4月から始まるフジテレビの連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」に桜井ユキが出演します。

桜井ユキと聞いても、まだ顔と名前が一致する人はまだ少ないかもしれません。

ですが、

2019年には全クールのテレビドラマにレギュラー出演

さらには

『コンフィデンスマンJP -ロマンス編-』
『マチネの終わりに』

などの映画にも出演するなど、大活躍中の女優さんなのです。

今からチェックしておくべき女優、桜井ユキについて調べてみました!

桜井ユキって誰?どんな人?プロフィールは

 

遅咲きの女優と言われる桜井ユキ、まず気になるのは年齢ではないでしょうか。

彼女は1987年2月10日生まれの現在33歳です。

もともと大人っぽい顔をしているのですが、服装やメイクによって雰囲気をガラリと変えることができる女優さんです。

実は、小学校3年生の頃から女優を目指していたという彼女、19歳の時に地元の福岡から上京したのですが、1年ほどで福岡の実家に戻ることになります。福岡に戻り、数年間は実家の手伝いをしたりして働いていましたが、それでも女優への道を諦めきれず、23歳でもう一度上京。

高校は、調べてみたのですが、分からなかったです。。。
(どうやら高校時代は、ブラスバンド部に所属しており6年程サックスをやっていたとのこと。)

大学は、19歳の時に上京したエピソードを考えると行っていない。ことが濃厚ですね。

10代の時に声をかけられたマネージャーと芸能事務所に所属、本格的に女優としての勉強を始めます。2011年には、スパルタ指導で知られる蜷川幸雄の演出助手であった石丸さち子の稽古場で厳しい指導を受けます。

2011年から舞台やCMに出演を始め、

2013年には

  • 『寄生獣』
  • 『新宿スワン』
  • 『リアル鬼ごっこ』
  • 『ピース オブ ケイク』

といった話題の映画に出演します。

このころから徐々に注目を浴びはじめた桜井ユキは、

2015年には8作品に出演

さらに2016年には月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』で連続ドラマに初出演します。

2016年には、芸能事務所をユマニテへ移籍。

その後も映画の主演をつとめたり、さまざまなドラマに引っ張りだこになります。

『モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐- 』のエデルヴァ役

『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』

『大恋愛~僕を忘れる君と~』に出演

2019年には主演をつとめた『だから私は推しました』や、

『G線上のあなたとわたし』、『東京独身男子での弁護士の日比野透子役』を含む、全クールのドラマに出演、と一度挫折を味わったからこその、現在の活躍には目を見張るものがあります。

ちなみに桜井ユキさんの実家や出身校といった情報はほとんど出てきていません。一度、女優の夢を諦めた時には実家の手伝いをしていたそうで、どうやら実家は接客業のようです。

小さい頃から人と話すのが苦手だった桜井ユキさん、派手な学生生活ではなかったかもしれませんが、これだけの美人なので、きっと男の子からの人気はあったことでしょう。

桜井ユキは市川実和子に似てる!そっくり?

彼女を最初に見た時、

市川実和子さんかと間違えた方は多かったのではないでしょうか?市川さんが現在44歳なので、「あれ?市川実和子?じゃない??」と不思議な感覚になった方も多いようです。

桜井ユキさんと市川実和子さんは顔の小ささ、目の大きさや唇の厚さなど輪郭を含めた顔全体の雰囲気と、さらに彼女たち自身から出る妖艶な雰囲気も似ています。

市川実和子さんの妹の市川実日子さんも女優さんとして活躍されていますが、パッと見た感じでは、実日子さんより桜井ユキさんの方が似ていて妹っぽいです。

さらに桜井ユキさんは、水谷豊さん、伊藤蘭さん夫妻の娘、趣里さんに似ていると言われたり、岸井ゆきのさんや西内まりやさんに似ているという声もあります。

とはいえ、趣里さん、岸井ゆきのさん、西内まりやさんは似ている感じがないので、髪型やメイクによって、いろんな表情ができる女優さんということではないでしょうか。

『アンサングシンデレラ』での体当たりの演技に注目!

桜井ユキさんはこれまでも体当たりで演技をされてきました。

その中でも、松坂桃李主演の『娼年』での演技には引きこまれるものがありましたね。松坂桃李に想いを寄せる同級生役でしたが、それだけではない姿を見せてくれていました。この映画は、内容的に賛否両論ありましたが、それでも演技という意味では、素晴らしかったと思います。

そんな桜井ユキさん、

今回の『アンサングシンデレラ』では、作業効率を重視し、淡々と仕事をこなす病院薬剤師、刈谷奈緒子を演じます。筋が通っていながらも少しとがっている刈谷のことを桜井さんは、すごく人間味があり、思いやりのある人物だと言われています。

桜井さんをパッと見た時の印象と刈谷さんは似ているかもしれません。

真面目そうな、しっかりしていそうな雰囲気があるので、適役ですね!

薬剤師というのは、あまり目立つ存在ではないですが、非常に重要な役割を担っていますし、今後AI技術が発達してきても、必要な職業であると言われています。思いやりがありながらも、薬剤師の仕事を全うしようとする刈谷を演じる桜井ユキさんが非常に楽しみですし、薬剤師をメインにしたドラマがどんな展開になっていのかも、とても興味深いです。

おすすめの記事