ドラゴン桜2[8話]無料動画と勉強法(ネタバレあらすじ)!見逃し配信サイトの視聴方法

2005年に放送された「ドラゴン桜」の15年後を描く続編が2021年4月より「ドラゴン桜2」として放送開始されました。

「ドラゴン桜2」の第7話では、専科の7人が東大模試を受験しました。

「合格の見込みが無いと判断された者は専科を辞めてもらう」と桜木(阿部寛)は言いましたが、結果がどうなるか?ドラマ終盤まで目が離せない展開でした。

それと同時に学園買収計画も何やら水面下で動き始めており、前理事長とIT企業の坂本(林遣都)、それに松原(市川右團次)、そして何であなたがここに!?な人物も終盤に登場しました。

 

何だかんだで現理事長の龍野(江口のりこ)もただただ桜木が憎いだけではない?という面も見えてきて、東大専科の受験の行方や、龍海学園高等学校の次の理事長は誰になるのか、そして買収計画で学園自体の存在がどうなってしまうのか…「ドラゴン桜2」第8話はもちろんの事、最終回まで目が離せません。

 

今回も「ドラゴン桜2」8話のあらすじや見どころ、ロケ地に出演者情報、そしてネタバレや視聴者の感想をお楽しみ下さい、そして「ドラゴン桜2」の見逃し配信を無料で見られる方法も合わせてご紹介していきたいと思います。

ドラゴン桜2ドラマ8話のあらすじ

 

前回のあらすじでは、前理事長が桜木に「東大合格者は5人出せそうか?」といかにも大事な事のように聞いていましたが、東大合格者が5人出たら、学園は前理事長の思惑通り売却される、という条件から桜木の専科メンバーの行方が気になっていたようでした。

 

「ドラゴン桜2」8話の予告のあらすじでは、専科の生徒が生徒に授業をさせている様子が流れていました。

桜木は専科のメンバー7人それぞれに合った勉強法を伝授するといったあらすじで、その内容も必見です。

 

そして8話のあらすじでは岩崎(平手友梨奈)が専科のメンバーから抜ける!?かも知れない状況になりそうで、バドミントンの世界に再び戻って行ってしまうかも知れません。

それどころか、桜木から「お前には東大は無理だ、専科はクビだ」と言うセリフが予告編で流れていました。

これはやはり岩崎に向けられた言葉なのでしょうか?非常に気になるところです。

 

ドラゴン桜2ドラマ8話の無料動画と見逃し配信サイトはどこ?

過去の「ドラゴン桜」「ドラゴン桜2」の見逃し配信が見たい!

出来れば無料で!と思ったら動画配信サイトはParaviとなります。

現在、ドラゴン桜2はhuluやamazonプライムでは配信しておらず、ドラゴン桜2はParaviのみの独占配信となっています。

※違法動画サイトでも配信されているかもしませんが、画質が悪かったり、ウィルスに感染する危険も高く、ウィルス感染した場合、自分だけではなく他人にもウィルス感染させてしまい迷惑をかける可能性もあるので、後から後悔しないように2週間無料で見ることができてドラゴン桜2を独占配信しているParaviでみることを強くおすすめします!

Paraviは2週間無料のお試し期間があり、2週間の期間終了前に解約すれば、一切料金は発生しませんので安心してください!

ドラゴン桜2を2週間無料で今すぐ視聴する!

本ページの情報は2021年6月時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

【料金とお試し無料期間】

Paraviとは月額1017円(税込)で提供されているVOD(ビデオオンデマンドサービス)です。

なんと今なら入会から2週間の無料お試し期間付きとなっております。

ドラゴン桜2を2週間無料で今すぐ視聴する!

【配信作品について】

Paraviでは見逃し配信にも対応し、「ドラゴン桜2」を始めとするドラマのTBSと言われるくらい数多くの優良過去作品を取り揃え、他にもWOWOWの過去作品やテレ東の見逃し配信や過去作品も多数取り揃えております。

【アカウント管理・対応デバイスについて】

1アカウントにつき5台のデバイス登録が可能で、7つのプロフィールが登録可能、つまりプロフィール毎にマイリストとして管理可能なのです。(家族に何を見ているかがバレません。但しストリーミング再生は同時視聴不可です。)

スマホ、タブレット、パソコン、での視聴はもちろん、Chromecast、AmazonFireTV、Apple TV等テレビなどの大画面でも視聴可能となっています。

【ダウンロード機能について】

外出時に役に立つダウンロード機能も有しており、2台までダウンロード可能、そしてダウンロードは2台同時視聴が可能で、家にいなくても見逃し配信や、映画、ドラマをいつでもどこでも楽しむ事が出来ます。

【お得なParaviチケットを毎月付与】

無料期間終了後は、550円(税込み)のParaviチケットが毎月付与されレンタル作品を一本視聴可能です。

ドラゴン桜2を2週間無料で今すぐ視聴する!

