森内貴寛の身長、結婚(彼女)は?ジャニーズNews脱退!英語力が高い理由とは?

今や日本だけでなく世界ツアーを行うほど人気バンドの「ONE OK ROCK」(ワンオクロック)のボーカルを担当されているTakaさんこと本名・森内貴寛(もりうち たかひろ)さんについて、結婚(彼女)やNews脱退や英語力についての理由など掘り下げていきたいと思います。

森内貴寛の身長、年齢は?結婚(彼女)は?現在は森田貴寛?

森内貴寛さんは1988年4月17日生まれで東京都出身の現在32歳です。

お父様は演歌歌手の森進一さん、お母様は歌手の森昌子さんで、森内貴寛さんは男ばかりの三人兄弟の長男です。

ジャニーズ時代は、本名の森内貴寛で活動していました。

プロフィールをまとめますと

身長 168㎝
体重 62㎏
血液型 A型
最終学歴 慶應義塾湘南藤沢高等部中退

末っ子の森内寛樹さんは現在「MY FIRST STORY 」というバンドのボーカルを担当されていてトヨタのCMでも楽曲が使用されています。

次男はテレビ東京のディレクターをされているそうです。

関連記事

森内寛樹Hiroの身長、結婚(彼女)は?次男森内智寛はテレビ東京?襟裳岬を父親の森進一に!

ご両親は2005年に離婚され、母親である森昌子さんが子育てされ、三人とも立派に育てられました。

森昌子さんの子育ては男の子三人を育てるためでしょうか、かなり厳しくしつけられたようで、著書「母親力」で子育てについて独自の理由を述べられています。

長男である森内貴寛さんの身長は168センチ

三男の森内寛樹さんにいたっては158センチととても小柄な男性です。

長男の森内貴寛さんと三男の森内寛樹さんは顔もとても似ていて、歌を聞いても声も似ていますが、次男は顔は長男や三男とは似ていなくて、体形も大柄で少し太っていらっしゃるようです。

日本人の平均身長は171.1センチ(30ー39歳)ですから、森内貴寛さんは平均身長より少し低いです。

しかし、ステージで魅せる存在感は身長について小さいとは感じさせません。

顔が小さくスタイルが良いからこそ、身長は関係ない見栄えがします。

例えば安室奈美恵さんは158センチ、女優の真木よう子さんは160センチと、身長が小さくてもスタイルが良いので実際の身長よりも大きく見えます。

芸人のチョコレートプラネットの長田さん(和泉元彌さんのモノマネの方)は168センチですが、肩幅がスゴイので180センチくらいあるように見えますけれど、実際の身長を聞くと驚きです。

森内貴寛の結婚(彼女)は?現在は森田貴寛?

今度は森本貴寛さんことTakaさんには彼女がいるのか結婚しているのかどうか調べてみました。

これまで森内貴寛とのうわさが出たのは、モデルの鈴木えみさん、藤井美菜さん、元NMB山本彩さん、元AKB前田敦子さん、森矢カンナさん、Perfume西脇綾香さん、エミリーさん、浅田舞さんなど・・・。

共演したことのない人も入っているので、すべてが真実かどうかは不明ですが、さすがTakaですよね!

詳しく調べたところ女優の綾瀬はるかさんや、ローラさん、Perfumeのあ~ちゃん、浅田舞さんの名前が彼女として出てきました。

綾瀬はるかさんが彼女とは意外だったのですが、どうやらテレビ出演時に日記帳に「Takaを想う」と書かれた一文が放送されてしまい熱愛の噂が出たようです。

Perfumeのあ~ちゃんとは女性週刊誌にTakaさんのマンションに出入りする証言が載せられ、事務所は交際を否定していますが、あ~ちゃんがマンションを後にした時間が午前5時とちょっと交際否定するには厳しい感じがします。

レストランでの食事中の会話では、Takaくんと結婚したい!!と絶叫していた、と報道されていますが、事務所は否定しています。

ローラさんとはSNS上にハグをしている動画がアップされた事から彼女では?と熱愛報道が出ました。
年越しの瞬間の動画でしたが、これはTakaさん本人が交際を否定していますので彼女ではなかったようです。

