の無料動画サイトは、著作権法に抵触している可能性が非常に高いです!海外の無料違法動画サイト閲覧すると、端末がウィルスに感染する可能性があります!
もしウィルスに感染すると個人情報が抜き取られ、詐欺などの犯罪に悪用され、ご自身やご家族、友人などが被害にあうかも恐れもありますので、こうしたサイトでの無料視聴は注意が必要です!
安全に動画視聴するには公式の動画配信サイトで利用することをおすすめします。

 動画配信サービスを利用するメリット

  • ウィルスに感染する心配なし。
  • フル画像・高画質の動画を見ることができる。
  • 邪魔になる広告や字幕が出てこない。

U-NEXT動画配信サービスは、トライアル中に解約すれば料金かかりませんのでは無料視聴できます。

あの頃、君を追いかけたのあらすじ

『あの頃、君を追いかけた』のあらすじ

1994年、台湾中西部の彰化。高校生の景騰(コートン)は仲間たちと男子学生特有の好奇心と悪ふざけに満ちた日々を送っていました。

ある時、コートンたちの悪ふざけに激怒した教師の指示で、優等生の女子学生・佳宜(チアイー)が彼らのお目付役に。最初はチアイーのことを煩わしく感じたコートンでしたが、徐々に彼女のことが気になり始めます。チアイーがコートンに宿題を出して勉強を教えたり、教科書を忘れたチアイーのピンチをコートンが助けたり、少しずつ二人の距離は縮まっていきますが——
誰もが持っている“あの頃”の物語。

『あの頃、君を追いかけた』のキャスト

柯景騰(コー・チントン)コートン | クー・チェンドン(柯震東)
沈佳宜(シェン・チアイー)| ミシェル・チェン(陳妍希)
謝明和(シエ・ミンハ)阿和 | スティーブン・ハオ(郝劭文)
曹国勝(ツァオ・グオション)| ジュアン・ハオチュエン(荘濠全)
許博淳(シュー・ボーチュン)勃起 | イエン・ションユー(鄢勝宇)
廖英宏(リャオ・インホン)マタカキ | ツァイ・チャンシエン (蔡昌憲)
胡家瑋(フー・チアウェイ) | フー・チアウェイ(胡家瑋)

主役のコートン役は、ギデンズ監督が「(最終候補の2名で)恋愛をするならどちらか?」と先に決まっていたヒロインのミシェル・チェンに聞き、クー・チェンドンが選ばれたそうです。結果、思春期から大人へと成長する主人公を演じたクー・チェンドンの等身大の演技は高く評価され、第48回台湾金馬奨で最優秀新人俳優賞を受賞。相手役のミシェル・チェンも本作で人気が急上昇し、台湾では「全民女神(国民的女神)」と呼ばれるほどになりました。二人を取り巻く愉快な仲間たちも、フレッシュで個性豊かな役者揃いです。

『あの頃、君を追いかけた』の感想と見どころ

この作品は、台湾の人気作家ギデンズ・コーが自伝的小説を自ら監督した青春映画です。台湾で2011年に公開され、記録的大ヒットを遂げました。

日本では2013年に公開されましたが、当時、単館上映だったにも関わらず、かなり高評価のクチコミを見聞きしたように思います。青春ラブストーリーと聞くと、何だかこそばゆくて、なかなか観に行く気がしなかったのですが、全くそんなことはなく、観終わった後の爽快感といったら最高でした!

誰もが青春時代に一つは「こうしておけば良かった」「あの時、こう言えてたら…」という後悔や思い残しがあるかと思いますが、それを気持ちよく、輝かしいものとして昇華してくれる、この作品。コートンとチアイーは互いに想いながらも、素直に気持ちを伝えられずに時間を過ごしてしまいますが、その時間こそが、今となっては戻ることのできない、美しく輝いていた“あの頃”として印象的に描かれます。

懐かしい“あの頃”は今も心にあり続け、教室の窓に差し込む優しい光のように、いつだって彼らをその時代に連れ戻してくれるのです。

そして、この作品の見どころといえば、何と言っても、チアイーが初めてポニーテールにしてきたシーン!あの破壊力たるや。

コートンたちの前を、ポニーテールを揺らしながら通っていくチアイーの横顔は、スロー再生で心にくっきりと焼き付くような映像でした。

青春時代の瑞々しさと、透明感と、ドキドキ感と。おすすめです。

おすすめの記事