 

ドラゴン桜2ドラマ8話の見どころ

「ドラゴン桜2」第8話では生徒が生徒に授業をするところが見どころです。

仕事で引継ぎもしくは、教育係をした経験がある方ならお分かりになると思いますが、他人に教えるとは、実は自分が深く物事を理解していないといけません。

 

何となく分かった風や、難しいからと曖昧にしていた事も、教える立場になると通用しませんし、教える事は自分の理解を深める良い経験になります。

個人的見解ですが、桜木はそれを狙っているのかも知れません。

天野(加藤清史郎)は自分より頭が良い専科のメンバーに授業するのを嫌がっている様子でしたが、相手と同等もしくはそれ以上に理解していないと授業出来ませんから無理もありません。

 

そして第8話は岩崎がキーパーソンになりそうです。

岩崎にとってバドミントンはとても大切なもののようですが、岩崎自身よりもどちらかと言うと両親の方がバドミントンにより熱心な様子で、岩崎自身の本音はバドミントンでオリンピックを目指したいのか、東大専科で頑張りたいのか…?一体どちらの選択をするのでしょうか?

 

両親が教育熱心というのは同じ専科メンバーの小杉(志田彩良)の場合とは真逆で、親の期待が熱い岩崎自身は自分の未来をどう切り拓いていくのか?「ドラゴン桜2」第8話も必見です。

 

ドラゴン桜2ドラマ8話のロケ地・出演者の情報等

出演者情報

「ドラゴン桜2」第7話で、専科をクビになる!と勉強にも、東大模試でもパニックになっていた早瀬こと南沙良さん。

 

インタビューでは、早瀬と南さんは正反対の性格だと答えておられ、早瀬は何でも思った事を口に出すタイプで、自分は口に出さないタイプなんだそうです。

自分の性格とは真反対のキャラクターを演じるとは、南さんにとってチャレンジングな役柄ですね。

 

先輩の阿部寛さんや長澤まさみさんから学ぶ事も多いようで、阿部さんからは言葉の一つ一つに重みがあり、長澤さんからはセリフの間やテンポ、言葉の発し方を直で感じているらしいです。

阿部さんとは「仏像鑑賞」の話でお互い盛り上がっているんだそうで、仏像がお好きとは、かなり知識欲が高い方なんですね。

その貪欲な姿勢で、これからも女優として大物になっていくかも知れない南沙良さんに大注目です。

 

ロケ地情報

・龍海学園の外観ロケ地はおなじみ「とちぎ海浜自然の家」です。

 

・瀬戸・早瀬・岩崎・天野の4人が歩いていた海岸沿いの道のロケ地は、茨城県東茨城群大洗町磯浜町にある大洗公園駐車場の東側です。

 

・東大専科の生徒が夏休みに集まって勉強会をしていたお店「Black Pearl」のロケ地は茨城県鉾田市大竹にある大竹売店です。

 

・楓の両親が話をしていたホテルのロケ地は、千葉県浦安市にある東京ベイ東急ホテルで撮影されております。

 

・岩崎がバドミントンの実業団練習に参加していた体育館の説け地は、墨田区金糸にある墨田区綜合体育館です。

 

・岩崎が過労で倒れて運び込まれた病院のロケ地は、千葉県千葉市中央区にある千葉大学医学部附属病院です。

 

ドラゴン桜2ドラマ8話の勉強法(ネタバレあらすじ)

 

今回の主役は岩崎楓でした。

冒頭、岩崎の両親はバドミントンでダブルスを組んでいた清野の活躍が面白くない様子で、母親はイライラしながら娘である楓に「怪我なんかするから!」と責め、それを黙って聞く楓。

両親のバドミントンに対する期待と熱意が大きい事がうかがえます。

 

一方龍海学園の理事長室では、桜木、水野(長澤まさみ)、理事長、校長、教頭(及川光博)が集まって、桜木に届いた発信者不明のメールで、そこに書かれていた学園買収計画について会議が開かれていました。

理事長による前理事長は企みをネタバレしますと、前理事長は学園売却を企み、その跡地には統合複合型リゾート施設の計画があるのだ、と桜木達に説明します。

 

そして東大合格者が5人以上出れば現理事長は解任され学園も売却、今後5年間水野法律事務所との契約がある、といった約束は反故される事、東大合格者が5人未満であってもそれは元からの教育コンサルの契約不履行という事で、桜木達とは契約終了する。

 

どっちに転んでも桜木と水野には全く旨味の無い契約である事が分かってしまうのです。

ですが、理事長始め東大を目指す生徒には東大合格者が何人であろうと直接は関係の無い話なので、全力で専科メンバーの合格に向かって取り組んでいこう、という方針は一致します。

 

「ドラゴン桜2」第8話の特別講師を誰かネタバレしますと、それは専科の生徒自身でした。

生徒が生徒に授業をするのですが、その目的は今まで専科メンバーは基礎知識を詰め込んできたが、それを使いこなせる状態にすること、それが真の理解というものだ、という教えのもと生徒同士で授業をさせたのです。

