1990年に漫画「アクション」で連載が始まった、臼井儀人先生のギャグ漫画「クレヨンしんちゃん」。

1992年からはテレビ朝日系列でTVアニメがスタート、現在も放送されている人気アニメになりました。おバカでちょっと下品なしんのすけの繰り出すギャグは、保護者からは批難を受ける一方、子供たちの心を鷲掴み

「子供に見せたくない番組」とされながらも、劇場版クレヨンしんちゃんは、大人も子供も泣ける、感動映画の代名詞ともいわれるほど!

そこで今回は、クレヨンしんちゃんの映画感動作品ランキングをご紹介します。

笑いあり、涙ありの感動シーンも合わせてチェックしちゃいましょう!

(ネタバレあります。)

第5位:嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ

あらすじ

ある日、春日部防衛隊の5人は古い一軒の映画館『かすかべ座』を見つける。
中に入ると荒野だけが永遠に映っているスクリーン。しんのすけがトイレに行っている間に他の4人が姿を消してしまう。
行方不明になった4人を探しに野原一家は再びかすかべ座にいく。気づくと野原一家は何もない荒野に立っていた。行方不明になった4人はしんのすけや春日部のこと忘れてしまっていた。
春日部に変える方法は1つ。
悪のジャスティス知事を倒しこの世界の平和を取り戻すことだけ!いま春日部防衛隊が立ち上がる。

感動シーン

クレヨンしんちゃん映画史上、しんちゃんが本気で恋愛をした作品ともいえます。

お相手のつばきちゃんの気持ちを想像すると涙が・・・しんちゃんの苦渋の決断に胸をうたれます。

映画を観終わったあとに残るノスタルジックというか切なさのある感動作です。

感動シーン:春日部に帰らなきゃいけなくなるラストシーン

しんちゃんとつばきちゃんの最後に涙が止まらない!

第4位:電撃!ブタのヒヅメ大作戦

あらすじ

近郊の屋形船で、しんのすけらふたば幼稚園の先生と園児たちは宴会で盛り上がっていると、秘密結社「ブタのヒヅメ」の計画を阻止するべく重要なディスクを盗んだ女性「お色気」が屋形船に上がり込む。宴が落ち着いたところにブタのヒヅメの飛行船が屋形船をさらおうとする。

ふたば幼稚園の先生、園児は脱出したもののトイレにこもっていたため、かすかべ防衛隊5人とお色気が取り残され連れ去られてしまう。

飛行船から脱出を試みるお色気としんのすけたち、幾度と無く飛行船から突き放されもなお追いかける「筋肉」と野原一家。幾度もの交戦と香港→大陸ど真ん中の荒野と長き道を経て、全てはブタのヒヅメ本部へと集結する。

そこで判明する恐るべき計画とディスクの中身とは。

世界と野原一家、しんのすけたちの運命やいかに!

感動シーン

笑いあり、涙あり。感動シーンの詰まった本作。

「家族の絆」や「友情」をテーマに、クレヨンしんちゃんの魅力を詰め込んだ映画作品です。笑わずにはいられない、ギャグ連発で楽しませてくれたかと思いきや、とにかく「ぶりぶりざえもん」が泣かせてくる。

感動シーンはいくつもありますが、その中のひとつ

「親っていうのは子どものためになら、なんだって出来るのよ!」みさえの名言に、すべての親の涙腺が崩壊したことでしょう。

※感動シーン:ふざけてばかりのしんちゃんが号泣…胸が締め付けられます

第3位:ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん

あらすじ

ある日しんのすけと遊んでいたひろしはギックリ腰で腰を痛めてしまう。
そんななか謎の美女にマッサージの無料体験に誘われついて行ってしまうひろし。マッサージ中少し寝てしまったひろしは起きて家に帰ると何とロボットになっていた。
怯えるみさえと大歓喜のしんちゃん。いま、家族の本物の愛が試される。

感動シーン

家族愛にあふれた暖かい作品。

歴代で一番泣ける映画という声も多い初めはロボットになったひろしに怯えるみさえが、だんだん心を開いていくところは感動まちがいなし。

ラストのしんちゃんが大嫌いなピーマンを食べるシーンには、誰もが涙するはず。

でもやっぱり本物のひろしが出てきて、ロボとーちゃんが立場を奪われるシーンは何とも言えず悲しい。

初めは少し笑いを誘いながらも、いつの間にか涙があふれてきます。

大人も子供も楽しめる映画、ぜひお父さんとみたい!

※感動シーン:本物のとーちゃんとロボとーちゃんが腕相撲するラストシーン。。泣いた。

第2位:嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲

あらすじ

家族で20世紀博に来ていた野原一家。そこで遊んでいるのは、しんちゃんやひまわりではなく、子供時代を懐かしむひろしとみさえであった。そんな毎日がすぎていた。

ある日、ひろしとみさえは家に帰ってこなくなる。

幼稚園のバスも来ない仕方なくしんちゃんはひまわりをおぶって幼稚園に歩いていくことに。

途中の公園で目にするのは異様な光景。大人たちが遊具で子供のように遊んでいた。そして大人たちは町から姿を消してしまうのであった。大人たちを取り戻すためカスカベ防衛隊が立ち上がる。

感動シーン

大人ならば誰もが1度は「子供のころに戻りたい」と願ったことがあるのではないでしょうか。

そんな願望をかなえた映画作品。

とにかく泣けるシーンが多い!

ほかの大人と同じように子供のように遊んだり、子供狩りをしにくるひろしやみさえが登場するシーンには、とても胸が苦しくなります。

また父親・ひろしの回想シーンも号泣モノです。

最後、洗脳が解けた野原一家が一致団結してタワーをのぼり次々と脱落していくシーンは、感動必至です!

※感動シーン:しんちゃんが走るラストシーンはもう涙が止まらない!

第1位:嵐を呼ぶアッパレ戦国大合戦

あらすじ

ある日、しんちゃんは目が覚めると泉の畔に立っていた。

少し歩くと近くで軍勢同士の合戦が行われていた。

戦国時代にタイムスリップしていたのであった。そこで偶然にも一人の侍の命を救うことになる。

命を救われた恩として、春日城に案内されたしんちゃん。

そこで歴史的な大合戦に巻き込まれていくのであった。

感動シーン

これぞ名作!

もはや説明はいらないかもしれません。

タイムスリップしてしまう本作、子供向けアニメであるにも関わらず「人の死」という重いテーマを扱っています。

あまりの良作っぷりに、「BALLAD 名もなき恋のうた」として実写化もされているんです。

身分の違いから又兵衛と簾姫がお互いの気持ちが言えずにいるシーンは切ない気持ちでいっぱいになります。

一番は、ラストの又兵衛が矢に打たれてしまうシーンでしょう。

このシーンはほんとに涙が止まらなくなります。

家族と、恋人と、友達と、一人でも、どんなシーンでもオススメな感動映画です。
※感動シーン:「又兵衛・・・!」なラストシーン。忘れられない名シーン。

単なる子供のアニメ映画ではない、「クレヨンしんちゃん」映画

今回は、クレヨンしんちゃんの映画感動作品ランキング・感動シーンをご紹介してきました。

クレヨンしんちゃんを単なるアニメ映画だと思ってはいけません。

ご紹介した5作品以外にも、笑える映画やちょっと怖い映画などもあります。

でもやっぱりご紹介した5作品は、名作です!

クレしんファンの方は改めて、まだ見たことがない方もぜひこの機会に観てみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事