2013年に大阪で結成された5人組ロックバンドNovelbright(ノーベルブライト)が今バズっています。

今年7月から8月にかけて、全国5都市で開催された「崖っぷちどチクショー路上ライブTOURー~アコースティック CD リリースツアー~」の様子がTwitterやTikTokなどで拡散されると、バンドの楽曲が各種ストリーミングチャートで次々に上位ランクインしていきました。

竹中雄大(ボーカル)の「歌がうますぎ」でSNS拡散

バンド結成した2013年からワンオクロックのコピーバンドとして路上ライブをしていたNovel brightですが、2019年ファンによって投稿された動画を見た人が「竹中雄大(ボーカル)の歌がうますぎる」とあっという間に拡散していきました。

数年前までは路上ライブに足を止めてくれるお客さんは数人だけだったのが、今では数えきれない人が集まるようになり、その盛況ぶりがめざましテレビにも取り上げられたことで、さらに人気に拍車がかかりました。

あまりに人が集まりすぎて、すぐに撤収させられてしまうという事態も起こっているそうです。

この人気には、もちろん彼らの実力があってこそ。

ボーカル竹中雄大の心を震わせる圧倒的な歌声と、一度聴いたら忘れられない確かなメロディワーク、細部まで練りこまれた楽曲アレンジが反響を呼び、音楽ストリーミングサービス「Spotify」の国内バイラルチャートでは「Walking with you」が8週1位を記録しました。

Novel brightのメンバー

Novel brightは5人組のバンドです。2013年結成時のオリジナルメンバーはボーカルの竹中雄大だけ。メンバーの脱退と加入を繰り返しましたが、今のメンバーが最高だと言い切っています。

また竹中雄大を語る上で忘れてはいけないのが『口笛』です。

家族とも音楽が好きだったこともあるのか、子どもの頃からずっと口笛を吹いていた雄大、独学で技術を身につけ、全国優勝を飾ります。その後は世界大会へ出場、そこでも2度の優勝をしているのです。

2019年には成人の部で2位となった上、メンバーと一緒に出たエンタメ部門でも3位を受賞しました。

口笛の大会があること自体知りませんでしたが、世界で優勝してしまう実力ってはかりしれないものがありますね!クラシックの曲を口笛で演奏(?)してしまう姿は検索すると出てきますので、気になった方は一度見てみてください。彼のすごさが分かりますよ!

Novel brightでギターを担当しているのが、山田海斗と沖総次郎。

実はこのギターの2人が曲の原型を作っているそう。
B’zに影響を受けて音楽を始めた海斗はかなりのファッション好き。
服が大好きな彼は服だけのインスタアカウントを持っているくらいです。

海斗と一緒に曲の原型を作っている同じくギターの総次郎。

「音楽とゲームとアニメに人生の大半を使っています」という言いうくらいその3つが大好きとのこと。今どきの若者ですね!

ドラムのねぎは根岸という名字から「ねぎ」という名前で活動しています。

たまたま同じ名前だったNegiDrumsとエンドース契約しているので、よくNegiDrumsのドラムを使っています。偶然ってすごいですね!

2019年1月に他のメンバーが脱退したことによって加入したのがベースの圭吾。

彼もすごい人物です。
もともとドラマーだった彼は雄大とねぎにNovel brightのベーシストに誘われたのだそうです。そして2019年に加入。かわいいビジュアルを持つ彼ですが、ベーシスト以外の顔ももっています。

それがアパレルブランド『CHRONOIZM』の代表。

デザインやモデルまでこなす実力の持ち主なのです。

今は竹中雄大のボーカルが光るNovel brightですが、これから5人全員の個性がどんどん光ってさらに注目を浴びていくのかもしれません。

Novel brightの人気曲とは?

Novel brightに興味がわいた人がまず聞くべきなのが『Walking with you』

彼らの初の全国に流通したCDに収録されています。ボーカルの雄大が20歳くらいで作ったというこの曲はメロディーも一度聞くと耳に残りますし、そこに雄大のハイトーンボイスが重なり、Novel brightの魅力がつまっています。

なんとオリックスの西浦選手の登場曲にも起用されているんですよ!

次に聞いてほしいのは『夜空に舞う鷹のように』

この曲は、誰からも認められなくて絶望を感じていても自分たちの夢は追い続けようという思いがこめられた曲です。音楽に対するNovel brightの気持ちがヒシヒシと感じられます。

女性だけでなく男性にも人気な曲が『ふたつの影』

しっとりとしたバラードに仕上がっており、メロディーを聞くだけで泣けてくるという人も。月を見るとこの曲を思い出す、そんな情景が浮かんでくるような歌詞が素敵でな曲で、ロックバンドだけど、しっとりと聴かせてくれます。

いかがだったでしょうか?

今大注目のバンドNovel brightを紹介してきました!Novel brightのバンドメンバーという肩書だけでなく、口笛チャンピオン、ファッションブランドの代表など他の分野でも活躍できるメンバーが集まるこのバンドはこれからますます注目されていくと思います。

曲の中に竹中雄大の口笛が入っている楽曲もありますし、曲と歌詞と声とアレンジと・・・楽しみ方も満載です。カバーも数多く行っていますが、どの曲も聞きごたえたっぷりですよ!

おすすめの記事