 

そのチャレンジングな方法に、「やる!」と真っ先に手を挙げたのは瀬戸(高橋海人)でした。

瀬戸は桜木から東大合格には学力的に程遠いと心配されていましたが、ここ一番!の勇気の見せ所というか、肝っ玉が据わっている子だな、という印象でした。

 

瀬戸は英語の「Must」の使い方について授業をしましたが、所々間違っており桜木には授業に対する心意気は褒められましたが「何故間違えたか?」について何度も何故?それは何故?と問いかけられます。

瀬戸はこんな間違えた言い訳ばかりさせて意味が無い!と反発しますが、桜木は言い訳には「勝者の言い訳と敗者の言い訳」があると説きます。

 

この言い訳についてネタバレしますと、敗者は人のせい、たまたま間違えたと言い訳するが、勝者はミスした原因を徹底的に分析し改善出来る事はないか考える、と言います。

なぜ間違えたのか、桜木は勝者の言い訳をすべきだと教えたかったのです。

 

そんな中、夏休みがやってきますが、専科の生徒はどんな特別特訓が待っているのか?と待ち構えますが、桜木は後は自分でやれ!と突き放します。

自分で困難を乗り越える事は大きな力になる、それを身に着けろ、という事らしいです。

 

水野からは生徒達の性格に合わせてどのうような勉強法が向いているか?

アドバイスがありましたが、好きな本の読み方ひとつで勉強法を二種類に分類し、双方勉強に向き合う姿勢が全く違う事に驚きました。

詳細はあまりにもネタバレになってしまうので、是非本編の見逃し配信を見ていただきたいな、と思いますが一つ一つメモに取りたくなるような内容でした。

 

夏休みは専科メンバーが「Black Pearl」に集まって勉強をしていましたが、岩崎は父親が方々駆け回って、バドミントンの実業団の練習に参加する事になりました。

どうやら岩崎は両親に東大受験したい!と言う事を伝えられていないようです。

 

岩崎は昼間は実業団の練習に参加し、「Black Pearl」には顔を出さなくなりましたが、東大受験を止めるつもりは無く、満身創痍の身体で夜は勉強机に向かって頑張っていました。

そして再び東大模試を受けた専科のメンバーでしたが、皆一様大幅な点数アップする中、岩崎だけは点数を落としはしませんでしたが、伸びがイマイチだった為、仲間は心配しますが“自分の問題だから”っとそれを突っぱねます。

 

そして岩崎が実業団の練習にも参加している事が専科メンバーに知られるところとなり、力になりたい、と言ってくれる仲間の言葉を素直に聞けない岩崎、その場から立ち去ろうとした時、ついに疲労から倒れてしまいました。

病院に運ばれた岩崎は水野や早瀬、瀬戸達に付き添われていましたが、これから両親が迎えに来る、と聞かされた瞬間に逃げ出そうとします。

 

そこに桜木がやってきて岩崎に、お前は専科をクビだ、と言い渡します。

桜木は岩崎に「東大合格の見込みなし」と見たようですが、岩崎は本当は東大専科メンバーと頑張って東大行きたいハズなんですが、両親をどうやって説得するのか…岩崎を奮い立たせる為に「勝者の言い訳、敗者の言い訳」のシーンで見た「何で?何でそう思う?」の言い訳がこのシーンでもフラッシュバックしてくるんです!

 

このシーンは桜木、岩崎、両親の迫真の演技で胸が熱くなってしまいました、是非本編の見逃し配信で確認して欲しいです。

あと水野は坂本に差出人不明のメール追跡を頼んでいましたが、誰が差出人であったのか?ドラマ終盤には龍海学園に買収の為に直接あの人達が乗り込んでくるのですが、それも見逃し配信の本編を是非ご覧くださいませ。

ドラゴン桜2ドラマ8話 感想

 

今週は平手友梨奈さんの回…これに尽きる感想です。

バドミントンのオリンピック候補になるほどの選手という事でしたが、ラケットさばきが滅茶苦茶早くて、早送りしている?と思わせるほどでした。

平手さんはダンスのキレがスゴイので、こういったシーンも画面映えするように演じる事が出来て素晴らしいな~というのが感想です。

 

私のお気に入りの藤井(鈴鹿央士)が今週もとてもよかったです。

それ意味ないじゃん、そんなの嫌だ、それが出来れば苦労しない、とイチイチ言い訳して茶化すのですが、桜木・水野に納得の説明をされると、コロっと表情を変えて、それスゴイじゃん…とウキウキしている顔が本当に可愛かったなぁ~という今週の藤井に対する個人的感想です。

素直になれないキャラだからこそ、素直になる瞬間がたまらない8話であり、私の感想でした。

 

ドラゴン桜2ドラマ8話の視聴者の口コミ・評判

 

 

ドラゴン桜 関連記事
おすすめの記事