兼近大樹が逮捕・犯罪歴でも好感度が落ちなかった3つの理由!大学・高校・出身は?

大人気お笑いコンビ「EXIT」のイケメン兼近大樹さんについて今回は取り上げてみたいと思います。

EXITはお笑い第七世代でも頭一つ飛びぬけている大人気のコンビであり、「ホンマでっか!?TV」ではマツコ・デラックスさんの代わりとして新レギュラーに、2020年10月からは単独MCを務める番組「EXITV!~FODの新作・名作をPon!Pon!見せまくり!~」も大好評放送中です。

相方のりんたろー。さんは介護のお仕事を、兼近大樹さんはベビーシッターのお仕事をしていた事からチャラ芸人なのに、芸人の傍らしているお仕事が真面目でギャップがあり当初注目を集めました。

そんな兼近大樹さんのプロフィールや出身大学、出身高校、出身中学の学歴について、そして逮捕された過去があっても尚好感度が落ちないのか?について調べてみました。

兼近大樹の大学、高校、中学の学歴・出身は?

ではまず兼近大樹さんのプロフィールからご紹介します。

兼近大樹プロフィール

生年月日:1991年5月11日生まれの現在29歳
身長:172cm
血液型:O型
北海道札幌市出身

続いて学歴や生い立ち、芸人を目指したキッカケやEXIT結成についてご紹介します。

兼近大樹 学歴

中学:札幌市立新川中学校

高校:札幌北高校 定時制課程を中退

定時制高校以前にも全日制の高校に進学していましたが、中退しています。

大学:進学せず
よって学歴としては大学進学はせず、高校全日制と定時制を二度中退している事となります。

兼近大樹の生い立ち・両親の離婚・兄弟は何人?

兼近大樹の生い立ち

中学三年の時に両親が離婚し、母子家庭で育ちました。

兄弟は兄・姉・妹がおり4人兄弟です。

中学では野球部に所属しており、主力選手、そして全道大会まで進んだ実力の持ち主でした。

依然家庭の生活は厳しく、中学生ながら新聞配達のバイトで家計を支えていた兼近さん、毎月バイト代10万円ほどを家計に入れていたそうで、中学生ながら毎月10万円を稼ぐとは相当仕事をしていたようです。

兼近大樹が芸人を目指したキッカケとEXIT結成の経緯

兼近大樹が芸人を目指したキッカケ

窃盗事件の関与を疑われ自身二度目の逮捕(後に不起訴処分で釈放)され10日間拘留されていた時に友人からの差し入れで、又吉直樹さんのエッセイ「第2図書係補佐」を読みお笑い芸人を目指し北海道出身の兼近さんは心機一転上京します。

そこで出会った相方の逢見亮太さんと「ぷりずん。」を22歳の時に結成しました。

EXIT結成

ぷりずん。としては4年ほど活動後に解散、2017年にりんたろー。さんとお笑いコンビ「EXIT」を結成します。
相方のりんたろー。さんは元々「ベイビーギャング」というコンビで活動していましたが、相方の北見寛明さんの二度の無免許運転での逮捕と有罪判決、それを事務所に報告をしていなかった事も相まって半年間の謹慎処分になりベイビーギャングは2016年に解散してしまいました。

ベイビーギャングは当時それなりに注目されていてちょくちょくテレビ番組にも呼ばれていて、特に相方の北見さんがイケメン!という事で注目されていました。

相方のりんたろー。さんはさほど目立っておらず、EXITのりんたろー。は元々ベイビーギャングというコンビだった、と知った時は結構ビックリしました。

ベイビーギャング時代とEXITとして二度も表舞台に立ってくるあたりは流石に実力があるんだな~と思います。
兼近さんとりんたろー。さんは共に相方が不祥事を起こして解散した経験がある事からテレビ番組で自分達を「コンプライアンスごり守り芸人」を自称して笑いを取っています。

「ぷりずん。」の解散理由は相方逢見さんの体調不良という事でしたが、表には言えない事情があったようで真実は未だに語られておりません。

兼近大樹は逮捕、犯罪歴でも好感度は落ちなかったのなぜか?

兼近大樹の逮捕、犯罪歴は?

兼近大樹さんに2度の逮捕歴がある事が2019年9月に週刊文春で報じられました。

その内容は以下の通りです。

2011年11月に売春防止法で逮捕、罰金刑を受けています。

2012年8月に現金1000万円入りの金庫を盗む窃盗容疑で逮捕、その後不起訴という内容です。

1度目の逮捕時に兼近大樹さんは、「法律違反であると分かってはいたが、それの何が悪い?」と思っていたそうです。

恐らく、売春を斡旋した側、斡旋を受けた側がいて、どちらにも被害者がいない、という考えから当時の兼近さんは「一体なにが悪いのか?」と考えたのだと思います。

当時の兼近さんを取り巻いている人間関係、友人達の間では警察のやっかいになるのはごくごく当たり前の出来事で、特にそれがいわゆる世間一般では「普通ではない」という認識が無かったそうです。

ですが、自身二度目の逮捕拘留時に又吉さんのエッセイを読んで、自分を取り巻く世界の方が普通ではない、このままではダメだ、と気づいた兼近さんは今までの人間関係やその他もろもろ捨て芸人になる為に上京します。

そんな兼近大樹さんはインタビューで昔の自分は卑屈だった、と語っておられました。

同年代で活躍して輝いている人を見ては、自分には~がないと「ない」ものばかり数えていたそうです。

時が経つにつれて、今度は自分が持っているものを数えるようになり、この世に自分は存在しても良いんだ、と思えるようになったと言います。(それは友人だったり、自分を良い人と言ってくれる人だったりです。)

