好調なドラマ「半沢直樹2」に登場する電脳雑技集団の平山一正と平山美幸とは?

モデルはインデックスの落合正美と落合善美?過去に実際にあった事件について調べてみました!

【半沢直樹】電脳雑技集団のモデルはライブドア

電脳雑技集団のモデルはライブドアと思われますが、社長と副社長を務める平山夫妻のモデルはライブドアの元社長・堀江貴文さんではありません。

半沢直樹2 電脳雑技集団のロケ地とモデルはライブドア事件?あらすじとネタバレ!

当時、ホリエモンこと堀江貴文さんの横には美人過ぎる広報・乙部綾子さんがいることが多く、「美人秘書」「ホリエモンの愛人」と誤解されるほど行動ともにしていましたが、電脳雑技集団の平山夫妻のモデルとは異なるようです。

と言うのも、ドラマ「半沢直樹2」の原作「ロスジェネの逆襲」は実際の事件・企業に構想を得ていますが、完全に再現しているわけではありません。

改編やオリジナル要素を加え、一つの作品として成立させています。

電脳雑伎集団の社長・平山一正は、総合商社を辞した後に妻と共にゼロから大手IT企業・電脳雑伎集団を築き上げたワンマン経営者です。

商社出身のIT企業の社長、この経歴を見るとインデックスの落合正美さんが平山社長のモデルであると考えられます。

【半沢直樹】電脳雑技集団の平山夫妻のモデルは落合正美と落合善美

インデックス落合正美とは?

落合正美さんは慶応大学を卒業し、総合商社の日商岩井に入社します。

その後、社内で設立した広告会社・POVアソシエイツの副社長に就任。

本部長である小川善美(後の妻・落合善美)さんとともにパソコン通信のニフティサービス関連の事業を手掛け、POVアソシエイツを売上高50億円にものぼる会社にまで成長させました。

インデックス落合善美とは

落合善美、旧姓・小川善美さんは一橋大学出身を卒業し、総合商社の日商岩井に入社します。一橋大学の1年先輩に楽天会長兼社長の三木谷浩史さんがいました。

日商岩井では経営企画部に配属された後に広報部へ異動。営業希望だった小川善美さんは辞表を提出しますが上司の説得により撤回。POVアソシエイツへの出向をきっかけに後の夫・落合正美さんと出会います。当時の落合正美さんには妻がいましたが、2人の中は深まり不倫関係にまで発展します。

POVアソシエイツの業績は好調でしたが、派閥争いに巻き込まれた落合正美さんはインデックス社長として独立し、小川善美さんをインデックス取締役として呼び寄せます。

インデックスの設立

インデックスの前身は1995年9月に創業した株式会社ノザーク・ビーエヌエス。日商岩井の社長人事をめぐる抗争で日商岩井を退社に追い込まれた落合正美さんが社長に就任した1997年に株式会社インデックスへ社名変更します。元々は赤字続きだった広告代理店でしたが、インターネットや携帯電話向けコンテンツの製作・提供を中心に行い、ゲームやアミューズメントの各事業を行う企業を傘下にしていきます。

1999年、流行に敏感な女子高生にいち早く目を付けた小川善美さんは、docomoのiモード用の占いコンテンツ「恋愛の神様」を開発。この時代はまだ、ポケベルから携帯電話・PHSへの移行段階でしたが、携帯電話の普及にともない「恋愛の神様」は大ヒット!

そして小川善美さんは34才で副社長に出世。

会長となった落合正美に代わり37才で社長に就任(上場企業の女性社長としては最年少)。2003年には日経ウーマンウーマンオブ・ザ・イヤー大賞受賞、2004年ヴーヴ・クリコビジネス・ウーマン・オブ・ザ・イヤー賞受賞。「美人過ぎるIT女社長」として時の人となりました。

タカラとともに企画した犬型翻訳機「バウリンガル」は、「愛犬と会話が出来る!」と話題になりました。そして2004年、会社はジャスダックに上場を果たし、積極的なM&Aにより日本を代表するIT企業にまで発展させます。

落合夫妻の結婚と逮捕

2007年には不倫愛の末に2人が結婚するなど順風満帆に見えましたが、同業他社の台頭や取引銀行であった日本振興銀行が破綻した2010年以降は経営難に陥ります。経

済誌などの「倒産危険ランキング」では常に上位にランクインし、取引停止にする企業も増えていきました。この頃からドラマ「半沢直樹2」の原作「ロスジェネの逆襲」のように、循環取引による粉飾決算を始めます。

2012年に5期連続で最終赤字を計上し、2013年に民事再生法の適用を申請。一流企業までのし上がったインデックスは2016年8月3日に破産手続が結了し、法人格が消滅しました。

2014年5月28日、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の容疑で落合夫妻は逮捕。懲役3年の求刑に対し、執行猶予4年の有罪判決が言い渡されました。

【半沢直樹】平山夫妻のモデルまとめ

一時は一流企業にまでのし上がったインデックスの栄光と転落。ドラマ「半沢直樹」の電脳雑技集団はどのような結末を迎えるのでしょうか?半沢の「倍返し」に要注目です!

おすすめの記事