ずとまよ(ずっと真夜中でいいのに)ACAねの素顔とプロフィール!メンバーは何人?

「ずっと真夜中でいいのに」通称「ずとまよ」はアーティスト名です。

曲名のように思いがちですが、アーティスト名が「ずっと真夜中でいいのに」通称「ずとまよ」なのです。

今回は発信される音楽の数々が斬新で大人気のずとまよ(ずっと真夜中でいいのに)さんのボーカル・ACAね(アカネ)さんについての素顔やプロフィール、メンバーは何人いるのかについて調査してみました。

ずとまよ(ずっと真夜中でいいのに)とは?

ACAねさんはシークレットライブにて、「真夜中がすごく好きで、夜中の2時~3時に悔しい事、考えさせられる事、いろいろな事を瞑想して歌を作っている」とおっしゃっておられました。

「ずっと真夜中でいいのに」というアーティスト名は、ACAねさんの願望や好きで大切な時間帯を由来としています。

ずとまよ(ずっと真夜中でいいのに)、が初めに注目を集めたのが、2018年の6月に発表した最初の曲「秒針を噛む」でした。

この曲が発表されて約一か月後には「Spotify」の「バイラルトップ50(日本)」で1位を獲得しており、YouTubeの再生回数は2021年2月時点で、8300万回を超えています。

このままいくと再生回数は一億回を突破しそうで、一体日本中何人の方が見られたのか、ものすごい視聴回数です。

その他に平手友梨奈さん出演映画「さんかく窓の外側は夜」の主題歌「暗く黒く」

実写映画「約束のネバーランド」の主題歌「正しくなれない」で

ずとまよ(ずっと真夜中でいいのに)を知った方も多いのではないでしょうか?

ずとまよ(ずっと真夜中でいいのに)さんの魅力は、映画の主題歌に起用された二曲が世界観に完全にマッチしていて、エンディング曲が流れるエンドロールまで作品の質を押し上げる要因になっており、より一層映画の余韻に深く浸れるところだと思います。

ずとまよ ACAねの素顔とプロフィール紹介!メンバーは何人なのか?

ACAねの素顔とプロフィール紹介

ずとまよ(ずっと真夜中でいいのに)の作詞作曲ボーカルを担当されている方はACAね(あかね)さんと言います。
ACAねさんの年齢、素顔、プロフィール、ずとまよは何人で活動しているのかはすべて謎に包まれております。

ですが素顔についてのヒントはYouTube公式チャンネルのアイコンにあり、MVにも登場する眠そうな目つきの少女のイラストがACAねさんだと思われます。

そしてACAねさんのTwitterには引き語り動画がアップされ、ギター演奏が出来ることが分かりますが、顔から下のみの動画なので本人の顔は残念ながら確認することは出来ません。

YouTubeのMVでは主にアニメーションを使用しており、本人はメディアに登場していませんでした。

そんな中行われたシークレットライブでは、ファンの前に姿を現しましたが、ステージの照明がかなり暗く、ACAねさんの顔の輪郭や表情はうかがい知る事は難しかったようです。

ですが2021年2月21日に公開されたYouTubeの人気チャンネル「THE FIRST TAKE」(一発撮りのパフォーマンス)に満を持して登場しました。

遂に素顔が分かるか?と期待しましたが、顔に照明が当たる事はなく、横顔と横向きのシルエットのみでした。

しかし、服装と髪型は知る事が出来ました。

オーバーサイズの青い上着に、ひざ上15センチはあるミニスカートに膝まであるブーツを履いています。(ちなみに美脚でした)

髪型は肩に付かないくらいのボブ、横顔から覗くまつ毛が超絶長かったです。

まつ毛はメイクだと思いますが、スタイルが良くで、服装がちょっとセクシーなのが意外でした。

特に曲の最後に声を絞り出す所はおもむろに上着を脱ぎながら歌うところがセクシーです。

個人的な想像のACAねさんは、少しボーイッシュで歌手のaikoさんみたいなカジュアル系ファッションをしていると思っていましたが違っていたようです。

あとYouTubeライブで本人が「ラーメンを週4で食べている」と度々発言されておりますが、それなのにスタイルが良くて羨ましいです。

単純にラーメン週4って胃が若いと思います、ACAねさんは年齢や素顔、プロフィールが謎に包まれておりますが、女性で週4も食べられるなんて年齢は20台前半だと予想します。

「THE FIRST TAKE」では「秒針を噛む」を披露していましたが、ずとまよ(ずっと真夜中でいいのに)の歌はキーがとても高く、喉がねじ切れるんじゃないか?というくらい歌うとキツイです。

ちなみに「秒針を噛む」も当時は歌いこなすのが難しい曲でしたが、2021年になるとこの歌がもはや簡単に感じるほど、どの歌も難しいです。

というか最近の傾向としてYOASOBIを始めyamaさん、ずとまよさんの曲ってカラオケ向きじゃないというか、何人(なんぴと)たりとも歌わせぬ…みたいな難解な曲ですよね。

素顔が謎に包まれ過ぎていて、メディアに登場しても顔は分からず、プロフィールについても謎に包まれていました。

ずとまよ(ずっと真夜中でいいのに)のメンバーについて

ボーカルの「ACAね」

編曲「ぬゆり」

アニメーション「Waboku」

「秒針を噛む」の楽曲メンバーは3名で、2018年6月4日発表されました。

2018年10月2日には第二弾の曲「脳裏上のクラッカー」(脳裏上=ノウリウエと読みます)を発表しこの曲の編曲は「100回嘔吐」さんによるものでした。

「ずっと真夜中でいいのに」の公式サイトによると、メンバーはACAねさんを固定としているだけで、メンバー、楽器編成などは特定の形を持たない、と書かれています。
楽曲によって編成が変わるバンドというかサポートメンバーが何名かいて、実質のメンバーはACAねさんのみという事になりメンバーが何人いる、と断定しないのだと思います。

ずとまよ(ずっと真夜中でいいのに)さんの特徴として、MVがアニメーションで作られている事です。

そのアニメの内容が歌の世界をより一層深く掘り下げており、数分のアニメのなのに小説のショートショート(短い小説)を読んだかのような物語性を持っている事だと思います。

個人的には「暗く黒く」のMVはぜひ見て欲しいです。

人間か宇宙人なのかは不明な赤ちゃんが、荒廃した街の崩れたコンクリートの上で泣いており、ACAねさんと思われるメイド服に身を包んだキャラがその子を育てます。

しかしその日々も長くは続かず、どこからかミサイルが落とされACAねさんはその姿形のまま、機械であったかのように活動を停止してしまい、残された子供はあてどのない旅路に行きついた先には…?という内容で、曲の歌詞とリンクしてどう解釈するかが視聴者に委ねられています。

ずとまよ(ずっと真夜中でいいのに)の魅力はACAねさんの独特な歌詞と、耳慣れない斬新なメロディーとMVのアニメと三位一体となった作品にあると思います。

ぜひずっと真夜中でいいのに(ずとまよ)のYouTubeチャンネルにてMVを見る事をおすすめします。

ちなみに、ずとまよ(ずっと真夜中でいいのに)のファンの名前は「ずとまろ」と呼ぶようです。(ミニアルバムの特典冊子でACAねさんがファンの呼称について言及されていました)

公式にはファンについては「ずとまろ」でとされていますが、ファンの間では「真夜ラー」と「夜行性」と呼び名が広まっているようです。

個人的に「真夜ラー」呼びが可愛いと思いますし、「ずとまろ」呼びもそんなに浸透していないようなので、どのようになるのかは、今後の推移を見守りましょう。

おすすめの記事