その後彼女と報道されたのは浅田舞さんと高級スパでのお泊りが撮られた事です。

半同棲報道や一緒にタクシーに乗っている写真や、Takaさんのバンドのアメリカツアーにも同行している様子が空港で取られている事から結婚を見据えた交際であったかもしれません。

ですが2019年には破局報道が出てそれ以降二人のツーショット写真が撮られていない事から結婚には至らなかったようです。

2020年の9月には週刊誌に豪華船上バカンスの記事が掲載されました。

長渕剛さんの次男でありミュージシャンのReNさんや、たくさんの美女達も参加したそうですが、彼女とされる方がいたかどうかまでは報道されていません。

Takaさんのインスタにはこのバカンスが原因と思われる日焼けしすぎた写真がSNS上にアップされておりバカンス自体は本当のようです。

上記の事から考えると、浅田舞さんとは結構本気で結婚を考えていたような気がします。

写真もたくさん色々な時期に撮られていますし、アメリカツアーにも同行させるとは、舞さんが音楽活動にとって必要な存在だったから連れていったでしょうし、ただの遊び相手ならそこまでするとは思えないからです。

森内貴寛はジャニーズNews脱退してワンオクTakaへ!

現在はワンオクとして日本のみならず世界で人気のTakaさんですが、実は元ジャニーズJrであり、アイドルグループ「News」の元メンバーでした。

2001年13歳のときにジャニーズJr.として入所しわずか二年でNewsとしてデビューします。

当時から森進一さんと森昌子さんの息子としてJr.時代から大々的に宣伝されて歌番組やコンサートなどでお父様のヒット曲「襟裳岬」をソロ歌唱するなど注目度も高かったと記憶しています。

この時、三男の弟である森内寛樹さんも当時8歳と最年少のジャニーズJr.として活躍されていましたが2005年に退所されています。

ですがNewsデビューからわずか三か月で脱退してしまいます。

脱退理由は学業専念のためでしたが、真相は女性問題や飲酒喫煙が原因で写真誌にその模様が掲載されてしまいました。

10代でそこまで注目され、心ない言葉も受けたtakaは15際の時、夜遊びしている姿や女性とベッドにいる写真が流出。

学校での素行も悪くなり、金髪にピアスをし学校からは呼び出しをされるようになってしまい、当時通っていた慶応義塾湘南藤沢中等部を退学し、堀越へ編入しますがここでも退学しその後音楽学校へ通ったそうです。

TakaさんがジャニーズJr.に入った当初からあの芸能人の息子!

と素性が知れ渡っていましたし、ジャニーズ側も結構特別扱いしていた様に見えます。

確かに大物芸能人の息子なのは分かるけれど、正直そこまでいきなりプッシュされても…とい思ったジャニーズファンは多かった気がします。

Jr.が出ている歌番組やライブで「襟裳岬」歌われても知らないし、歌も上手くないし、と友達と話していた思い出があります。

今でこそワンオクのTakaさんの歌唱力が高い事は分かるのですが、Newsを脱退したあと歌唱について研究や鍛錬を積んだんだろうな、と分かります。

芸能界に入るのは許してもらえましたが、学業に支障がないようにという条件だったという森進一・昌子さんの家庭。教育には熱心だったようで、takaは小学校から受験をするという環境で育ったそうです。

まぁ、公立より私立へというのは芸能界では普通かもしれませんが。

十代前半で親の名前を大々的に使って売り出された二世芸能人で成功した人がいたでしょうか?

松田聖子さんの娘である神田沙也加さんがデビューしたときは、正直歌も上手くないし、こんなにプッシュされてもな~と世間から受け入れられていなかったです。

その後の彼女は一度芸能界から離れ、舞台で下積みをし今では素晴らしい歌手であり舞台女優になってます。

宇多田ヒカルさんや女優の杏さんのように親の名前を隠してデビューされた方が、ダメだった時のリスクも少ない気がしますし、余計な注目がない分本人に余計なプレッシャーがかからなくて良いように思います。

森内貴寛(Taka)の英語力が高い理由とは?