犯罪歴があった!と週刊文春で報道された時の相方に対する心境を相方のりんたろー。さんもインタビューで語っておられます。

りんたろー。はEXIT結成時に、兼近の売春斡旋の犯罪歴は知っていた

りんたろー。さんはコンビ結成時に、兼近さんに売春斡旋の犯罪歴がある事を知っていました。

りんたろー。さんは過去の事がある兼近さんだからこそ、「今」をすごく気を付けている人、でありここで自分が兼近さんから離れたら、兼近さんには何かある度に人から離れる選択を今後の人生でさせてしまうのではないか?と思ったのと、今の自分が兼近さんを認めているのだから、一緒にお笑いをやりたいと思ってコンビ結成したそうです。

コンビ結成の際にりんたろー。さんは兼近さんの過去も全て受け入れていたんですね。

これってなかなか出来る事ではないと思います。

その後売れっ子になってこの事実がいつ露呈するか…?と不安になると思うのですが、「何かが起きたらその時に考えればいいや」くらいの気持ちでいたそうです。

実際週刊文春の突撃取材を受けた兼近大樹さんは「やっと本当の事が言える、嬉しい」とまで語りました。
犯罪歴がある事は事務所から固く口止めをされていたようで、それも本当は心苦しかったとの事。

その後兼近さん自身のTwitterでこの事に関する心境を述べています。

①過去の法律違反を美談にする気も肯定する気もありません。
②最初から真面目にドロップアウトせずに日々過ごしている皆様が正しい。
③未成年時の罪が報道されてしまった事でも自分のした事なので、受け入れるし世の中に事実を伝えられたので多少の感謝もある。

あっさり犯罪歴がある事を事実だと認め、それをどう視聴者やファンが捉えようが構わないし自由である、と言っています。

グレても今頑張っているんだから責めるな!

とか家庭環境悪かったんだから仕方ないですよね?

と同情を買う事もしないし、私達に嫌わないでくれ!という感情の押し付けが一切ないんですね。

人気商売でもともと好感度が高かった故、もう少しすがったり、同情を買う事を言ってもおかしくないと思うのですが、かなり潔い認め方だな~と思いました。

ですがその後犯罪歴もろもろ含め、兼近さんの半生を追った「爆報!THEフライデー」で逮捕された当時の心境を兼近さんの母親が涙ながらに語ったり、母からの手紙に相方のりんたろー。さんが号泣していたりと、「犯罪歴を美談にしている」という意見もありました。

これは番組の構成もあるでしょうが、こういった「美談にしている」ように見えるから嫌いになったと感じる人がいても兼近さんは多分それはそれで良いんでしょう。

これが第七世代なのか、みんなに好かれよう!好感度を上げよう!とはなから考えていないのが分かります。

あっさりと兼近さんが逮捕歴を認めて、むしろ本当の事が言えて嬉しい、とまで語った騒動ですが、そもそも報道の仕方について問題があるのでは?という意見もありました。

問題点は2つあり

①未成年時の逮捕歴を報道していいのか

②更生を妨げるような事をしても良いのか?という点です。

①は通常であれば未成年は新聞にも実名が載るような報道はされないのに、過去の未成年時の事を掘り起こされて今更報道する必要があるのか?という事。

②は今現在更生し社会活動を営んでいる人間に対し、それを妨げるような事をして良いのか?という事です。

今現在兼近さんが罪を犯して逮捕されたら大々的に報道されるのは分かりますが、何の為に報道してるのか?そもそも大っぴらに世間一般にこの人犯罪歴ありますよ~と有名人なら何でもバラシていいのか?と報道する側の方がどうかしているんじゃないか?という事です。

兼近大樹が犯罪歴があっても好感度が下がらない3つの理由

①正直に事実を認め同情を買っていない事

②未成年時の犯罪歴をそもそも報道していいのか?という事

③兼近さん自身これが原因で嫌われても良いし、どう思おうとそれは私たちの自由だというスタンスである事。

兼近さんやEXITが好感度がある要因としては、他人と違う意見を言うのを恐れない所、周りの主流の意見と違う意見でも堂々と言える所もあると思います。

これは同じお笑い芸人のカズレーザーさんと似ている部分があるかな、と感じています。(ちなみにカズレーザーさんは関西名門私立大学の同志社卒業です。)

ワイドショーやニュース番組のコメンテーターに呼ばれるのも、自分の意見を主流派と違っても堂々と言える事が理由ではないかな、と思います。

これは出身大学が~など学歴など関係なく言いたい事、思った事が言う!という本人の確固たるスタンスが確立されているのでしょう。

主流な意見と違う意見を言うってとっても日本人が苦手で、言いたいこと飲み込んでいる人が大半でこういった事出来る人は憧れて好かれます。

あと単純にネタが王道でしっかり作られていて面白い、トーク番組でもチャラ男キャラで笑いが取れ、なおかつ実は真面目なんでしょ?と降られても真面目エピソードで笑いを取れるお笑いスキルが普通に高いから今でもテレビに引っ張りだこなんだろうと分析します。

最近は歌手活動にも精力的でYouTubeチャンネルの「EXIT channnel」も登録者71万人越え、テレビを付ければ何かしらほぼ毎日出演しているEXITをこれからも応援しても良いかな?

と思える人は応援していきましょう。

おそらく兼近さんもそれで良いよ!と言っていると思いますので。

おすすめの記事