「紅白歌合戦」「笑ってはいけない」年末恒例の2大特番

毎年多くの特別番組が多く組まれる大晦日。

なかでも注目が集まる特番といえば、
NHK「紅白歌合戦」と
日本テレビ系列「絶対に笑ってはいけないシリーズ(ガキの使いやあらへんで)」

2019年も放送が決定しており、視聴率の行方が気になるところです!

60年以上続く長寿番組「紅白」と民放王者「笑ってはいけない」

 

「NHK紅白歌合戦」は、で1951年から毎年大晦日に
放映されている男女対抗形式の歌番組です。

60年以上続いているなんて、すごい長寿番組です!

毎年司会や出演者が誰か、何を歌うのかなど、話題になっています。

「絶対に笑ってはいけないシリーズ」は、
「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」の番組から生まれた特別番組。

ダウンタウン含むレギュラー陣は、

"何があっても笑ってはいけない”ルールで、

笑うとお尻を叩かれる"ケツバット"などの罰ゲームを受けます。

毎年テーマに合った場所が用意され、どんな芸能人やタレントが
何で笑わせてくれるのか、注目が集まります。

歴代視聴率は?上り調子の紅白/低迷が囁かれる「笑ってはいけない」

2019年の視聴率はまだわかりませんが、
今まではどうだったんでしょう?

「笑ってはいけない」が大晦日に放送され始めた
2006年までさかのぼって、

「紅白/笑ってはいけない」の
歴代視聴率(1部・2部に分かれています)を時系列で並べてみました!

2018年 紅白37.7 / 41.5%⬆︎・笑ってはいけない14.3 / 12.8%↘︎

2017年 紅白39.4 / 35.8% ・笑ってはいけない17.3 / 16.3%↘︎

2016年 紅白40.2 / 35.1%⬆︎・笑ってはいけない17.7 / 16.1%↘︎

2015年 紅白39.2 / 34.8%⬆︎・笑ってはいけない17.6 / 15.3%↘︎

2014年 紅白42.2 / 35.1%↘︎・笑ってはいけない18.7 / 16.0%↘︎

2013年 紅白44.5 / 36.9%⬆︎・笑ってはいけない19.8 / 17.2%⬆︎

2012年 紅白42.5 / 33.2% ・笑ってはいけない16.8 / 16.5%↘︎

2011年 紅白41.6 / 35.2%⬇︎・笑ってはいけない18.2 / 16.6%⬆︎

2010年 紅白41.7 / 35.7% ・笑ってはいけない15.3 / 14.3%↘︎

2009年 紅白40.8 / 37.1% ・笑ってはいけない16.4 / 15.4%⬆︎

2008年 紅白42.1 / 35.7%⬆︎・笑ってはいけない15.4%(2部なし)⬆︎

2007年 紅白39.5 / 32.8%⬆︎・笑ってはいけない12.4%(2部なし)⬆︎

2006年 紅白39.8 / 30.6% ・笑ってはいけない10.2%(2部なし)

うーん…どうでしょうか。
前年と比べて明らかに上がった・下がった部分に矢印を入れてみました。
比べてみると、

「笑ってはいけない」の方が前の年より下がってきているようにも思えますね。

「笑ってはいけない」は低迷挽回なるか?!2019年はどうなる?

令和初、

2019年の紅白歌合戦は、総合司会にウッチャンナンチャンの内村光良さん
赤/白組司会が綾瀬はるかさん・嵐の櫻井翔さんと発表されています。

嵐は休止直前、米津玄師さんとのコラボレーションも発表されていたり、
初出演のアーティストにも注目です。

ここ最近の視聴率をみると、「紅白」に分配か?

というような気もしますが、
SNSなんかでは「紅白は好きな歌手が出た時だけ見る」といった声もあり、

2019年がどうなるのかはわからないような気もします。

 一方で、「絶対に笑ってはいけないシリーズ」2019年のテーマは、
レギュラーメンバーが学生生活を体験する『青春ハイスクール』。

新入生に扮したメンバー5人が大物タレントなど笑いの刺客による
”絶対笑ってはいけない”授業に挑みます。

視聴率をみると、なかなか伸びきらないような気もする
「笑ってはいけない」ですが、

番組の記者会見で出演するダウンタウンの松本人志さんが
「去年は面白くなかったが、今年は最後にふさわしい、いい出来ではないか」
と話しています(毎年最終回を匂わせています笑)。

松本さんのコメントからも、やっぱり期待が膨らみます!

紅白2019/笑ってはいけない 視聴率対決の行方は?

 

大晦日恒例のNHK「紅白歌合戦」と
日本テレビ系列「笑ってはいけないシリーズ(ガキの使いやあらへんで)」
の歴代視聴率をみてきました。

小さい頃から観てきた「紅白」が年末の象徴のように思っているのですが、
ここ数年は「笑ってはいけない」で年越ししていることもあり、
個人的にも毎年どちらを優先するか、悩ましい問題です。

ここ数年上昇の流れがある「紅白」は、その流れを保てるのか?

やや厳しい傾向の「笑ってはいけない」は流れを
断ち切って視聴率を獲得できるのか?

どちらも注目の2大特番、楽しみながら注目していきたいと思います!

おすすめの記事