Newsを脱退したあと学校を二度も退学し、音楽学校へ通いバンド活動していたTakaさんは今のワンオクのメンバーであるToruさんからワンオクに何度も誘われますが、当時人間不信になっていた事を理由にTakaさんはなかなかワンオク加入を了承しませんでした。

それくらいJr.やNews時代やその後に経験した事がトラウマになっていたと思われます。
その後Toruさんの熱い勧誘によりワンオクに加入するのですが、ワンオクは結成当初から、日本だけでなく世界を目指していたそうです。

今では、世界27カ国、全99公演を行い、また海外で最も再生された日本アーティストとして人気のONE OK ROCKこと、ワンオク。独特の世界観があり、特に若者の間で流行してますよね!

ワンオクはヨーロッパやアメリカでのツアーも積極的に行っており、現地でのインタビューを見ても通訳なしでやりとりをするくらい英語が堪能です。

ワンオクの歌も初めて聴いたときは、外国のアーティストが歌っているものだと思ったくらいでした。

多感な10代に多くのことを経験した森内貴寛さん、ジャニーズをやめて、今はワンオクtakaとして高い人気を誇っていますが、彼は英語での歌唱力に定評があります。

特に思春期の頃の思いを歌にした『Hard To Love』は泣けると話題です。

ネイティブの人に聞かせるとまだまだという部分はあるようですが、日本人ぽくない発音ができていますよね。英語のインタビューにも答えているtakaの英語力はどこから来ているのでしょうか?

小学校受験をしていたので、幼少期から英語は勉強していたと思います。

ただ、彼の場合、それを身につけようとしていたかは・・・疑問ですよね(笑)

幼少期の頃はまだ両親の言うことを聞いていたでしょうが、大きくなるにつれて反発は大きかったようですし、高校時代は素行不良で親が呼び出されるということもあったようです。残念ながら勉強ができた、とは思えないですよね(笑)

それよりも彼の場合は洋楽を聞いていたこと、また歌手である両親のおかげで耳が良いということ、そして自分自身で努力して勉強していることが挙げられます。

彼が洋楽のルーツとしてインタビューで語っているのが

  • フォール・アウト・ボーイ(Fall Out Boy)
  • リンキン・パーク(Linkin Park)
  • サム41(Sum 41)
    など。洋楽ロックが彼の原点になっているようですね。

幼い頃から英語に触れていたことが、英語に対する耳が鍛えられたということはあると思いますが、とにかく洋楽が好きで、バンドという自分の進みたい道を見つけたことで努力することも苦ではなくなったのでしょう。

両親が離婚したのも彼が10代の頃、バッシングもあり、両親との間にもいろいろと確執はあったようですが、今は親子の中は改善してSNSに親とのツーショットをあげています。

森進一さんが歌っている時の顔とはまったく別のお父さんの顔をしているのが印象的ですよ!

森進一さんにインスタを進めたというのもほのぼのするエピソードです。

良くも悪くも、彼にしかできない経験をしてきたtakaだからこそ書ける歌詞や歌う曲だからこそ、多くの人を感動させているんでしょう。

まだまだ英語も勉強して、外国でも活躍できるバンドになってほしいですね!

コミュニケーションでも歌詞や歌い方でも相当英語を勉強していると思います。

結成当初から世界を目指していた意識からでしょう、やらされている訳では無いため、勉強に対する意識も違うのでしょう。

十代前半から英語で歌いたいという理由からリンキン・パークの歌を何度も聴いたとインタビューで答えているので、バンド結成より以前から世界を目指していたのかも知れません。

海外アーティストとの交流や楽曲によるコラボもたくさんあり、英語なしではこういった事も難しいでしょう。

最新アルバムも相当アメリカ市場を意識した楽曲作りになっており、日本では評価が賛否分かれてしまっていますが、アメリカ人のリスナーからは日本人のバンドだとは分からない歌い方だと言われています。

2021年4月23日・6月4日の2部作連続公開の映画、るろうに剣心・最終章The Final/The Beginningの主題歌はワンオクが担当しますし、これからの活躍にますます期待がよせられます。

おすすめの記事