THE BOYZ(ドボイズ)買ったほうがいいおすすめDVD・アルバム!ライブ動画を無料で見る方法!

THE BOYZ(ドボイズ )とは、2017年12月に韓国でデビューした11人の男性アイドルグループです。

Cre.ker Entertainment(クラッカー・エンターテインメント)という芸能事務所に所属しております。

 

2018年にはAsia Artist AwardsやMelon Music Awardsで新人賞を含みます、合計8つの賞を受賞するほどの実力のグループです。

2019年には4枚目のミニアルバム「DREAMLIKE」に収録されている「D.D.D」でアメリカ・イギリス・カナダなどの海外7か国でiTunesのK-POPアルバムチャートで一位を獲得するほどの人気グループに成長しました。

 

全員がセンターを張れるほどのルックスで、韓国および日本でも注目されるこれからの時代を担うおすすめのグループです。

メンバー11名をご紹介致しますと①サンヨン②ジェイコブ③ヨンフン④ヒョンジェ⑤ジュヨン⑥ケビン⑦ニュー⑧キュー⑨ハンニョン⑩ソヌ⑪エリック

の計11名です。

 

今回はTHE BOYZの買ったほうがいいおすすめアルバムのご紹介や、ライブ映像としておすすめのDVDやBlu-ray、そしてライブ動画を今だけ無料で見る方法をご紹介していきたいと思います。

THE BOYZの買ったほうがいいおすすめDVD・アルバムを紹介!

「Breaking Dawn」

THE BOYZの買ったほうがいいおすすめアルバム1位「Breaking Dawn」

発売日:2021年3月17日

紹介する買ったほうがいいおすすめアルバム1位は、THE BOYZ初の日本フルアルバムで、このアルバムのジャケットは通常ジャケット撮影してからMVを撮るそうなのですが、THE BOYZの場合はMVを先に撮影してからジャケット撮影しています。

 

一曲一曲が異なる魅力あふれる全8曲のアルバムなのですが、中でも収録曲の「Breaking Dawn」はダンスも中毒性も高く、パフォーマンスを一目見れば気に入る事間違いないのではないでしょうか?

そして日本語で収録した「FLAG」はメロディーラインも美しく、メンバー自身も日本語が前回アルバムより上手くなったのでは?と言うくらい上達していると思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Breaking Dawn (通常盤【A】Breaking Dawn ver.) [ THE BOYZ ]
価格:3135円(税込、送料無料) (2021/9/28時点)

 

「TATOO」

THE BOYZの買ったほうがいいおすすめアルバム2位「TATOO」

発売日:2019年11月6日

韓国でのデビューから二年の歳月を経ての日本でのデビューでした。

 

紹介する買ったほうがいいおすすめアルバム2位は、日本で発売したミニアルバムで、タイトル曲である「TATOO」を含みます完全オリジナルの全6曲が収録されており、日本語収録曲として「Stupid Sorry」があります。

 

K-POPアーティストでは珍しく、日本でリリースされるアルバムは日本語で歌ったものが収録されるのが当たり前であったのですが、THE BOYZは「Stupid Sorry」を除く楽曲を韓国語と英語で歌っています。

 

K-POPのファンの間では、日本語で日本のファンに向けて歌ってくれる事を良しとするファンと、オリジナルバージョンで歌って欲しいファンがおりまして、今回THE BOYZは後者の想いを汲んだアルバムを制作し発売しました。

オリコン週間アルバムランキング、Billbord JAPAN Albums Salesでは共に2位を獲得致しました。

THE BOYZの買ったほうがいいおすすめDVD

そんなTHE BOYZのライブ映像を見たい!と思うのですが、残念ながら、ライブDVDやBlu-rayが日本未発売で、日本では円盤(DVDやBlu-ray)を手に入れる事が難しく買ったほうがいいDVDやBlu-rayのご紹介は省かせていただきます。

しかし、時代はDVDやBlu-rayを入手出来なくても、オンラインや配信でライブ動画を見て楽しむ時代です。

なんと大人気のTHE BOYZのライブ映像を無料で見る方法があったので、今回ご紹介致します。

THE BOYZのライブ動画を無料で見る方法も紹介!

