1歳1ヶ月から芸能界で活動している加藤清史郎君

2009年のトヨタ自動車のCMのこども店長と言った方が「あぁ!」と分かってもらえるかもしれませんね。当時まだ8歳で、ちょっと舌足らずな話し方ですが、大人っぽい口ぶりと大人顔負けの演技力で一気にブレイクを果たしました。

その清史郎君も今では18歳!

2020年4月からは大学生になっています。

時が経つのは早いですね・・・。

もともと整った顔立ちをしていた清史郎君ですが、今も超イケメンなんですよ!!

加藤清史郎 現在の姿と仕事!身長は?

加藤清史郎君は、現在大学生です。

2019年いっぱいまで、0歳から所属していた劇団ひまわりとの契約を終了、今は研音に所属しています。人見知りをしない子だからと母親が生後2ヶ月で登録してから、なんと18年2ヶ月も所属していたというので驚きですね。

小学生時代には、大河ドラマ『天地人』にも出演しましたし

『徹子の部屋』には当時史上最年少で出演

『笑っていいとも!』のテレフォンショッキングにも出たことがあるという輝かしい経歴を持っています。

高校時代は学業優先にしていたため、芸能活動はそれほど多くありませんでしたが、大学生になったことで、再び映画の仕事を始めており、2020年に『太陽は動かない』『ハンド全力』の2本が公開予定となっています

『ハンド全力』では主人公の清田マサオ役ということで、ほぼ初めての主演という感覚で主演の責任についても考えたそう。

ただ実際の撮影に入ったら、みんなでワイワイ撮影が進んでいって、そんな緊張感は徐々に薄れていったそうですよ!

「清史郎がカラを破って楽しむことが今回の重要な鍵だから、気負わずに楽しもうぜ」

という松居大悟監督の言葉も大きかったとか。

子役出身の子供たちは大人になっていくとイメージが変わったりしがちですが、清史郎君は元々の可愛さを残しながらもイケメンぷりが加速しました。ジャニーズのタレントと言ってもおかしくないくらいの爽やかイケメンに成長したのです。

小さくて可愛かった加藤清史郎君も今では身長も163㎝。

決して高身長ではないですが、すらっとして細身ですし、これまでの経験を生かして今後の芸能活動を行っていくと期待されます。

加藤清史郎の出身高校と大学は?立教大学に通っている?

清史郎君は高校時代、実はイギリスに留学をしていました。

だから仕事をセーブせざるを得なかったのですね。

学校が休みの間だけ帰国し仕事を行っていたそうです。

清史郎君は小学生の頃から英語に興味を持っていました。

小学6年生の時に出演した『レ・ミゼラブル』の舞台の時に、清史郎君は英語で指導を受けていたのですが、その時に、通訳を介さないで英語で話ができたらもっと役作りや演技が良いものになるのでは?と感じたそう。

小学6年生で・・・もうプロですね!

さらに中学2年生の時には、将来も俳優を続けていくことを決意します。

市川海老蔵さんが座長を務める舞台で将来について海老蔵さんに相談した時に言われた

「13年も役者をやっているのに、そのキャリアを捨ててまで野球をやるのか?」

という言葉で覚悟を決めたそうです。

そして同時に10代のうちにいろいろな勉強をしておこうと思ったそうです。声変わりや成長する俳優としては中途半端な時期を勉強のために過ごす、そう決めた清史郎君は高校生の3年間をイギリス留学することに決めました。

日本の学校の付属校とは言え、全寮制のロンドンの学校。日本の高校でロンドン校がある学校は「立教英国学院部」と「帝京ロンドン学院」の2校だけで、全寮制なのは「立教英国学院部」のみなので、清史郎君は立教英国学院部ロンドン校に通っていたと思われます。

イギリスの食事は口に合わなかったそうですが、クラスメイトと夢を語ったり、かけがえのない友人を作ったりと楽しい生活を送っていたそうです。

イギリスの劇場にも通い、お芝居について考えていくうちに、大学でもしっかり勉強したいという想いが沸き上がり、大学進学も決めたそう。2019年12月には進学という報道があったので、おそらく推薦入試で進学が決定したと思われます。

推薦で決まったとのことで、系列の立教大学に進学したのが有力視されていますが、大学名は公表されていません。

加藤清史郎の弟 加藤憲史郎君の年齢は!?

清史郎君が目指しているのは「なんでもできる役者」とのこと。

堤真一さんのような、凄みのある任侠作品に出演できて、いいお父さんやコミカルな役も演じることができるようになりたいそうです。

清史郎君の弟の加藤憲史郎君も劇団ひまわりに所属しています。

2代目こども店長としてCMに出演していたこともありますね。

まだ憲史郎君は12歳なので、これからの成長が楽しみな存在です。

いつか大人になった2人が共演するなんていう日もあるかもしれません。

子役としてプロとしてさまざまな経験をして、さらに自分の将来についてしっかり考えて行動している清史郎君、イギリス留学を終えたこれからの彼の演技力が楽しみです。

おすすめの記事