ニジプロジェクトの韓国合宿が始まり、そこで頭角をめきめきと出し始めているメンバーがアヤカこと新井彩花ちゃん。最初はスジ(元missA)に似ているというビジュアルで注目を浴びた女の子ですが、表現力やダンスなど日本合宿中は課題が山積みでした。

でも韓国合宿に入り、徐々に成長。

特に先日のチームミッションでは彼女の良さがすべて出ていて、注目度が増しています。今回はそんなアヤカを深堀りしていきます。

アヤカのプロフィール

名前:新井彩花
生年月日:2003年6月20日
血液型:A型
身長:163~165㎝くらい?
趣味:おいしい物を食べること、モッパンを見ること
特技:平泳ぎ、どこでも寝れること

モッパンとは・・・韓国語で「食べる」と「放送」を一つにした単語で、つまり飲食をするところをコンテンツとして放送することを言います。

韓国で2008年に始まり2010年ごろからブームとなりました。

アヤカは東京での地域予選で、プロデューサーのJ.Y.Parkから「missAのスジに初めて会った時を思い出しました。とても似てると思います」と言われたことで、デビュー候補にいきなり躍り出ました。

ただ彼女の問題はダンスと歌の実力。ビジュアルで注目された分、やはり他の部分にも人の視線は集まりますが、9年ダンスを習っていたというアヤカにJY.Parkは「(9年も)ダンスを習ってこのレベルということは練習を全くしてないということ。

このままデビューしても歌手を長く続けられないと思います」とハッキリ伝えます。

その上で

「実力で判断したら不合格にするのが当然だけど、家に帰っても新井さんが頭から離れないと思います」

「君という人のスター性を見て合格にします。成長する姿が見られなかったら、その時は落とすしかないです」

とのことで合格。

確かに、もともと可愛いビジュアルはもちろん、何か人を惹きつける何かが彼女にはあります。それを逃すのはもったいない、あとは本人がどこまで頑張るかだとJY.Parkも判断したのでしょう。

その後のダンスレベル評価では、まだうまいと言われるレベルではなかったものの、成長が認められ虹キューブを獲得。

日本合宿ではダンス・スター性・人柄で3つの虹キューブを獲得、最終順位は14位でギリギリ韓国合宿進出を決めました。

アヤカが韓国合宿で急成長!

ギリギリで韓国合宿に進出したアヤカは、チームミッションでミイヒとリマと組むことになりました。

ミイヒは日本合宿で2位、リマは4位。

上位メンバーがアヤカをどう引っ張っていくかが一番の問題と思われていました。さらにミイヒが日本に帰国していたこともあり、他のチームに比べると練習時間が短かった彼女たち。

課題曲I.O.I「Very Very Very」をアヤカをセンターにして、見事のパフォーマンスを披露したのです。日本合宿通過がギリギリだったことでアヤカ自身、気持ちを入れなおしたのか、練習の成果がやっと出てきたのか、3人のとにかく「可愛い!」パフォーマンスはプロデューサーのJY.Parkも思わず笑みがこぼれてしまうほど。

ミイヒの素晴らしい歌

リマのラップ

それに負けないくらいのパフォーマンスをアヤカは自信を持って披露したのです。

ダンスもしっかり踊れていた上に、表情豊かに踊るアヤカ、JY.Parkは彼女をここまで残しておいて良かったと思ったことでしょう。

「僕が知っているアヤカと同一人物とは思えない。ミッションを重ねるたびに成長ぶりが見えます」

とまで言わせたアヤカ

ミイヒとリマにも賞賛を送り、彼女たちは見事虹キューブを獲得しました。

この3人のパフォーマンスはニジプロジェクトファンをも魅了。

「3人ともこれまでで一番輝いてたよ!」などTwitterでも反響が殺到しました。

アヤカはメイクで別人に!!

地域予選では、ノーメイクでふんわかとした印象をしていたアヤカですが、オーディションを重ね、プロの手でメイクしてもらうと、可愛さの中におとなっぽさも混ざって、もうデビューしていてもおかしくないというレベルになっています。

パーツが整っていて、その場の衣装によって可愛くも大人っぽくもなるアヤカ、スター性は抜群。そのことはスター性審査で見せたテニス講座でも明らかでした!

アヤカファンを急増させた「少し変わったテニス講座」は、自分で用意してきた曲をかけながら、ダイエットにはテニスが良い!

腕に虫が止まったらラケットでたたく、テストがうまくいかなかったときはテニスで気持ちを吹き飛ばして気にしない!お母さんが怒っていて嫌な気持ちの時はテニスでストレス発散!と独特の講座を披露しました。

かなり独特の講座と彼女の表情に、JY.Parkもファンもあっけに取られながらもなぜか彼女から目が離せない、そんな感じになったと思います。

ただ、これからはデビューしてやっていける歌とダンスの力を磨いていくことが求められるのでしょう。
まだまだ伸びる力はあると思うので、アヤカの成長が楽しみですね!

おすすめの記事