オンラインライブ「2021 THE BOYZ × ATEEZ ONLINE LIVE: 2WILIGHT ZONE」

日韓の通信企業であるKDDIとLG U+が2021年9月17日に開催したオンラインライブ「2021 THE BOYZ × ATEEZ ONLINE LIVE: 2WILIGHT ZONE」が「auスマートパスプレミアム」又はSHOWROOMが運営するアプリ「smash.」の月額会員を対象に見逃し配信されるのです。

 

他の動画配信サービス(ネットフリックス、Amazonプライム、Huluなど)では配信予定はありません。

 

「2021 THE BOYZ × ATEEZ ONLINE LIVE: 2WILIGHT ZONE」のオンラインライブは「auスマートパスプレミアム」ではマルチアングル横型バージョン、「smash.」は縦長バージョンが配信されます。

 

このライブではK-POPアーティストである「THE BOYZ(ドボイズ )」と「ATEEZ(エイティーズ)」のライブが見逃し配信されるのですが、大注目の新曲も披露される予定となっています。

 

ライブを無料で見るなら「auスマートパスプレミアム」がおすすめ

今回見逃し配信されるサービスが「auスマートパスプレミアム」と「smash.」の2つがあるのですが、今回はTHE BOYZのライブ動画を無料で見る方法として「auスマートパスプレミアム」での視聴をオススメ致します。

なぜならば、「auスマートパスプレミアム」を利用すれば、THE BOYZのライブ動画を無料で見る事が出来るのです。

\まずは30日間無料で体験!/

250_250_b

 

「auスマートパスプレミアム」を使って無料で見る詳細な方法について解説していきたいと思います。

 

「auスマートパスプレミアム」とは?

「auスマートパスプレミアム」は月額料金¥548(税込)で提供される映画やアニメに音楽聴き放題、書籍も読み放題となるサービスです。

 

そして今なら「auスマートパスプレミアム」を利用してオンラインライブ「2021 THE BOYZ × ATEEZ ONLINE LIVE: 2WILIGHT ZONE」の見逃し配信のライブ動画を無料視聴出来る方法があるのです。

それは、30日の無料お試し期間を利用する事で可能となります。

 

auスマートパスプレミアムのサービス内容

「auスマートパスプレミアム」は話題の映画・ドラマ・アニメが見放題、音楽は最新ヒット曲から懐かしの名曲まで聴き放題、書籍はファッション誌や週刊誌が読み放題、そしてライブチケットなどの先行予約が出来るサービスです。

 

そしてショッピングもお得になるクーポンもついてきます。

例えば祝日を含む毎週月曜日はTOHOシネマズの全劇場で1100円で、ユナイテッドシネマ・シネプレックスでは毎日1400円で映画チケットが購入できる特典がついてきます。

 

でも自分au使ってないしな…と心配しなくても大丈夫です。

なんと「auスマートパスプレミアム」はau以外をご利用の方も使えます。(例えばdocomoや格安SIMをご利用の方でも大丈夫です)

 

無料お試し対象者について

「2021 THE BOYZ × ATEEZ ONLINE LIVE: 2WILIGHT ZONE」がこの30日間の無料お試し期間、つまりは、ライブの見逃し配信の無料視聴がご利用いただけるのは“今までにauスマートパスプレミアムに登録したことが無い人”“今までにauスマートパスに登録したことが無い人”が対象です。

 

auスマートパスプレミアムその他のサービス

「auスマートパスプレミアム」は映画やアニメ、音楽や書籍などのエンタメサービスの他に、快適なスマホライフを支える“安心”サービスを提供しております。

例えば、「au Wi-Fiアクセス」、「ウィルスバスターfor au(Android)」、「データお預かり」では写真やアドレス帳などのデータを50GBまでauサーバ上に預けられます。

 

その他の機能や退会について

・テレビで視聴

「auスマートパスプレミアム」で「2021 THE BOYZ × ATEEZ ONLINE LIVE: 2WILIGHT ZONE」を見る為にはChromecastが対応しております。

残念ながら「Amazon Fire TV」や「Apple TV」などは非対応です。

 

・ダウンロード機能

動画のダウンロード機能が無いので、Wi-Fi接続が無い場所での利用はデータ通信量に気を付ける必要があり、外出先などで楽しむのは難しい場合があるかも知れません。

 

・退会について

初回入会時の日を1日目とし、30日間の無料視聴期間中に退会した場合は料金は一切発生しませんので安心してご利用下さい。

 

今後の活躍が期待されるK-POPグループのTHE BOYZのライブ動画を、無料で楽しめるこの機会に是非ご覧ください。

\まずは30日間無料で体験!/

250_250_b

おすすめの記事