SNSやTiktokから人気に火がついて、今では耳に残るメロディーの虜になっている人も多いヨアソビ(YOASOBI)ですが、どんな人達が歌っているのかご存知でしょうか?

今回はYOASOBIのボーカルをつとめるikuraについて詳しくみていきたいと思います!

YOASOBIは2人組!由来とは??

YOASOBIはボーカルikura(幾田りら)とボーカロイドプロデューサーのAyaseの2人組のユニットです。ソニーミュージックが運営する小説とイラストの投稿サイトに実際に投稿された小説を音楽にするという新しい発想で歌を作り出しています。

このYOASOBIというユニット名の由来は今のところ公開されていません。

このユニットの誕生は、イラスト投稿サイト「monogatary.com」上で行なわれていたコンテスト『モノコン2019』がきっかけでした。その「ソニーミュージック賞」の大賞となった物語を楽曲化するためのユニットとして生まれたのです。

先に小説があり、それを映像化しながら楽曲を作っていくことで、微妙な小説の内容と歌詞の差は生まれません。小説を先に読んだ人はその小説が映像化されたことでより深く小説を知ることができ、先に曲を聞いた人は小説の背景を知ってから物語の世界に入り込めるのです。

ヨアソビ(YOASOBI)のデビュー曲「夜に駆ける」が人気!リリース曲を紹介

2人は

2019年に1stシングル(第一章)「夜に駆ける」でデビューしました。

これは星野舞夜の小説『タナトスの誘惑』を原作としたもの。

YouTubeへの公開から5か月で1000万回以上の再生数を記録しました。

そして2ndシングルはいしき蒼太『夢の雫と星の花』を原作とした、(第二章)「あの夢をなぞって」。

この2曲目はなんと約2ヶ月でYouTube再生回数は100万回を突破。

3rdシングル(第三章)は橋爪駿輝『それでも、ハッピーエンド』を原作とした「ハルジオン」。

2020年5月にリリースされました。

これはZONe IMMERSIVE SONG PROJECTとのコラボ楽曲でもあり、さらに注目が高まっています。

ボカロPとしてもシンガーソングライターとしても才能を見せているAyaseがリズミカルに、さらにハイセンスな曲を作り上げ、それにikuraの伸びやかな声がとてもよく合っています。

歌手ikura(幾田りら)の経歴(年齢、大学)

YOASOBIのボーカルであるikuraは「幾田りら」として活動する19歳のシンガーソングライターです。小学6年生の時には自分で作詞作曲をしていたという彼女、中学3年生から歌手活動を始めました。

2017年にはアコースティック・ユニット「ぷらそにか」に加入し、ボーカル、ギター、トランペット、キーボードを担当する多才ぶりを発揮しています。

2019年にはワンマンライブを開催したり、ミニアルバムをリリースしていたり、幾田りらとしても着実に活動の幅を広げてきました。

アニメーション化された楽曲と、ikuraの声がとても合っていて、彼女の歌の魅力はもちろん、可愛いビジュアルもYOASOBIの人気の一因であると言えます。

ikura(幾田りら)さんは現在大学生です。

大学に合格したという情報はありましたが、どこの大学に通っているかということは分かりませんでした。東京出身で、音楽活動を行っていることを考えると、都内の大学かと思われますね。

ikuraさんには4歳年上のお姉さんがおられて、お姉さんは音大出身とのこと。

これだけ音楽の才能にあふれているikuraさんなので同じ音大の道に進んでいるかもしれませんが、人気が出た今、音大と芸能活動の両立は大変厳しいものになるかもしれません。

大学進学時には芸能活動をすでに始めていたikuraさんなので、音大ではないかもしれませんね!

歌手ikura(幾田りら)のミックスボイスの歌い方テクニック!

Ikuraさんはとても簡単そうにYOASOBIの曲を歌いあげていますが、歌い方をしっかり聞くとかなりテクニックがあることが分かります。

地声と裏声そしてミックスボイスを細かく切り替えて歌っている

例えば、『夜に駆ける』の「騒がしい日々に笑えない君に~~」と始まっていくサビの部分、ここでは地声と裏声、そしてミドルボイスを細かく切り替えています。ミドルボイスとは、ミックスボイスとも呼ばれる、地声と裏声の間のような声のこと。

さらにikuraさんがよく歌の中で使っているのが、しゃくりのような「僕の心の全てを奪った」の心の『ろ』の部分。沖縄民謡などでよく使われるテクニックを使用していて、心を奪われた雰囲気を見事に表現していま『心』のあとの「全てを奪った」部分でも、全てをの『てを』が裏声、次の『う』を裏声のまましゃくって地声に戻すということを行っています。

文字で書くのは難しいですが、同じような歌い方をしようとしてもなかなか真似できるものではありません。他の部分も単語の一部をウィスパー気味に歌ったり、単語の間に一瞬間をあけてみたり、エッジボイスも使用しています。

嫌いの『ら』だけをエッジボイスにすることで、嫌いという感情を表現しているというのも、そう聞くとなるほど『ら』だけ他の音と雰囲気が変わっています。

もともと女の子らしい高い声のikuraさんですが、もちろんそれだけでなくしっかりとした実力とテクニックがあるからこそ、YOASOBIの世界を表現できていることが分かりました。

サイトに投稿されていく小説はYOASOBIのヒットによってさらに増えていくでしょうし、そうなるとYOASOBIが描きたい世界が広がっていく気がします。次なるYOASOBIの歌の世界が楽しみですね!

おすすめの記事